研究紹介 Research

・研究成果 Publications
・研究プロジェクト Research Project
・マスコミによる紹介 Press Release
・受賞 Prize-winning
・学会風景 From conferences


・研究成果 Publications


2016年度

原著論文および国際会議論文

山田涼子, 羽田桃子, 作田由衣子, 赤松茂, “3次元顔アバターに対する印象操作は人による顔の同定にどのように影響するか,” 電子情報通信学会HCGシンポジウム2016 論文集, pp.277-282, 2016年12月
堀井和也, 田中ひかる, 赤松茂, “3次元顔モーフィングモデル上の印象変換操作にもとづく発話動画像の生成及び評価,” 電子情報通信学会HCGシンポジウム2016 論文集, pp.283-286, 2016年12月
高久将来, 赤松茂, “顔画像からのGabor特徴と形状特徴を用いた自動年齢推定,” 電子情報通信学会HCGシンポジウム2016 論文集, pp.287-289, 2016年12月
田中ひかる, 堀井和也, 赤松茂, “3次元顔モーフィングモデルにもとづく顔の印象変換操作 ‐異種レンジファインダ−によって得られる新規の3次元顔への対応‐,” 電子情報通信学会HCGシンポジウム2016 論文集, pp.290-292, 2016年12月
Kazuya Horii, Hikaru Tanaka and Shigeru Akamatsu, “Creating animation of facial speech by stepwise manipulations on morphable 3D face models for impression transformation,” Proc. of International Workshop on Advanced Image Technology 2017(IWAIT 2017), Jan. 2017
Masaki Takaku and Shigeru Akamatsu, “Age-group classification by face images using both Gabor and facial shape features,” Proc. of International Workshop on Advanced Image Technology 2017 (IWAIT 2017), Jan. 2017
Ryoko Yamada, Momoko Hada, Yuiko Sakuta and Shigeru Akamatsu, “Does an appearance transformation of 3D faces for transmitting social impressions affect people’s identification of faces?,” Proc. of International Workshop on Advanced Image Technology 2017(IWAIT 2017), Jan. 2017
Ryoko Yamada, Momoko Hada, Yuiko Sakuta and Shigeru Akamatsu, “Does impression manipulation of avatar faces affect observer’s face recognition performance and displacement of their gaze?,” Proc. of 5th IIEEJ International Workshop on Image Electronics and Visual Computing 2017 (IEVC 2017)(CD-ROM), March 2017
Ryo Ito, Koichi Ogawa, “Estimation of an atomic density with a singular value decomposition method using a photon-counting x-ray CT,” Conf. Record on IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference, CD-ROM , 2016
Hayao Kubota, Yutaro Hemuki, Nobutoku Motomura, Koichi Ogawa, “Multi-pinhole SPECT system with a triple head gamma camera,” Conf. Record on IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference, CD-ROM, 2016
Xiaona Shan, Yutaro Hemuki, Koichi Ogawa, “Imaging of Single Pinhole SPECT with a TEW Scatter Correction,” Proc. of International Forum on Medical Imaging in Asia (IFMIA), CD-ROM, 2017
Akihiro Yasuda, Koichi Ogawa, Tatsumasa Fukui, Akihisa Katsumata, “Discrimination of Metallic Objects in Dental Panoramic X-ray Image with a Photon Counting Technique and an Artificial Neural Network,” Proc. of International Forum on Medical Imaging in Asia (IFMIA), CD-ROM, 2017
Akitoshi Katsumata, Tatsuma Fukui, Hiroki Suzuki, Toshiaki Shibutani, Koichi Ogawa, “Evaluation of Periodontitis Using Photon-counting X-ray Detector Based Panoramic Imaging,” AADR/CADR Annual Meeting, Los Angeles(USA), 3/16-19, 2016
K. Usui, T. Inoue, C. Kurokawa, S. Sugimoto, K Sasai, K Ogawa, “Monte Carlo study on a cone-beam computed tomography using a cross-type carbon fiber antiscatter grid,” 58th AAPM annual meeting, 7/31-8/4 Washington(USA) 2016
K. Usui, T. Inoue, C. Kurokawa, S. Sugimoto, K. Sasai, K. Ogawa, “Analyzing the Effect of Scattered Photons on Cone Beam Computed Tomography-Based Adaptive Radiation Therapy,” 2016 Annual Meeting of the American Society for Radiation Oncology(ASTRO), Boston(USA), Int’l J Radiation Oncology vol.95, No.2S, September 25-28, 2016
Koichi Ogawa, Satoshi Endo, Izumi O. Umeda, Hirofumi Fujii, “Quantitative Estimation of Activities in a Tc-99m/In-111 Small Animal SPECT Study,” Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine, Balcerona(Spain), Eur. J. Nucl. Med. Mol. Imaging, vol.43, Suppl. 1, p.S497, Oct. 15 – 19, 2016
Ippei Kusakari, Koichi Ogawa, Hiroaki Suzuki, Keisuke Usui, “A proposal on a layered slit collimator for radiographic imaging,” Int Conf Med Phyics, Thailand (Bangkok), Dec. 9-12, 2016
Keisuke Usui, Koichi Ogawa, Hiroaki Suzuki, “Effect of region extraction and assigned electron density value on the accuracy of dose calculation with MRI-based VMAT planning,” Int Conf Med Phyics, Thailand (Bangkok), Dec. 9-12, 2016
Kohei KAWAI, Koichi OGAWA, Tatsumasa FUKUI and Akitoshi KATSUMATA, “Dental image fusion with a KINECT,” Int Conf Med Phyics, Thailand (Bangkok), Dec. 9-12, 2016
斉藤典明, 金井 敦, 谷本茂明:共有フォルダからの活動計画の抽出による組織知識活用手法の提案, 情報処理学会論文誌, Vol.58, No.1, pp.153-165, Jan., 2017.
米田翔一, 大角地涼介, 谷本茂明, 佐藤周行, 金井敦:TPO条件に基づく複数クラウドにおける動的クラウド選択手法の提案, 電子情報通信学会論文誌Vol.J99-D, No.10, pp.1045-1049, Oct. 2016
米田翔一, 畑健一郎, 下村道夫, 谷本茂明, 佐藤周行, 金井敦: センサ活用に基づく情報セキュリティエコノミクス: ISMSにおける費用対効果の効率化に関する検討, 情報処理学会論文誌, Vol.57, No.12, pp.2743-2756, 2016
Shunsuke Kan, Atsushi Kanai, Shigeki Tanimoto, Hroyuki Sato, Toru Kobayashi:Temporary Grouping Method Using Smartphones, IEEE 5th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE2016), pp.209-210, Oct. 2016.
Naoki Wakabayashi, Atsushi Kanai:Personal Authentication Method against Shoulder-surfing Attacks for Smart Phone, 2017 IEEE International Conference on Consumer Electronics (ICCE), 2017.
Shigeaki Tanimoto, Yoshiaki Seki, Hiroyuki Sato, Atsushi Kanai: Risk Assessment Quantification of Social-media Utilization in Enterprise, IEEE/ACIS Int’l Conf. Computer and Information Science, Okayama, June, 2016, 989-994.
Shigeaki Tanimoto, Rei Kinno, Motoi Iwashita, Tohru Kobayashi, Yoshiaki Seki, Hiroyuki Sato, Atsushi Kanai: Risk Assessment of Home Gateway/Smart Meter in Smart Grid Service, IIAI Int’l Conf. Advanced Applied Informatics, Kumamoto, July, 2016, 1126-1131
Shigeaki Tanimoto, Shunsuke Shiraki, Motoi Iwashita, Toru Kobayashi, Hiroyuki Sato and Atsushi Kanai: Assessment Based on User’s Viewpoint for Mobile Ad Hoc Network, 10-th International Workshop on Advanced Distributed and Parallel Network Applications (ADPNA-2016), Ostrava, September, 2016
Shigeaki Tanimoto, Susumu Yamada, Motoi Iwashita, Toru Kobayashi, Hiroyuki Sato, Atsushi Kanai: Risk Assessment of BYOD: Bring Your Own Device, 2016 IEEE 5th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE), pp.511-514, 2016
Tatsuya HIRANO, Shoichi YONEDA, Shigeaki TANIMOTO, Toru KOBAYASHI, Hiroyuki SATO, Atsushi KANAI: Risk Assessment of Wearable Terminals in Consideration of Stakeholders, Proceedings of the 10th International Conference on Project Management (ProMAC2016), D06, pp.285-292
Ryo Saito, Yoko Yabe, Akito Suzuki, Mitsuru Shinagawa, Hiroyuki Sugino, Jun Katsuyama, and Yoshinori Matsumoto: Electric field measurement of organic photovoltaic cell model using electrooptic probe, Japanese Journal of Applied Physics, vol. 55, 09SD04, pp.1-7, Aug. 2016.
Tatsuhiro Akiyama, Mitsuru Shinagawa, Masahiro Ueno, Yuzo Sasaki, Seiji Toyoda, and Tadashi Sakamoto: Wide-angle KTa1-xNbxO3 deflector for swept light source using DC charge technique, Japanese Journal of Applied Physics, vol. 55, 09SD02, pp.1-6, July 2016.
Yuki Hayashida, Mari Hasegawa, Akito Suzuki, Mitsuru Shinagawa, Yuichi Kado, Nozomi Haga: Radiated noise analysis via human body for intra-body communication, Measurement, ELSEVIER, vol. 89, pp.159-165, April 2016.
