教育・研究スタッフ
村田 一心 教務助手

村田 一心  MURATA Kazumi

画像工学研究室
http://www.ip.k.hosei.ac.jp/

画像解析手法の開発
もともとは天体画像の解析手法開発などに携わっていました。 今は尾川研の助手として、医用画像処理、機械学習によるノイズ除去などをしています。

研究テーマ
研究業績及び受賞歴
学会活動・社会活動
学生の皆さんへのメッセージ


研究テーマ
(1) 医用画像処理: X線を用いた、体内の臓器や機能の映像化・表示方法の開発
(2) CNNを利用した画像認識・ノイズの除去


研究業績及び受賞歴
法政大学学術研究データベースをご覧ください。
【主要な研究業績】
1. Egusa Fumi, Usui Fumihiko, Murata Kazumi, Yamashita Takuji, Yamamura Issei, Onaka Takashi, “Revised calibration for near- and mid-infrared images from ˜4000 pointed observations with AKARI/IRC”, Publications of the Astronomical Society of Japan, Volume 68, Issue 2, id.19 19 pp. , 04/2016
2. Murata Kazumi, Koyama Yusei, Tanaka Masayuki, Matsuhara Hideo, Kodama Tadayuki, “Environmental dependence of polycyclic aromatic hydrocarbon emission at z ~ 0.8. Investigation by observing RX J0152.7-1357 with AKARI.”, Astronomy & Astrophysics, Volume 581, id.A114, 7 pp., 09/2015
3. Murata K., Pearson C. P., Goto T., Kim S. J., Matsuhara H., Wada T.,
“The 2-24 μm source counts from the AKARI North Ecliptic Pole survey”, Monthly Notices of the Royal Astronomical Society, Volume 444, Issue 3, p.2346-2354., 11/2014
4. Pearson Chris P., Serjeant S., Oyabu S., Matsuhara H., Wada T., Goto T., Takagi T., Lee H. M., Im M., Ohyama Y., Kim S. J., Murata, K.,
“The first source counts at 18 μm from the AKARI NEP Survey”, Monthly Notices of the Royal Astronomical Society, Volume 444, Issue 1, p.846-859,10/2014
5. Murata K., Matsuhara H., Inami H., Wada T., Goto T., Armus L., Pearson C., Serjeant S., Miyaji T., “Polycyclic aromatic hydrocarbon feature deficit of starburst galaxies in the AKARI North Ecliptic Pole Deep field”, Astronomy & Astrophysics, Volume 566, id.A136, 6 pp., 06/2014
6. Oi Nagisa, Matsuhara Hideo, Murata Kazumi, Goto Tomotsugu, Wada Takehiko, Takagi Toshinobu, Ohyama Youichi, Malkan Matthew, Im Myungshin, Shim Hyunjin, Serjeant Stephen, Pearson Chris, “Optical – near-infrared catalog for the AKARI north ecliptic pole Deep field”, Astronomy & Astrophysics, Volume 566, id.A60, 13 pp.,06/2014
7. Murata K., Matsuhara H., Wada T., Arimatsu K., Oi N., Takagi T., Oyabu S., Goto T., Ohyama Y., Malkan M., Pearson C., Małek K., Solarz A.,
“AKARI North Ecliptic Pole Deep Survey. Revision of the catalogue via a new image analysis”, Astronomy & Astrophysics, Volume 559, id.A132, 14 pp.,11/2013


学会活動・社会活動
【学会活動】
日本天文学会 正会員 (2014—)


学生の皆さんへのメッセージ
初めてのことって難しく感じることが多いと思います。私は大学4年まで、エラーを出し続けるC言語が大嫌いでした。それがいつの間にか好きになり、今はC言語がないと生きていけないくらいの相棒になっています。大学での勉強は難しいものが多いと思いますが、頑張って勉強して、マスターしてしまえば楽しくなりますよ。