教育・研究スタッフ
宮本 健司 准教授

宮本 健司  MIYAMOTO Kenji

インタラクティブシステム研究室

新しいインタラクションを求めて
コンピュータとネットワークの進歩は私たち人間のライフスタイルを劇的に変えつつあります。私たちの研究室では、日常生活からデジタルコンテンツ生産、高度なソフトウエア開発まで、幅広い領域でコンピュータとの新しいインタラクションを探っています。コンピュータの存在すら意識させない日常の利用法や、身体の動きでアニメーションを作る方法、プログラムコードを共有して誰もが安全に利用したり貢献したりできる仕組みなどを研究しています。

研究テーマ
担当科目
研究業績及び受賞歴
著書
学会活動・社会活動
学生の皆さんへのメッセージ


研究テーマ
身体映像によるインターフェースの研究
プログラムのデータベースに関する研究(科研費)
数式処理技術を用いたグラフィックシステムの研究(NTT)


担当科目
【理工学部】
情報工学入門、コンパイラ、コンパイラ演習、計算量の理論、形式言語とオートマトン、プログラミング言語理論・設計、情報工学実験Ⅰ、情報工学実験Ⅲ、情報工学ゼミナール、PBL、卒業研究

【大学院・工学研究科】
形式的設計特論1、形式的設計特論2


研究業績及び受賞歴
法政大学学術研究データベースをご覧ください。


著書


学会活動・社会活動
【学会活動】
IEEE Computer Society
ACM
ソフトウエア科学会
日本数式処理学会各会員


学生の皆さんへのメッセージ
ビックリするようなやりかたでデジタルと現実世界の壁を突き破る、そんなことを自分たちでやってやろうという学生諸君を歓迎します。
楽しさと驚きをもたらす技術をいっしょに作っていきましょう。