R. Takeuchi, S. Hasegawa, Y. Kado, D. Ayuzawa, M. Shinagawa, K. Ohashi, and D. Saito: Implementation Methodology of Handshaking Communication Using Wearable Near-Field Coupling Transceivers, Proceedings of Eucap2017, Paris, France, March 2017.
R. Takeuchi, S. Hasegawa, Y. Kado, D. Ayuzawa, M. Shinagawa, K. Ohashi, and D. Saito: Analytical Modelling of Near-Field Coupling Communication between Persons Equipped with Wearable Terminals through Handshaking, Proceedings of BODYNETS2016, Torino, Italy, session 2-2 Modeling, Dec. 2016.
Yuki Wada, Keisuke Furuya, Ryota Kato, and Mitsuru Shinagawa: Dynamic Interference Estimation in Secure Gate System using Intra-body Communication, IEEE TENCON 2016, Singapore, Nov. 2016.
Keisuke Furuya, Yuki Wada, Ryota Kato, Mitsuru Shinagawa, Ken Seo, Daisuke Saito, Kyoji Oohashi, and Yuichi Kado: Interference Problem of Fixed Transmitter during Intra-body Communication, IEEE TENCON 2016, Singapore, Nov. 2016.
Kazuma Endo, Hiroshi Sunaga, Tatsuhiro Akiyama, Mitsuru Shinagawa, Seiji Toyoda, Masahiro Ueno, Yuzo Sasaki, and Tadashi Sakamoto: Amplitude Stability of Swept Light Source Using KTa1-xNbxO3 for Optical Coherence Tomography, International Symposium on Optical Memory 2016, Kyoto, Tu-J-32, Oct. 2016.
Daiki Ayuzawa, Narumi Sekine, Mitsuru Shinagawa, Daisuke Saito, Takafumi Yamada, and Kyoji Oohashi: Wearable-to-Wearable Device Measurement for Intra-Body Communication Using Electro-Optic Technique, International Symposium on Optical Memory 2016, Kyoto, Tu-J-31, Oct. 2016.
Yukihiro Ishihara, Ryo Saito, Masahiro Yada, Mitsuru Shinagawa, Yoshinori Matsumoto, Hiroyuki Sugino, Hiroaki Tanaka, Jun Katsuyama, and Hitoshi Hara: Arbitrary Cell Voltage Generator for Failure Analysis of Organic Photovoltaics, International Symposium on Optical Memory 2016, Kyoto, Tu-J-30, Oct. 2016.
Tatsuhiro Akiyama, Miyu Sasaki, Mitsuru Shinagawa, Koichiro Tanaka, Kenji Sato, and Toshiaki Asahi: Shielding Effectiveness of Multi-layered Cu and PET Thin Films from Electromagnetic Interference, IEEE I2MTC 2016 Proceedings, Taipei, pp.974-979, Oct. 2016.
Rishabh Upadhyay, Akihiro FUJII, “Semantic Knowledge Extraction from Research Documents”, Proceedings of the 2016 Federated Conference on Computer Science and Information Systems, ACSIS, Vol. 8, pp.439-445, 2016/09/14
Rishbh Gyanendra Upadhyay, Akihiro FUJII, “Extracting Knowledge from Technological Research Papers in Application of IoT”, 2016 Proceedings of PICMET ’16: Technology Management for Social Innovation , pp.2645-2651, 2016/09/08
Norio Konno, Hideo Mitsuhashi, Iwao Sato, “The quaternionic weighted zeta function of a graph”, Journal of Algebraic Combinatorics, Vol. 44, pp.729-755, 2016
Norio Konno, Hideo Mitsuhashi, Iwao Sato, “The quaternionic second weighted zeta function of a graph and the Study determinant”, Linear Algebra and its Applications, Vol. 510, pp.92-109, 2016
Norio Konno, Hideo Mitsuhashi, Iwao Sato, “The Discrete-time Quaternionic Quantum Walk and the Second Weighted Zeta Function on a Graph”, Interdisciplinary Information Sciences, Vol. 23, pp.9-17, 2017
Kazuo Yana ed., “Computational Electrocardiography: Revisiting Holter ECG Monitoring with editorial and discussion,” Methods of Information in Medicine, Vol. 55, Issue 4, pp.303-321(特集号編集)
Saya Nakamura, Masahito Shiobara, Mami Nakamura, Kazuo Yana and Takuya Ono, “Heart Rate Diurnal Variations as a Mean of Risk Assessment of Sudden Cardiac Arrest,” Proc. 38th Annual International Conference of the IEEE EMBS, FrCT8.16, 1p, August. 2016.
Toshiki Ito, Toyohito Shibui and Kazuo Yana, “An Improved Dichotomous Heart Rate Variability Classification Scheme based on Personalized Frequency Domain Indices,” Proc. 38th Annual International Conference of the IEEE EMBS, FrCT2.6, 1p, August. 2016.
Hidenao. Nagai, Toyohito. Shibui, Yoshiki. Kinukawa, Satoshi. Wakabayashi, Kazuo. Yana and Takuya. Ono, “Toward Standardization of Life-Long Data Logging Format of Annotated ECG RR Intervals,” Proc. 38th Annual International Conference of the IEEE EMBS, FrCT18.21, 1p, August 2016.
Mitsuki. Aihara, Hidenao. Nagai, Yoshiki. Kinukawa, Kazuo. Yana and Takuya. Ono, “Automatic Sleep Period Segmentation of Holter ECG Recordings for Efficient HRV Analysis,” Proc. 38th Annual International Conference of the IEEE EMBS, FrCT8.15, 1p, August 2016.
Hidenao. Nagai, Toyohito. Shibui, Yoshiki. Kinukawa, Satoshi. Wakabayashi, Kazuo. Yana and Takuya. Ono, “An Integrated Data Format for the Long Term ECG Recordings,” Proc. The 8th International Workshop on Biosignal Interpretation, p. 178, Nov. 2016.
Mitsuki. Aihara, Toyohito. Shibui, Saya. Nakamura, Mami. Murakami, Kazuo. Yana, Takuya Ono, Tomohide Ichikawa and Eiichi Watanabe, “A Method of Efficient Cardiac Risk Assessment based on the T-wave Morphology Changes in Holter ECG Recordings,” Proc. The 8th International Workshop on Biosignal Interpretation, pp.22-25, Nov. 2016.
Mitsuki. Aihara, Toyohito. Shibui, Saya. Nakamura, Mami. Murakami, Kazuo. Yana, Takuya Ono, Tomohide Ichikawa and Eiichi Watanabe, “A Method of Efficient Cardiac Risk Assessment based on the T-wave Morphology Changes in Holter ECG Recordings,” International Journal of Bioelectromagnetism, Vol. 18, No. 1, pp.26 – 31, 2016 (Selected from the papers presented at the 8th International Workshop on Biosignal Interpretation).
Xiang Li, Dan Ralescu, Xiaofeng Xu, Lei Li and Irene Diaz, Special Issue on Uncertain Decision-Making : A Mathematical Programming Perspective, Scientific Programming, Hindawi, March, 2017.
Lei Li, (Invited Talk) Fast Algorithms for Some Special Matrices, International Conference on Mathematics, Statistics & Information Technology, Dec. 20-22, 2016. Tanta, Egypt.
Computational Power of Autonomous Mobile Robots with Lights-Boundary between Solvability and Unsolvability, The 4th International Symposium on Computing and Networking (CANDAR 2016), (Nov. 2016), 1-15.
Parallel Complexity on MapReduce Computation, Keynote speech on 1st International Conference on Advanced Information and Communication Technology 2016 (ICAICT 2016), (May 2016).
状態を持つ自律分散ロボット群の計算能力について, 奥村, 和田, 片山, 第12回情報科学ワークショップ, G-2, 富士 (2016-09) 1-7.
自律分散ファットロボットの様々なグリッド上での集合問題について, 白川, 和田, 片山, 第12回情報科学ワークショップ, G-3 富士 (2016-09) 1-10.
状態を持つ自律分散ロボット群における集合問題に対するアルゴリズムについて, 寺井, 和田, 片山, 電子情報通信学会コンピュテーション研究会, COMP2016-3, (2016-04) 15-22.
島田大樹, 彌冨 仁, “畳み込みニューラルネットワークを使った授業映像中の聴講者の状態推定システムの構築と特徴量獲得に関する検討”日本知能情報ファジィ学会誌, Vol.29, No.1, pp.517-526, 2017.
宇賀博之, 彌冨 仁, 川崎雄介, 藤田恵梨香, 鍵和田 聡, “キュウリウイルス病の画像による診断システムの開発”植物防疫, Vol.70, No.5, pp.315-318, 2016.
Erika Fujita, Yusuke Kawasaki, Hiroyuki Uga, Satoshi Kagiwada and Hitoshi Iyatomi, “Basic Investigation on a Robust and Practical Plant Diagnostic System,” Proc. IEEE Machine Learning and its Applications (IEEE ICMLA 2016), pp.989-992, Dec. 2016.
Daiki Shimada, Ryunosuke Kotani and Hitoshi Iyatomi, “Document Classification through Image-Based Character Embedding and Wildcard Training,” Proc. IEEE Big Data 2016, pp.3922-3927, Dec. 2016.
Takuya Yoshiad, M.Emre Celebi, Gerald Scahefer and Hitoshi Iyatomi, “Simple and Effective Pre-processing for Automated Melanoma Discrimination based on cytological findings,” Proc. IEEE Big Data 2016, pp.3439-3442, Dec. 2016.

