教育・研究スタッフ
金井 敦 教授

金井 敦  KANAI Atsushi

情報ネットワーク研究室
http://kanai-lab.k.hosei.ac.jp/

安心安全かつ豊かなネットワーク社会の実現
ネットワークの普及にともない、時空を超える様々な新しいサービスや機能が実現され人間生活が豊かになって来ています。その反面、社会や技術が変革に対応しきれずさまざまな問題が発生しています。中でも重要なのが、セキュリティです。セキュリティは攻撃に対する防御という負のイメージが強いですが、セキュリティ技術無くしては、ネットワークを利用した様々な新しいサービスを実現することはできません。その意味で、明るくプラス思考のネットワークセキュリティ技術を応用したサービスの開発が重要です。
本研究室では、暗号の利用など技術的な側面、ネットワーク犯罪の手口分析や防御手法、革新的サイバーサービス技術など基盤技術から社会科学的な側面まで幅広く研究を行っています。

研究テーマ
担当科目
研究業績及び受賞歴
著書
学会活動・社会活動
学生の皆さんへのメッセージ


研究テーマ
情報セキュリティ
ネットワークセキュリティcネットワークコミュニティ


担当科目
【理工学部】
情報工学入門、ネットワークプロトコル、セキュリティ概論、情報工学実験Ⅰ、情報工学実験Ⅲ、情報工学ゼミナール、情報ネットワーク設計論、セキュアシステム設計、PBL、卒業研究
【大学院・理工学研究科】
通信ネットワーク特論1、通信ネットワーク特論2


研究業績及び受賞歴
【主要な研究業績】
法政大学学術研究データベースをご覧ください。
【受賞歴】
情報処理学会論文賞 等


著書
金井敦,荒金陽助,酒井善則共著,“攻めと守りのシステムセキュリティ,”電子情報通信学会/コロナ社,(2009年4月)
伊土誠一,富野 壽 監訳 (金井 敦 他訳),“ソフトウェアの成功と失敗,”共立出版, 1997.
伊土誠一,富野 壽 監訳 (金井 敦 他訳),“ソフトウェアインスペクション,”共立出版, 1999.
情報通信活用辞典編集委員会編集 (金井 敦他執筆),“情報通信活用辞典,”株式会社産業調査会辞典出版センター, 2000.
齋藤孝文 編著 (金井 敦他執筆),“ ECと情報流通-電子商取引が社会を変える-,”裳華房, 2001.
荒金陽助、金井敦、酒井善則共著、“攻めと守りのシステムセキュリティ、” 電子情報通信学会/コロナ社、2009.


学会活動・社会活動
【学会活動】
電子情報通信学会、情報通信システムセキュリティ(ICSS)時限研究専門委員会 専門委員、論文誌特集号 編集委員
情報処理学会 グループウェアとネットワークサービス研究会 運営委員
情報処理学会 マルチメディア通信と分散処理研究会 運営委員
電子情報通信学会 編集顧問
電子情報通信学会論文賞委員会 投票委員
The IEEE/IPSJ Symposium on Applications and the Internet (SAINT2008) PC member
9th IFIP Conference on e-Business, e-Services, and e-Society (I3E 2009) PC member
電子情報通信学会、情報処理学会、IEEE 各会員


学生の皆さんへのメッセージ
インターネットやコンピュータは日々発達し我々の生活を豊かにしてくれています。しかし、それと共に高度な技術とネットワークを駆使した脅威も増しています。私の研究室では、一般の人々がネットワークの恩恵を安心して享受できるようにするために、プライバシー保護技術や認証技術などのセキュリティ関連技術やWeb上で新しいバーチャルコミュニケーションを実現するネットワークサービス技術など、将来花開く様々な魅力的な研究を行っています。皆さんとご一緒にすてきな未来を作りましょう。