教育・研究スタッフ
八名 和夫 教授

八名 和夫  YANA Kazuo

情報処理工学研究室
http://bsi.ws.hosei.ac.jp/

マルチメディア情報・信号処理のレシピを創る
コンピュータを駆使したディジタル信号処理の開発とマルチメディア情報信号処理への応用およびヒューマンインターフェース評価の研究を行っている。具体的には適応信号処理、時系列パターン認識、非線形信号処理、確率過程などディジタル信号処理の基礎理論および通信路におけるノイズキャンセル、情報ネットワークトラヒック解析、インターネットを用いた遠隔講義システムなどの応用研究、高度情報化社会で重要となるマンマシンインターフェースを定量的に評価する手法等について研究を進めている。

研究テーマ
担当科目
研究業績及び受賞歴
著書
学会活動・社会活動
学生の皆さんへのメッセージ


研究テーマ
マルチメディア信号処理
ネットワークトラヒック解析の研究
生体信号処理


担当科目
【理工学部】
情報工学入門、確率統計、信号理論、信号処理、情報工学実験Ⅱ、情報工学実験Ⅲ、情報工学ゼミナール、PBL、卒業研究

【大学院・工学研究科】
情報信号処理工学特論1、情報信号処理工学特論2


研究業績及び受賞歴
法政大学学術研究データベースをご覧ください。


著書
Ki Chon and Kazuo Yana eds., Proceedings of the 6th International Workshop on Biosignal Interpretation, pp.1-160, June, 2009.
ニューロ情報処理技術(海文堂)
ニューラルコンピューティング入門(海文堂)
Kazuo Yana, Ali Bulent Usakli and Fabio Babiloni eds., International Journal of Bioelectromagnetism Vol. 12, No. 1-2: Special Issue on Biosignal Applications and Modelling, International Society of Bioelectromagnetism¸ pp. 1-93, April., 2010.

Kazuo Yana and Ki H. Chon eds, International Journal of Bioelectromagnetism, Vol. 12, No. 3: Special Issue on Advanced Biosignal Interpretation, International Society of Bioelectromagnetism¸ pp. 94–151, Jul., 2010.

Kazuo Yana and Ki H. Chon eds, International Journal of Bioelectromagnetism, Vol. 12, No. 4: Special Issue on Biosignal Instrumentation and Analyses, International Society of Bioelectromagnetism¸ pp. 152–189, August, 2010.


学会活動・社会活動
【学会活動】
IEEE
電子情報通信学会
ディスタンスラーニング学会
Int. J. Bioelectromagnetism, Editor in Chief


学生の皆さんへのメッセージ