国内の研究会での発表など

作田由衣子, 山田涼子, 稲葉善典, 赤松茂, “顔をおぼえるのが上手い人・下手な人:再認実験と視線計測からのアプローチ, “日本認知心理学会第14回大会, P2-02, 広島, 2016年6月
Yuiko Sakuta, Ryoko Yamada, Yoshinori Inaba, Shigeru Akamatsu, “People can identify a face even if the person’s facial impressions have changed, “International Conference on Memory (ICOM 2016), Budapest, Hungary, July 2016
作田由衣子, 山田涼子, 稲葉善典, 赤松茂, “顔の記憶が得意な人の方略を視線計測から探る, “日本顔学会年次大会フォーラム顔学2016, 東京, 2016年11月
伊井良太, 赤松茂, “全方位カメラを用いた領域分割による車両検出, “電子情報通信学会2017年総合大会「学生ポスターセッション」, 名古屋, 2017年3月
Keisuke Usui, Tatsuya Inoue, Toru Kawabata, Hironori Nagata, Chie Kurokawa, Satoru Sugimoto, Keisuke Sasai and Koichi Ogawa, “Development of cross-type carbon fiber antiscatter grid for cone beam computed tomography in radiation therapy”, 第111回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理, vol.36, sup.1, p.58), 2016/4/14-4/17(横浜)
Hiroaki Suzuki, Koichi Ogawa, Keisuke Usui, “Acceleration of Monte Carlo simulation of scattered photons in a cone-beam CT for radiation therapy”, 第111回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理, vol.36, sup.1, p.100), 2016/4/14-4/17(横浜)
Kohei Kawai, Koichi Ogawa and Akitoshi Katumata, “Image fusion of a dental CT image with a face image”, 第111回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理, vol.36, sup.1, p.129), 2016/4/14-4/17(横浜)
Yutaro Hemuki, Koichi Ogawa, “Monte Carlo simulation for the multi- pinhole SPECT”, 第111回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理, vol.36, sup.1, p.187), 2016/4/14-4/17(横浜)
臼井桂介, 井上達也, 黒河千恵, 杉本聡, 笹井啓資, 尾川 浩一, “モンテカルロ法による放射線治療用コーンビームCTへのクロス型カーボングリッドの有効性の検討”, 第35回日本医用画像工学会大会CD-ROM, 7 pages, 2016/7/21-23(千葉)
川合晃平, 尾川 浩一, 福井達真, 勝又明敏, “KINECTを用いたデンタルフュージョン画像の生成に関する研究”, 第35回日本医用画像工学会大会CD-ROM, 5pages, 2016/7/21-23(千葉)
久保田純加, 尾川浩一, 臼井桂介, “コーンビームCT画像の散乱線補正に関する研究”, 第112回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理, vol.36, sup.3, p.61), 2016/9/8-10(沖縄)
草苅一平, 尾川浩一, 臼井桂介, “コーンビームCTのためのスリットコリメータの提案”, 第112回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理, vol.36, sup.3, p.63), 2016/9/8-10(沖縄)
K. Usui, T. Inoue, C. Kurokawa, S. Sugimoto, K. Sasai, K. Ogawa, “Feasibility of a segmented MRI-based dose calculation for volumetric arc therapy planning”, 日本放射線腫瘍学会第29回学術大会(JASTRO 報文集 p.224), 2016/11/25-27(京都)
尾川浩一, “次世代のCT技術をめざして〜フォトンカウンティング形X線CTと静止形データ収集SPECT〜”, Dual Energy CTセミナー2017(招待講演), 2017/3/18(さいたま市)
城倉 弘樹, 金井 敦 :OSSのパケット解析ライブラリを使用し, プログラミング言語からパケット解析を行う手法の提案, 第24回 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2016)論文集(査読付き), pp.168-173, 2016.
菅隼輔, 渋谷花梨, 金井敦, 谷本茂明, 佐藤周行, 小林透 : 一時的グルーピング手法の提案, 第24回 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2016)論文集(査読付き), pp.187-189, 2016.
竹内諒, 長谷川慎, 門勇一(京都工芸繊維大学), 鮎澤大樹, 品川満(法政大学): 電界通信端末を装着した人体間の握手通信モデル, スマート無線研究会, 信学技報, vol. 116, no. 276, SR2016-61, pp.25-31, Oct. 2016.
Hideo Mitsuhashi, “Quaternionic quantum walks and zeta functions of graphs”, JCCA 2016: The Japanese Conference on Combinatorics and its Applications, Kyoto University, May 2016
三橋秀生, “有限グラフ上の四元数重み付きゼータ関数と四元数行列式”, 第33回代数的組合せ論シンポジウム, ピアザ淡海(滋賀県), 2016年6月
三橋秀生, “四元数重み付きグラフのゼータ関数”, グラフゼータと量子ウォークの諸相, 室蘭工業大学, 2016年8月
三橋秀生, “量子ウォークとクリフォード代数”, 量子ウォークの代数的考察と光学との融合, 佐世保工業高等専門学校, 2016年9月
三橋秀生, 今野紀雄, 佐藤巖, “四元数重み付きグラフのゼータ関数と四元数行列式”, 応用数学合同研究集会, 龍谷大学, 2016年12月
三橋秀生, “グラフの第2種重み付きゼータ関数の四元数化”, Workshop of Graphs and Analysis, 日本大学軽井沢研修所, 2017年2月
三橋秀生, “重み付きグラフのゼータ関数の四元数化”, 量子論にまつわる数学と数論の連携探索, 2017年3月, 早稲田大学
三橋秀生, 今野紀雄, 佐藤巖, 有限グラフの第2 種四元数重み付きゼータ関数, 2017日本数学会年会, 2017年3月, 首都大学東京
渋井豊仁, 相原光希, 八名和夫, 市川智英, 渡邉英一, “長時間心電図ビッグデータの効率的解析について”, 日本生体医工学生体信号計測・解釈研究会第55回研究会抄録集, p. 55-4, 12月2016.
佐藤俊亮, 渋井豊仁, 相原光希, 中村彩耶, 小野卓哉, “ベクトルマグニチュードを用いたT波オルタナンス評価法について,” 日本生体医工学生体信号計測・解釈研究会第55回研究会抄録集, p. 55-1, 12月2016.
中村彩耶, 塩原理仁, 村上まみ, 八名和夫, 小野卓哉, “心拍日内変動とオルタナンスレシオに基づく心臓突然死リスク評価,” 日本生体医工学会誌 日本生体医工学 Vol.54 Annual (第55回日本生体医工学会大会予稿), p.298, 4月2016.
相原光希, 永井秀直, 衣川慶紀, 八名和夫, “重み付きスプライン平滑化による24時間RRI時系列に基づく睡眠期間の推定,” 日本生体医工学会誌 日本生体医工学 Vol.54 Annual (第55回日本生体医工学会大会予稿), p.357, 4月2016.
永井秀直, 相原光希, 八名和夫, “心拍Life log用データフォーマット標準化について,” 日本生体医工学会誌 日本生体医工学 Vol.54 Annual (第55回日本生体医工学会大会予稿), p.358, 4月2016.
渋井豊仁, 相原光希, 渡邊英一, 市川智英, 八名和夫, “ホルター心電図に基づく効率的T波解析手法の開発と心疾患リスク評価”, 日本生体医工学会誌 日本生体医工学 Vol.55 Annual (第56回日本生体医工学会大会予稿), p.206, 5月2017.
佐藤俊亮, 中村 彩耶, 小野 卓哉, 八名 和夫, “複数指標の併用による心臓突然死リスク評価精度の向上,” 日本生体医工学会誌 日本生体医工学 Vol.55 Annual (第56回日本生体医工学会大会予稿), p.275, 5月2017.
濱献吾, 加瀬田裕斗, 永井 秀直, 若林 哲, 八名 和夫, “生体信号ビッグデータを効率的に記録するための記述規約,” 日本生体医工学会誌 日本生体医工学 Vol.55 Annual (第56回日本生体医工学会大会予稿), p.479, 5月2017.
松岡 佑磨, 島田 大樹, 彌冨 仁, 教師なし学習を導入した深層距離学習法, 情報処理学会 第79回総合大会(名古屋), 2017年3月
伊東道明, 彌冨 仁, spectral clustering を用いた不正侵入パケット検知の基礎検討, 情報処理学会第79回総合大会(名古屋), 2017年3月
藤田 恵梨香, 川崎雄介, 鍵和田聡, 宇賀博之, 彌冨 仁, 転移学習を用いた植物病害自動診断システムの試み, 情報処理学会第79回総合大会(名古屋), 2017年3月
諏訪勝元, 藤田 恵梨香, 川崎雄介, 鍵和田聡, 宇賀博之, 彌冨 仁, 植物病害自動診断システムの為の広範囲にわたる葉領域抽出の試み, 情報処理学会第79回総合大会(名古屋), 2017年3月
榊原友介, 藤田 恵梨香, 川崎雄介, 鍵和田聡, 宇賀博之, 彌冨 仁, Sparse Subspace Clustering を用いた頑健な植物病自動診断のための基礎検討, 情報処理学会第79回総合大会(名古屋), 2017年3月
松岡 佑磨, 島田 大樹, 彌冨 仁, 深層距離学習による教師データ生成, 第32回ファジィシステムシンポジウム(佐賀), 2016年9月
奥村 貴俊, 彌冨 仁, Twitterにおける個人情報推定のための基礎検討, 第32回ファジィシステムシンポジウム(佐賀), 2016年9月
川上 幹, 彌冨 仁, Twitterへの投稿テキストによる炎上警告システムの構築, 第32回ファジィシステムシンポジウム(佐賀), 2016年9月
小谷龍ノ介, 島田大樹, 彌冨 仁, 文字画像によるCharacter-level Embeddingと文書分類, NLP若手の会 (YANS) 第11回シンポジウム(和歌山), 2016年8月
小原 崇司, 見澤 弘樹, 彌冨 仁, Kinect を用いた会話中のくせ検出における基礎研究, 2016年人工知能学会全国大会(北九州), 2016年6月
情報処理学会 学生奨励賞: 松岡 佑磨, 島田 大樹, 彌冨 仁, 「教師なし学習を導入した深層距離学習法」(2017年3月)
情報処理学会 学生奨励賞: 藤田 恵梨香, 川崎雄介, 鍵和田聡, 宇賀博之, 彌冨 仁, 「転移学習を用いた植物病害自動診断システムの試み」 (2017年3月)
NLP若手の会 奨励賞: 小谷龍ノ介, 島田大樹, 彌冨 仁, 「文字画像によるCharacter-level Embeddingと文書分類」(2016年8月)
彌冨 仁, 鍵和田聡, 宇賀博之, 「植物病診断システム, 植物病診断方法, 及びプログラム」, 特開2016-168046
小山航平, 平原誠. 視線操作を用いる車いすのシステム開発, 日本知能情報ファジィ学会第43回ファジィ・ワークショップ講演論文集, pp.15-18, 2016年3月.
熊埜御堂裕太, 平原誠. 動的情報を用いた歩容認証−RNN及びSVMの性能比較−, 日本知能情報ファジィ学会第43回ファジィ・ワークショップ講演論文集, pp.19-22, 2016年3月.

