教育・研究スタッフ
彌冨 仁 教授

彌冨 仁  IYATOMI Hitoshi

知的情報処理研究室
http://iyatomi-lab.info/

機械学習技術をコアとした新しい価値の創造

機械学習技術の基礎および実践的で独創的な応用について、楽しく精力的に研究を行っています。

研究テーマ
担当科目
研究業績及び受賞歴
著書
学会活動・社会活動
学生の皆さんへのメッセージ


研究テーマ
植物病の自動診断システムの構築:
深層学習技術と画像処理技術を用いて写真を撮るだけで野菜、果物の病気が分かるシステムの構築。農林水産省受託プロジェクト。
<農研機構(国研)、24府県の農業技術センター、企業等と連携>

機械学習技術の医用応用:
皮膚がん(メラノーマ)の自動診断技術、病気リスクの予測、脳MRI画像を用いた類似症例検索技術など
<東京女子医科大学、Johns Hopkins University, University of Central Arkansas等との共同研究>

自然言語処理(natural language processing: NLP)技術:
日本語、中国語など単語の分離が難しい言語に対する、深層学習技術を応用した独自のNLPモデルの構築、マスメディア報道の客観的解析・偏りの定量化、SNS分析、NLPにおけるdata augmentation法の確立

セキュリティ応用:
深層技術とNLP技術の融合による、セキュリティ分野への応用。知的Web Application Firewallの構築、高速・高精度なMalware検出器の構築

機械学習基礎:
深層学習(deep learning)での問題となる、過学習抑制のため
(1)数少ない学習データで高い学習器を構築するための半教師あり学習(semi-supervised learning)技術の開発
(2)解析対象の低次元表現技術の開発


担当科目
【理工学部】
自然科学の方法 (1年春)
情報工学入門(1年春:分担)
プログラミング言語C++(1年秋)
情報理論(2年春)
情報工学実験Ⅰ(2年秋)
情報工学ゼミナール(3年春)
画像工学(3年春)
情報工学実験Ⅲ(3年秋)
Project-based Learning(3年通年)
卒業研究、同プロジェクト(4年通年、4年秋)
Introduction to Computer Science and Information Technology (global秋: 分担)

<過去の担当>
情報処理技法(1年秋)
プログラミング言語Java(2年春)
パターン認識(3年秋)

【生命科学部】
植物メディカルシステム学(3年前期:分担)

【大学院・理工学研究科】
Intelligent Information Processing I / II (春、秋)
科学技術文技法 (秋:分担)
情報工学特別実験 I / II(通年)
情報工学特別研究 I / II(通年)


研究業績及び受賞歴
【主要な研究業績】
法政大学学術研究データベースをご覧ください。
【受賞歴】
IEEE CSPA  Best Paper Award (2018/3)
情報処理学会 学生奨励賞 x2(2017/3)
Butterfields award (2011/3)
COE研究員最優秀研究(慶應義塾大学 21世紀COE情報・電気・電子分野)(2007/3)
日本医用画像工学会奨励賞 (2005/7)
SCIS/ISIS2004 Recognition Award (2004/9)
Hewlett-Packard Company Star Award (2002/4)


著書
・画像・情報処理 尾川浩一 第10節~第12節 PP.230-281 国際文献社 2018/02/25
・Dermoscopy Image Analysis Chapter 4: A State-of-the-Art Survey on Lesion Border Detection in Dermoscopy Images, 2015/08
・医用画像工学ハンドブック Part II (分担) 日本医用画像工学会 2012/09/15
・画像ラボ 彌冨 仁 日本工業出版 2010/05
・New Developments in Biomedical Engineering pp.183-200 IN-TECH ISBN: 978-953-7619-57-2 Editor: Domenico Campolo 2010/01


学会活動・社会活動
IEEE
電子情報通信学会
医用画像工学会
日本医学物理学会
知能情報ファジィ学会
情報処理学会
言語処理学会
各会員


学生の皆さんへのメッセージ
「研究」というと難しく聞こえますが、これまでのいわゆるこれまでの「勉強」とは違って(もちろん大事なベースになるのですが)興味のある分野のことを追求していくとても楽しいものです。成果を手に、学会や国際会議、あるいは論文で成果を発表する充実感、また自分の成果が世界で活用されていく体験を実際に経験してもらいたいと思います。
世の中の様々なものを変える、新しい価値の創造を目指して一緒に挑戦してみませんか?