2015年度

原著論文および国際会議論文

山田涼子, 稲葉善典, 飯田峻広, 作田由衣子, 赤松茂,”顔の印象操作が顔観察時の視線運動と再認成績に及ぼす影響,” 電子情報通信学会HCGシンポジウム2015論文集,pp.181-185,2015年12月
堀井和也, 川上恵央, 荒井雄大, 稲葉善典, 赤松茂,”3次元顔モーフィングモデル上の印象変換操作にもとづく表情表出時の動画像の評価,” 電子情報通信学会HCGシンポジウム2015論文集,pp.186-188,2015年12月
山口春菜, 荒井雄大, 稲葉善典, 赤松茂,”SVMにもとづく印象変換ベクトルを用いた2次元顔画像の表情生成,”電子情報通信学会HCGシンポジウム2015論文集,pp.189-192,2015年12月
荒井雄大, 堀井和也, 稲葉善典, 赤松茂,”印象変換ベクトル法にもとづく顔形状の個人差に応じた変形操作による3次元顔表情の生成,”電子情報通信学会HCGシンポジウム2015論文集, pp.193-196, 2015年12月
Yudai Arai, Kazuya Horii, Yoshinori Inaba, Shigeru Akamatsu,”Creating more comprehensive facial expressions by morphable 3D face model: Transformation of 3D faces through impression transfer vectors defined by SVM,” Proc. of IWAIT 2016, 4C-2, Jan. 2016 (CD-ROM)
山田涼子,稲葉善典,飯田峻広,作田由衣子,赤松茂,”印象操作による顔観察時の再認成績と視線運動への影響,”映像情報メディア学会ヒューマンインフォメーション(HI)研究会予稿集,2016年3月
荒井雄大,山口春菜,稲葉善典,赤松茂,”モーフィングモデルに基づく表情顔の生成におけるSVMを用いた印象変換ベクトル法の提案,”信学技報IE2015-146,pp.107-111, 2016年3月
Shigeru Akamatsu, “Face Image Generation System for Transforming Facial Impressions and its Psychological Evaluation: Study on KANSEI Information Processing,”Invited Talk, 7th International Conference on Information (Information’2015), Taipei, Nov. 2015
赤松茂,”顔による人物の印象の推定と操作,”日本顔学会編(編集委員長:原島博)顔の百科事典,丸善出版,pp.464-468,2015年9月
Robert Langlais, Akitoshi Katsumata, Sudeshni Naidoo, Koichi Ogawa, Tatsumasa Fukui, Shinji Shimoda, Kaoru Kobayashi, “The Cadmium Telluride Photon Counting Sensor in Panoramic Radiology: Grey Value Separation and its potential application for bone density evaluation,” Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology, Oral Radiology, vol. 120, No.5, pp.636-643, 2015
Tsubasa Oshima, Jun Kataoka, Aya Kishimoto, Takuya Fujita, Yota Kurei, Toru Nishiyama, Seiichi Yamamoto, Koichi Ogawa, “Development of high-precision color gamma-ray image sensor based on TSV-MPPC and diced scintillator arrays,” Nucl Inst Meth Phy Res A, doi:10.1016/j.nima.2015.08.068, 2015
Ryo Ito, Koichi Ogawa, “Acceleration of image reconstruction with a ray-driven method using a GPGPU,” Conf. Record on IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference, DOI: 10.1109/NSSMIC.2015.7582047, 2015
Keisuke Usui, Naoya Hara, Tatsuya Inoue, Toru Kawabata, Hironori Nagata, Chie Kurokawa, Satoru Sugimoto, Keisuke Sasai, Koichi Ogawa, “Visualization of a Target Positions Using the 4 Dimensional Cone-beam CT Image Reconstruction with the Extracorporeal Infrared Monitor,” Conf. Record on IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference, DOI: 10.1109/NSSMIC.2015.7582125, 2015
Tsubasa Oshima, Jun Kataoka, Aya Kishimoto, Takuya Fujita, Yota Kurei, Toru Nishiyama, Seiichi Yamamoto, Koichi Ogawa, “Development of high-precision color gamma-ray image sensor based on TSV-MPPC and diced scintillator arrays,” Conf. Record on IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference, DOI: 10.1109/NSSMIC.2015.7582079, 2015
Koichi Ogawa, Nana Aitani, Yutaro Hemuki, “Quantitative evaluation of scattered photons in a myocardial pinhole SPECT imaging,” Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine, Hamburg(Germany), Eur. J. Nucl. Med. Mol. Imaging, vol.42, Suppl. 1, p.S372, Oct. 10 – 14, 2015
大塚裕幸,小川猛志,金井敦,久保田周治,馬場健一,宮保憲治共著,”基本から分かる 情報通信ネットワーク講義ノート,”オーム社(2016)
斉藤典明,金井敦,谷本茂明,組織知識継承のための共有フォルダからの活動単位抽出アプローチ, 情報処理学会論文誌,Vol.57, No.1, pp.280-293 Jan. 2016
Shohei Ueno, Asushi Kanai, Hgeaki Tanimoto, Hiroyuki Sato,”Secure Protocol with Variable Security Level Using Secret Sharing Scheme,” Proc. of 2015 IEEE 4th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE2015), pp.626-627, Oct. 2015.
Shimazu Masahiko, Atsushi Kanai, Shigeaki Tanimoto, Hiroyuki Sato,”Dynamic Risk Evaluation Model as a Security Field,” Proc. of 2015 IEEE 4th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE2015), pp.628-629, Oct. 2015.
Atsushi Kanai, Shigeaki Tanimoto, Hiroyuki Sato, ,”Performance Evaluation on Secure Data Management Approach for Multiple Clouds Using Secret Sharing Scheme,” Proc. of 2016 IEEE International Conference on Consumer Electronics (ICCE2016), pp.471-473, Jan. 2016.
Shohei Ueno, Atsushi Kanai, Shigeaki Tanimoto, Hiroyuki Sato ,”Evaluation of Selecting Cloud Services Approach for Data Storage using Secret Sharing Scheme,” Proc. of The Sixth International Conference on Performance, Safety and Robustness in Complex Systems and Applications (PESARO2016), pp.1-6 Feb.2016.
Shoichi Yoneda, Shigeaki Tanimoto, Tsutomu Konosu, Hiroyuki Sato, Atsushi Kanai, Risk Assessment in Cyber-physical System in Office Environment, ADPNA-2015, pp.412-417, Taipei, Sep.2015.
Shigeaki Tanimoto, Tsutomu Konosu, Motoi Iwashita, Hiroyuki Sato, Atsushi Kanai, Risk Assessment Quantification in Hybrid Cloud Configuration, SECURWARE 2015, IARIA, pp.1-6, Aug.2015
Yuuki Kajiura, Shohei Ueno, Atsushi Kanai, Shigeaki Tanimoto, Hiroyuki Sato: An Approach to Selecting Cloud Services for Data Storage in Heterogeneous-multicloud Environment with High Availability and Confidentiality, Proc. 12th Int’l Symp. Autonomous Decentralized System, March, pp.205-210, 2015.
Shigeaki Tanimoto, Hiroyuki Sato, Atsushi Kanai: Risk Assessment Quantification of Ambient Service, ICDS2015, IARIA, Feb, 70-75, 2015.
Nozomi Haga, Kuniyuki Motojima, Mitsuru Shinagawa, and Yuichi Kado: A note on signal paths in intrabody communication channels, IEICE Electronics Express, vol. 12, no. 12, pp. 1-6, May 2015.
Nozomi Haga, Kuniyuki Motojima, Mitsuru Shinagawa, and Yuichi Kado: Equivalent-Circuit Expression of Environmental Noise Electric Fields in Intrabody Communication Channels, IEEE Transactions on Eletromagnetic Compatibility, vol. 58, no. 1, pp. 294-306, Feb. 2016.
Daiki Ayuzawa, Yasuaki Takizawa, Sayaka Sugo, Kazuki Matsumoto, and Mitsuru Shinagawa: Measurement System for Wearable Devices of Intra-body Communication Using Electro-Optic Technique, IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE), pp. 637-637, Oct. 2015.
Ryo Saito, Akito Suzuki, Jun Katsuyama, Yoko Yabe, Mitsuru Shinagawa, Hiroyuki Sugino, Yoshinori Matsumoto: Electric Field Analysis for Organic Photovoltaics Device Using a Transverse Electro-Optic Probe, INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON OPTICAL MEMORY 2015, Tu-I-02, Oct. 2015.
Tatsuhiro Akiyama, Mitsuru Shinagawa, Masahiro Ueno, Yuzo Sasaki, Seiji Toyoda, Takashi Sakamoto: Study of Coherence Length of Swept Light Source Using KTa1-xNbxO3, INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON OPTICAL MEMORY 2015, Tu-I-30, Oct. 2015.
Yuki Hayashida, Mari Hasegawa, Akito Suzuki, Mitsuru Shinagawa, Yuichi Kado, and Nozomi Haga: Noise Measurement via Human Body for Intra-body Communication, Bodynets 2015, pp. 216-220, Sept. 2015.
江上周作,藤井章博,川村隆浩,大須賀明彦「BOMエージェントの実現に向けたLODの構築」電子情報通信学会論文誌 D Vol. J 98 D/ No. &, pp.992-1004, 2015/06
Daiki Murayama, Shouki Mizuno, Akihiro Fujii ,”Distributed Synchronization over RESTful Web API Distributed Synchronization over RESTful Web API”, NBiS-2015 The 18-th International Conference on Network-Based Information Systems 2015/09/04
八名和夫, “ドライバ状態検知のための生体信号処理技術,” ドライバ状態の検出,推定技術と自動運転,運転支援システムへの応用第2章, 第2節, 技術情報協会出版 pp. 21-29, 2016.
Keisuke Kasahara, Masahito Shiobara, Saya Nakamura, Koichiro Yamashiro, Kazuo Yana, Takuya Ono, “Sudden cardiac arrest risk stratification based on 24-hour Holter ECG statistics”, Proc. 37th International Conference of the IEEE EMBS, pp. 5817-20, doi: 10.1109/EMBC.2015.7319714 August. 2015.
Mitsuki Aihara, Hidenao Nagai, Masaki Suga, Kazuo Yana, “The Effective Bandwidth as a Useful Measure of Evaluating HRV Power Spectrum Estimation Accuracy”, Proc. 37th International Conference of the IEEE EMBS, August. 2015: http://emb.citengine.com/event/embc-2015/paper-details?pdID=6571
Toshiki Ito, Shohei Yamashita, Kazuo Yana, “Binary Autonomic State Classification based on Basic Heart Rate Variability Indices”, Proc. 37th International Conference of the IEEE EMBS, August. 2015: http://emb.citengine.com/event/embc-2015/author?authorID=21749.
Yuta Masuda, Kazuo Yana,and Takuya Ono, “The Diurnal Changes in the QT and RR Intervals for Type II Diabetes Correlate with Total Cholesterol and Triacylglyceride,” Proc. 37th International Conference of the IEEE EMBS, August. 2015: http://emb.citengine.com/event/ embc-2015/author?authorID=21754
Pavel Slavik el., Proceedings of the 2015 ACM Research in Adaptive and Convergence System (ACM RACS 2015), ACM, NY, USA.
Lei Li and Teiwei Kuo, Proceedings of the Seventh InternationalConference on Information, International Information Institute, Tokyo, Japan, November, 2015.
Shuichi Yasumura and Lei Li, A Fast Iterative Algorithm for Large-Scale Toeplitz Linear System, Procedings of 2015 International Conference on Future Information & Communication Engineering, KIICE, June 2015, Korea. pp.569-575.
Shuichi Yasumura and Lei Li, Fast Iterative Algorithms for the Large-Scale Toeplitz Linear Systems, Proceedings of ACM RACS 2015, pp. 27-31, ACM, NY, USA.
Lei Li (Invited Talk), Parallel Computers : the Past, the Present and the Future, 2015 Joint Conference on Intelligent Computing & Uncertainty, July 25-29, 2015, Changchun, China.
Approximability of Minimum Certificate Dispersal with Tree Structures, Ta. Izumi, To. Izumi, H. Ono, K. Wada, Theoretical Computer Science,591 (Aug. 2015) 5-14.
Adaptive Tree-Based Routing for Multi-Channel Wireless Sensor Network, N. S. Ghazali, S. Baharun, A. K. M. Muzahidul Islam, K. Wada, 3rd International Conference on Advances in Electrical Engineering (ICAEE), (Dec. 2015) 1-6
A New Model of Mobile Robots with Lights and Its Computational Power, K. Wada, Y. Katayama, S. Terai, 5th Workshop on Moving And Computing (MAC 2015), (Oct. 2015) 1-15.
A New Model for Autonomous Mobile Robots with Lights and Its Solvability of Gathering Problems, S. Terai, K. Wada, Y. Katayama, Workshop on Distributed Robotic Swarms (WDRS 2015) in DISC 2015, (Oct. 2015) 1-14.
Daiki Hirao and Hitoshi Iyatomi, “A protptype of super-resolution camera-array system,” Lectures Notes in Computer Science, Vol. 9474, Vol. 1, pp.911-920, Dec. 2015. (International Symposium on Visual Computing 2015 (ISVC2015))
Hiroki Misawa, Takashi Obara and Hitoshi Iyatomi, Automated habit detection system: A feasibility study, Lectures Notes in Computer Science, Vol. 9475, Vol. 2, pp.16-23, Dec. 2015. (International Symposium on Visual Computing 2015 (ISVC2015)).
Keiichi Ohki, M.Emre Celebi, Gerald Schaefer and Hitoshi Iyatomi, “Building of the readable decision trees for automated melanoma discrimination,” Lectures Notes in Computer Science, Vol. 9475, Vol. 2, pp.712-721, Dec. 2015. (International Symposium on Visual Computing 2015 (ISVC2015)).
Yusuke Kawasaki, Hiroyuki Uga, Satoshi Kagiwada, and Hitoshi Iyatomi, “Basic Study of Automated Diagnosis for Viral Plant Diseases with Convolutional Neural Networks,” Lectures Notes in Computer Science, Vol. 9475, Vol. 2, pp.638-645, Dec. 2015. (International Symposium on Visual Computing 2015 (ISVC2015)).
Hitoshi Iyatomi, Daiji Furusho, Itaru Dekio and Masaru Tanaka, “Automated image registration and color calibration of dermoscopy images during the clinical follow-up,” Proc. 4th World Congress of Dermoscopy and Skin Imaging, Apr. 2015.
Hitoshi Iyatomi, Mizuki Sawada, Sumiko Ishizaki and Masaru Tanaka, “Dermoscopic follow-up of 16 cases of regressing Spitz nevi, Itaru Dekio,” Proc. 4th World Congress of Dermoscopy and Skin Imaging, Apr. 2015

国内の研究会での発表など

高久将来, 淺水宏文, 稲葉善典, 赤松茂,”顔画像からの自動年齢推定システム,”第18回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU 2015), SS3-41, 大阪府, 2015年7月
飯田峻広,丸山阿弓,齋藤優美子,稲葉善典,赤松茂,”顔画像による印象判断内容に応じた視線運動の差異ならびに化粧による影響の分析,”2015年映像情報メディア学会年次大会,14C-4,東京,2015年8月
堀井和也,荒井雄大,稲葉善典,赤松茂,”顔の3次元モーフィングモデルにもとづく表情表出動画像の生成,”2015年映像情報メディア学会年次大会,23A-3,東京,2015年8月
山田涼子,稲葉善典,飯田峻広,作田由衣子,赤松茂,”顔印象の操作が顔観察時の再認成績と視線運動に及ぼす影響,”2016年電子情報通信学会総合大会ISS学生ポスターセッション,福岡,2016年3月
飯田峻広,山田涼子,稲葉善典,赤松茂,”顔画像印象判断時の視線運動の分析,”2016年電子情報通信学会総合大会ISS学生ポスターセッション,福岡,2016年3月
高久将来,稲葉善典,赤松茂,”顔画像からのGabor特徴と形状特徴を用いた年齢層推定,”2016年電子情報通信学会総合大会ISS学生ポスターセッション,福岡,2016年3月
堀井和也,川上恵央,荒井雄大,稲葉善典,赤松茂,”顔の3次元モーフィングモデル上の印象変換操作による表情表出動画像の生成及び評価,”2016年電子情報通信学会総合大会 ISS学生 ポスターセッション,福岡,2016年3月
Ryo Ito, Koichi Ogawa,”Fast image reconstruction with a ray-driven method using a GPGPU”,第109回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理,vol.35,sup.1,p.137), 2015/4/16-4/19(横浜)
Futoshi Kaibuki , Akihiro Yasuda, Tatsuma Fukui, Akitoshi Katsumata and Koichi Ogawa,”Elimination of metal artifacts in CT images using photon counting semiconductor detector”,第109回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理,vol.35,sup.1,p.36), 2015/4/16-4/19(横浜)
Keisuke Usui, Tatsuya Inoue, Toru Kawabata, Hironori Nagata, Peijiang Lu, Chie Kurokawa, Satoru Sugimoto, Keisuke Sasai and Koichi Ogawa,”Analysis of the effect of the scattering photon for the accuracy of dose calculation using a cone-beam CT”,第109回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理,vol.35,sup.1,p.46), 2015/4/16-4/19(横浜)
貝吹 太志,尾川 浩一,”ピクセル型半導体X線検出器に於けるデッドピクセル判定”,第34回日本医用画像工学会大会CD-ROM,5 pages, 2015/7/30-8/1(金沢)
伊藤諒,尾川浩一,”ray-driven法におけるGPGPUを用いた3D画像再構成の高速化”,第34回日本医用画像工学会大会CD-ROM,5 pages, 2015/7/30-8/1(金沢)
臼井桂介,原直哉,礒邉哲,井上達也,黒河千恵,杉本聡,笹井啓資,尾川 浩一,”体外式赤外線モニタを利用した放射線治療用コーンビームCTの4次元画像再構成”,第34回日本医用画像工学会大会CD-ROM,9 pages, 2015/7/30-8/1(金沢)
遠藤 聡,尾川 浩一,梅田 泉,藤井 博史,”小動物用2核種SPECTシステムにおける2核種の正確な分離”,第110回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理,vol.35,sup.3,p.107), 2015/9/18-9/20(札幌)
Keisuke Usui, Naoya Hara, Akira Isobe, Toru Kawabata, Hironori Nagata, Tatsuya Inoue, Chie Kurokawa, Satoru Sugimoto, Keisuke Sasai, Koichi Ogawa,”体外式赤外線モニタを利用した放射線治療用コーンビームCTの4次元画像再構成”,第110回日本医学物理学会学術大会報文集 (医学物理,vol.35,sup.3,p.48), 2015/9/18-9/20(札幌)
保要隆明・金井 敦(法政大)無線LAN不正アクセスポイント判定手法の検討, 電子情報通信学会,情報通信システムセキュリティ(ICSS)研究会,ICSS2015-39 Nov.2015
白山 智康(法政大学),金井 敦(法政大学),谷本 茂明(千葉工業大学),佐藤 周行(東京大学) ,”秘密分散法を用いたセキュアなクラウドストレージシステムの実装と評価,” 2016年 暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2017), 2B4-2, Jan. 2016.
斉藤典明,赤埴淳一,金井敦,【特許番号】特許第5705718号(P5705718)【発明の名称】スケジュール管理装置およびスケジュール管理方法
赤木文彦,藤井章博,バースト検出に基づく要約手法の検討,情報処理学会大78回全国大会,2016/03/11
八名和夫, “生体医工学から見た心電情報処理,” 第31回 心電情報処理ワークショップ,名古屋, 2015.
伊藤俊樹,山下翔平,八名和夫, “相対心拍変動スペクトルによる自律神経活動状態の分類”, 第54回日本生体医工学会大会予稿集, OS 12-2, 5月2015
中村彩耶,笠原啓祐,塩原理仁,山城晃一郎,八名和夫,小野卓哉, “長時間心電図記録に基づく心臓突然死リスク評価について”, 第54回日本生体医工学会大会予稿集, OS 12-1, 5月2015
永井秀直,相原光希,須賀政旭,定蛇市朗,八名和夫, “瞬時心拍数の高精度推定,” 第54回日本生体医工学会大会予稿集, OS12-3, 5月2015.
相原光希,永井秀直,八名和夫, “重みづけスプライン平滑化による心拍変動解析,” 第53回日本生体医工学会「生体信号計測・解釈研究会」研究会抄録集, 12月15日, 於関東学院大学, 横浜市, 2015.
永井秀直,相原光希,八名和夫, “効率的な長時間心拍変動記録のための標準フォーマットの提案,” 第53回日本生体医工学会「生体信号計測・解釈研究会」研究会抄録集, 12月15日, 於関東学院大学, 横浜市, 2015.
李磊,中国のスーパーコンピュータ開発40年:MFLOPSから100PFLOPSへ,科学技術振興機構・中国科学技術月報第105号,2015年6月30日.
自律分散ファットロボットの様々なグリッド上での集合問題について,白川,和田,片山,電子情報通信学会コンピュテーション研究会,COMP2015-37, (2016-03) 1-10.
Dynamic Parallelismを用いたマルチスレッドアルゴリズムの効率的な実現について,木村,和田,藤本,第11回情報科学ワークショップ,北名古屋(2015-09) 107-128.
GPGPUにおけるシストリックアルゴリズムの効率的な実現について,茂木,和田,藤本,第11回情報科学ワークショップ,北名古屋(2015-09) 129-154
状態を持つ自律分散ロボット群を用いた集合問題の可解性について,寺井,和田,片山,第11回情報科学ワークショップ,北名古屋(2015-09) 209-225
自律分散ロボット群の理論モデルに対する実機シミュレーションに関する研究,田邊,和田,片山,第11回情報科学ワークショップ,北名古屋(2015-09) 226-250
正六角形グリッド上でのファットロボットの集合問題について,白川,和田,片山,第11回情報科学ワークショップ,北名古屋(2015-09) 253-290.
非同期モデルのロボットによる,半同期モデルのシミュレートについて,奥村,和田,片山,第11回情報科学ワークショップ,北名古屋(2015-09) 291-306
安藤舞,島田大樹,彌冨 仁:深層学習による顔の魅力の定量化への試み, 2016年電子情報通信学会総合大会(福岡), 2016年3月
小谷龍ノ介,彌冨 仁:Twitter上のリプライ解析によるユーザ間の親密度の推定, 2016年電子情報通信学会総合大会(福岡), 2016年3月
藤田 恵梨香,川崎雄介,鍵和田聡,宇賀博之,彌冨 仁:Convolutional Neural Networksを用いた多種類ウイルス性植物病害自動診断システム, 2016年電子情報通信学会総合大会(福岡), 2016年3月
島田大樹,彌冨 仁:入力可変長型Convolutional Neural Networksの基礎検討, 2016年電子情報通信学会総合大会(福岡), 2016年3月
吉田 拓也,彌冨 仁:畳み込みニューラルネットワークを用いたメラノーマ自動識別, 2016年電子情報通信学会総合大会(福岡), 2016年3月
鍵和田 聡,酒井順平,宇賀 博之,藤田恵梨香,川崎 雄介,彌冨 仁:Convolutional Neural Networksを用いたキュウリウイルス病の自動診断システムの開発, 日本植物病理学会関東部会(宇都宮), 2015年9月
川崎 雄介,宇賀 博之,鍵和田 聡,彌冨 仁:Convolutional Neural Networksを用いたウイルス性植物病害自動診断に向けた基礎検討, 第31回ファジィシステムシンポジウム(東京), 2015年9月
島田大樹,彌冨 仁:半教師あり学習による聴講者の集中度推定, 第31回ファジィシステムシンポジウム(東京), 2015年9月
吉田 拓也,彌冨 仁:深層畳み込みニューラルネットワークを用いたメラノーマ自動識別器の構築, 第31回ファジィシステムシンポジウム(東京), 2015年9月
藤田 恵梨香,川崎雄介,鍵和田聡,宇賀博之,彌冨 仁: ディープラーニングを用いたウイルス性植物病害自動診断システムの開発, 第31回ファジィシステムシンポジウム(東京), 2015年9月
彌冨 仁:機械学習技術を用いた医工連携・農工連携
SOFT九州支部ワークショップ2015 (熊本), 2015年8月
彌冨 仁:画像解析と機械学習を用いたメラノーマ自動識別技術と,最新の認識技術動向
第114回 日本皮膚科学会総会(横浜), 2015年5月
熊埜御堂裕太, 平原誠. 関節間距離を用いたリカレントニューラルネットによる人物識別,電子情報通信学会総合大会予稿集(CD-ROM), ISS-P-5.pdf, 2016年3月.
井垣円, 平原誠. 両眼視下における一次視覚野の特徴再現, 電子情報通信学会総合大会予稿集(CD-ROM), ISS-P-49.pdf, 2016年3月.
中山亮士, 平原誠. TD学習を用いたテトリス解法アルゴリズム, 電子情報通信学会総合大会予稿集(CD-ROM), ISS-P-52.pdf, 2016年3月.
熊埜御堂裕太, 平原誠. 骨格情報を用いたリカレントニューラルネットによる歩容認証, 日本知能情報ファジィ学会第31回ファジィシステムシンポジウム講演論文集(CD-ROM), FC2-2.pdf, 2015年9月.
熊埜御堂裕太, 平原誠. 骨格情報を用いたリカレントニューラルネットによる歩容認証, 日本知能情報ファジィ学会第67回知的システム研究会, pp.3-6, 2015年7月.
中山亮士, 平原誠. 遺伝的アルゴリズムのテトリスへの適用, 日本知能情報ファジィ学会第67回知的システム研究会, pp.1-2, 2015年7月.


2014年度

原著論文および国際会議論文

Hirofumi Asamizu, Masaki Takaku, Takahiro Hirase, Yoshinori Inaba and Shigeru Akamatsu, “Age estimation by Gabor features extracted from face image: feature selection based on ratio of between-class to within-class variances,”Proc. of the 4th IIEEJ International Workshop on Image Electronics and Visual Computing, Koh Samui, Thailand, Oct.7-10, 2014 (CD-ROM)
Shunsuke Nagata, Yudai Arai, Shogo Takagi, Yoshinori Inaba and Shigeru Akamatsu, “Synthesis of dynamic 3D facial expressions based on 3D facial movement measured by motion capture system,”Proc. of the 4th IIEEJ International Workshop on Image Electronics and Visual Computing, Koh Samui, Thailand, Oct.7-10, 2014 (CD-ROM)
Yudai Arai, Kazuya Horii, Shunsuke Nagata, Yoshinori Inaba and Shigeru Akamatsu,”Increase of human sensibility to facial expressions attributed to transformation of 3D avatar faces based on Support Vector Machine learning,”Proc. of the 4th IIEEJ International Workshop on Image Electronics and Visual Computing, Koh Samui, Thailand, Oct.7-10, 2014 (CD-ROM)
荒井雄大, 堀井和也, 永田俊介, 稲葉善典, 赤松茂,”印象変換ベクトル法による任意の表出強度を持った新規3次元顔表情の生成,”芸術科学会NICOGRAPH2014論文集, pp.59-62, Nov. 2014
中嶋文香, 永田俊介, 稲葉善典, 赤松茂,”Kinectを用いた距離画像による指文字認識システム‐主成分分析によるSELFIC法・CLAFIC法の比較‐,”電子情報通信学会HCGシンポジウム2014論文集, pp.122-123, Dec. 2014
丸山阿弓, 齋藤優美子, 飯田峻広, 稲葉善典, 赤松茂,”顔画像に対する異なる印象判断時の視線分析と比較,”電子情報通信学会HCGシンポジウム2014論文集, pp.124-125, Dec. 2014
村松将尚, 稲葉善典, 赤松茂,”画像情報と距離情報を用いた腕さし方向推定によるジェスチャインタフェースシステム,”電子情報通信学会HCGシンポジウム2014論文集, pp.126-129, Dec. 2014
岩佐香織, 永田俊介, 稲葉善典, 赤松茂,”顔面の疎な特徴点の動的3次元変位情報を用いた表情の識別,”電子情報通信学会HCGシンポジウム2014論文集, pp.130-133, Dec. 2014
齋藤優美子, 飯田峻広, 丸山阿弓, 稲葉善典, 赤松茂,”顔の異なる印象判断にともなう視線方向の分析‐化粧が注視方向に及ぼす影響‐,”電子情報通信学会HCGシンポジウム2014論文集, pp.134-137, Dec. 2014
Yoshinori Inaba, Shunta Yamamoto, Kaori Iwasa and Shigeru Akamatsu,”Discrimination of Facial Expression Using Dynamic Features of Sparse 3D Face Obtained by Motion Capture,”IIEEJ Trans. on Image Electronics and Visual Computing, Vol.2, No.2, pp.195-200,2014
Kaori Iwasa, Shunsuke Nagata, Yoshinori Inaba and Shigeru Akamatsu,”Facial Expression Discrimination by Features Representing Temporal Transition of Points Sparsely Defined on 3D faces,”Proc. of IWAIT 2015, PS.4 635, Jan. 2015
Hirofumi Asamizu, Masaki Takaku, Takahiro Hirase, Yoshinori Inaba and Shigeru Akamatsu, “Age Estimation from Face Images Using Gabor Features: Study of features selection based on ratio of between-class to within-class variances,”Proc. of IWAIT 2015, OS.32 114, Jan. 2015
Ayumi Maruyama, Takahiro Iida, Yumiko Saitou, Yoshinori Inaba, Hanae Ishi, Jiro Gyoba and Shigeru Akamatsu, “Analysis of eye fixation points in different facial impression judgments,”Proc. of IWAIT 2015, PS.2 117, Jan. 2015
Masanao Muramatsu, Yoshinori Inaba and Shigeru Akamatsu, “Building a gesture interface system based on estimation of finger pointing direction from image and depth information,”Proc. of IWAIT 2015, PS.3 112, Jan. 2015
丸山阿弓, 齋藤優美子, 飯田峻広, 稲葉善典, 赤松茂,”顔画像に対する印象判断時の視線分析‐印象判断の内容による違いと化粧が及ぼす影響‐,”画像電子学会研究会予稿14-02-07, pp.56-61, Feb. 2015
荒井雄大, 永田俊介, 稲葉善典, 赤松茂,”三次元顔モーフィングモデルにもとづく顔印象の生成 ‐SVMを用いた印象変換ベクトルによる顔形状の変形操作‐,”画像電子学会研究会予稿14-02-06, pp.52-55, Feb. 2015
高久将来, 淺水宏文, 稲葉善典, 赤松茂,”顔画像からの自動年齢推定システム,”動的画像処理実利用化ワークショップDIA2015 IS2-D9, March 2015
村松将尚, 稲葉善典, 赤松茂,”画像情報と距離情報にもとづく腕指しインタフェースシステム,”動的画像処理実利用化ワークショップDIA2015 IS2-D10, March 2015
中嶋文香, 永田俊介, 稲葉善典, 赤松茂,”距離画像の部分空間法による指文字認識システム,”動的画像処理実利用化ワークショップDIA2015 IS2-D12, March 2015
Koichi Ogawa, Yuta Ichimura, “Simulation study on a stationary data acquisition SPECT system with multi-pinhole collimators attached to a triple head gamma camera system,”Ann Nucl Med, vol.28, pp.716-724, 2014
Futoshi Kaibuki, Mariko Matsumoto, Koichi Ogawa, Akitoshi Katsumata, Tatsuma Fukui, “Identification of a region including metals in the projection data using an energy discriminating photon counting detector,”IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference, CD-ROM, Seattle (USA) Nov. 8-15, 2014
Yuta Ichimura, Koichi Ogawa, “Simulation study of a pinhole SPECT system with a triple head gamma camera,”IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference, CD-ROM, Seattle (USA) Nov. 8-15, 2014
尾川浩一:”核医学技術の基礎「ガンマカメラにおけるコリメータの基礎」”, 臨床核医学, vol.47,No.1,pp.9-12, 2014
尾川浩一:”核医学技術の基礎「ガンマカメラにおけるガンマ線検出器の役割と特性」”, 臨床核医学, vol.47,No.2,pp.25-28, 2014
尾川浩一:”半導体ガンマカメラの光と影”,心臓核医学, vol.16, No.3, pp.12-13, 2014
T. Fukui, A. Katsumata, S. Fujiwara, K. Ogawa, “Identification of dental restorative (prosthetic) materials using panoramic radiography based on photon-counting type X-ray detector,”The 28th International congress on computer assisted radiology and surgery, June 25-28, Fukuoka (Japan), 2014
Koichi Ogawa, “Fundamentals of PET/CT and SPECT/CT scanner. Basic priciples and practice of PET/CT and SPECT/CT imaging,”IAEA/RCA RAS6061-004, Lecture June 30, Tokyo(Japan), 2014
Koichi Ogawa and Yuta Ichimura,”Multi-pinhole SPECT system with a triple head gamma camera,”World congress on nuclear medicine, Aug. 27-31, Cancun (Mexico), 2014
K. Mukai, S. Endo, K. Ogawa, I.O. Umeda, H. Fujii, “Estimation of activity for small animal multi-isotope SPECT study,”Korea Japan Joint meeting on Medical Physics, Sep. 25-27, Busan(Korea), 2014
米田 翔一, 谷本茂明, 佐藤周行, 金井敦:オフィス空間における場のセキュリティを考慮したリスクアセスメント, 情報科学技術フォーラム講演論文集 13(4),pp.55-58, 2014-08-19, Aug.2014.
Tanimoto, K. Takahashi, T. Yabuki, K. Kato, M. Iwashita, H. Sato and A. Kanai: Risk Assessment Quantification in Life Log Service, 15th IEEE/ACIS International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing (SNPD2015),June, 2014.
SATO Hiroyuki, TANIMOTO Shigeaki, KANAI Atsushi: A Policy Consumption Architecture that enablesDynamic and Fine Policy Management, Proc. 3rd ASE International Conf. CyberSecurity, May 2014.
Atsushi Kanai, Shigeaki Tanimoto, Hiroyuki Sato:Data Management Approach for Multiple Clouds using Secret Sharing Scheme, to appear in 8th International Workshop on Advanced Distributed and Parallel Network Applications (ADPNA2014), Sep.2014.
Shigeaki Tanimoto, Ryota Sato, Kazuhiko Kato, Motoi Iwashita, Yoshiaki Seki, Hiroyuki Sato, Atsushi Kanai: A Study of Risk Assessment Quantification in Cloud Computing, to appear in 8th International Workshop on Advanced Distributed and Parallel Network Applications (ADPNA2014),Sep. 2014.
Akira Aratani and Atsushi Kanai:Authentication Method against Shoulder-Surfing Attacks using Secondary Channel,IEEE International Conference on Consumer Electronics (ICCE2015), Jan.2015.
Yuuki Kajiura, Shohei Ueno, Atsushi Kanai, Shigeaki Tanimoto and Hiroyuki Sato
:An Approach to Selecting Cloud Services for Data Storage in Heterogeneous-multi-cloud Environment with High Availability and Confidentiality, IEEE First International Workshop on Service Assurance in System Wide Information Management(SASWIM2015), March 2015.
Ryota Sato,Shigeaki Tanimoto,Kazuhiko Kato, Motoi Iwashita, Yoshiaki Seki, Hiroyuki Sato, Atsushi Kanai:Quantification of Risk Countermeasure Effectiveness in Cloud Computing,8th International Conference on Project Management(ProMAC2014), pp.361-368,Dec. 2014.
Shigeaki Tanimoto, Yuhei Kenmoku, Osam Kikuchi, Tsutomu Konosu: Hiroyuki Sato, Atsushi Kanai :Quantification of Risk Countermeasure Effectiveness in Cloud Computing,8th International Conference on Project Management(ProMAC2014), pp.382-389, Dec. 2014.
Nozomi Haga, Kuniyuki Motojima, Mitsuru Shinagawa, and Yuichi Kado: Received noise voltage of wearable transceiver in the presence of fluorescent lamps using high-frequency electronic ballasts, IEICE Electronics Express, vol. 11, no. 21, pp. 1-6, Oct. 2014.
Nozomi Haga, Kuniyuki Motojima, Mitsuru Shinagawa, and Yuichi Kado: System of equations describing charges of multiple conductors immersed in electrostatic fields, IEICE Electronics Express, vol. 11, no. 19, pp. 1-6, Oct. 2014.
Akinori Furuya, Ai-ichiro Sasaki, Hiroki Morimura, Osamu Kagami, and Mitsuru Shinagawa: Electrooptic Sensor Module Fabrication for Near-Field Intrabody Communication, Optical Review, vol. 21, no. 5, pp. 605-613, Oct. 2014.
Jun Katsuyama, Kazuki Matsumoto, Ryo Sugiyama, Shinya Hasegawa, Mitsuru Shinagawa, and Yoshiki Yanagisawa: Failure Diagnosis of Organic Photovoltaic Using Electro-Optic Probe, Optical Review, vol. 21, no. 5, pp. 621-627, Oct. 2014.
Kazuki Matsumoto, Jun Katsuyama, Ryo Sugiyama, Yasuaki Takizawa, Seita Ishii, Mitsuru Shinagawa, and Yuichi Kado: Signal Measurement System for Intra-Body Communication Using Optical Isolation Method, Optcial Review, vo. 21, no. 5, pp. 614-620, Oct. 2014.
Shinya Hasegawa, Mitsuru Shinagawa, Seiji Toyoda, Masahiro Ueno, Yuzo Sasaki, and Junya Kobayashi: Phase Stability Analysis of Swept Light Source with KTa1-xNbxO3 Electro-Optic Deflector toward Doppler Optical Coherence Tomography, IEEE CPMT Symposium Japan 2014, Session1-4, pp. 7-10, Oct. 2014.
Seita Ishii, Shinya Hasegawa, Mitsuru Shinagawa, Masahiro Ueno, Seiji Toyoda, Yuzo Sasaki, and Junya Kobayashi: Jitter Simulation of Swept Light Source with KTa1-xNbxO3 Electro-optic Deflector for Doppler Optical Coherence Tomography, INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON OPTICAL MEMORY 2014, We-PP-11, Oct. 2014.
Yoko Yabe, Jun Katsuyama, Mitsuru Shinagawa, and Hiroyuki Sugino: A Transverse Electro-optic Probe System for Organic Photovoltaic Device, INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON OPTICAL MEMORY 2014, We-J-23, Oct. 2014.
Yuki Hayashida, Ryo Sugiyama, Yusuke Ido, Akito Suzuki, Yasuaki Takizawa, Mitsuru Shinagawa, Yuichi Kado, and Nozomi Haga: Capacitance Model of Embedded Transceiver for Intra-body Communication, BodyNets, Session 10, No. 1, Oct. 2014.
藤井章博, IEEE論文に基づくIoT研究動向の計量書誌学的調査, 科学技術動向, 文部科学省科学技術・学術政策研究所, 149号(2015-3).
S.Egami1, T. Kawamura1, A. Fujii, and A. Ohsuga, Building of Industrial Parts LOD for EDI – A Case Study -“The 4th Joint International Semantic Technology Conference (JIST2014), 2014-11
A.Fujii, H. Shimizu, RDFa Parser for Hybrid Resources, The 4th Joint International Semantic Technology Conference (JIST2014), 2014-11
K. Yana, S. Cerutti, L. Mainardi, Y. Yamamoto eds., “Biosignal Interpretation I- Advanced Methods for Studying Cardiovascular and Respiratory Systems,”Methods of Information in Medicine (Official Journal of IMIA), Vol. 53, Issue 4, pp. 285-328, 2014. (特集号編集)
I. Joja, N. Higuchi, K. Yana et al., “A new Index for Evaluating Instantaneous Heart Rate Reconstruction Accuracy,”International Journal of Bioelectromagnetism, Vol.16, No.1, pp.32- 35, 2014.
S. Yamashita, K. Yamashiro, Kazuo Yana, “Heart Rate Pattern Classification based on a Binary Classification Scheme,”International Journal of Bioelectromagnetism, Vol.16, No.1, pp.36- 39, 2014.
Masaki Furuya, YutaMasuda, Kazuo Yana et al., “Long and Short Term QT-RR Interval Co- Variability in Type 2 Diabetes,”Proc. 36th Ann.International Conference of the IEEE EMBS, pp.38-41, DOI: 10.1109/EMBC.2014.6943523, Aug.2014.
Martin Urban, Veronika Stehlikova, Ondrej Nentvich, Ladisiav Sieger and Kazuo Yana, “Measuring Carbon Fiber Aging on Orbit,”Bulletin of the Science Faculties, Hosei University, pp. 1-6, Apr. 2014.
Shohei Yamashita, Koichiro Yamashiro, Toshiki Ito and Kazuo Yana, “Autonomic State Classification Based on a Binary Classification Scheme on Heart Rate Variability Indices,”6th Ann. Int. Conf. IEEE EMBS, One page late breaking research paper included in the proceedings, Aug. 2014.
Ichiro Joja, Naoto Higuchi, and Kazuo Yana, “On the Evaluation of Instantaneous Heart Rate Reconstruction Accuracy,”36th Ann. Int. Conf. IEEE EMBS, One page late breaking research paper included in the proceedings, Aug. 2014.
Bo Peng and Lei Li : Combination of Genetic Algorithm and Ant Colony Optimization for QoS Multicast Routing, Soft Computing in Artificial Intelligence, Eds. Y.I. Cho et al, Spring. pp. 49-56 (2014-4)
Lei Li : (Invited Talk) On Interconnection Networks for Parallel Computers, 2014 Fall Conference of the Korea Institute of Information and Communication Engineering, October 30 – November 1, 2014, Seoul, Korea.
Lei Li : (Invited Talk) On Interconnection Networks for Parallel Computers, The Second International Symposium on Advanced and Applied Convergence, November 13 – 16, 2014. Jeju Island, Korea.
離散数学, 陳慰, 和田幸一著, 情報工学レクチャーシリーズ, 森北出版, (2014-11).1-168.
Approximability of Minimum Certificate Dispersal with Tree Structures, Ta. Izumi, To. Izumi, H. Ono, K.Wada, to appear in Theoretical Computer Science,(Jan. 2015).
Corrigendum to “On the approximability and hardness of minimum topic connected overlay and its special instances”[Theoretical Computer Science,429(2012) 144-154], J. Hosoda, J. Hromkovic, T. Izumi,, H. Ono, M. Steinova, K. Wada, Theoretical Computer Science, 562 (Jan. 2015), 660-661.
Space-efficient self-stabilizing counting population protocols on mobile sensor networks, To. Izumi, K. Kinpara, Ta. Izumi, K. Wada, Theoretical Computer Science, 552 (Oct. 2014), 99-108.
Computational Models for Big Data Processing, K. Wada, Key Note of 6th International Workshop on Parallel and Distributed Algorithms and Applications(PDAA), CANDAR 2014, (Dec. 2014),28-31.
Adaptive Multi-Channel Protocol for Wireless Sensor Network, N. S. Ghazali, S. Baharun, K.Wada, A. K. M. Muzahidul Ialam, 7th AUN/SEED-NEXT Conference on EEE, (Nov. 2014),1-4.
K.Shimizu, H.Iyatomi, M.Emre Celebi, K-A.Norton, and M.Tanaka: Four-class classification of skin lesions with task decomposition strategy, IEEE Trans. on Biomedical Engineering, Vol.62, No.1, pp.274-283, 2015.
G.Schaefer, B.Krawczyk, M.E.Celebi and H.Iyatomi: An ensemble classification approach for melanoma diagnosis, Memetic computing journal, Vol.6, pp.233-240, 2014.
G.Schaefer, B.Krawczyk, M.E. Celebi, H. Iyatomi, and A.E.Hassanien: Melanoma Classification based on Ensemble Classification of Dermoscopy Image Features, 488, Vol.488, pp.291-298, 2014.
R.Suzaki, S.Ishizaki, H.Iyatomi and M.Tanaka: Age-related prevalence of dermatoscopic patterns of acral melanocytic nevi, Dermatology Practical & Conceptual, Vol.4, No.1, pp.53-57, 2014.
R.Yoshihashi, D.Shimada, and H.Iyatomi: Feasibility study on evaluation of audience’s concentration in the classroom with deep convolutional neural networks, Proc. IEEE Teaching, Assessment and Learning for Engineering (IEEE TALE 2014), pp.288-292, Dec. 2014.

国内の研究会での発表など

荒井雄大, 永田俊介, 稲葉善典, 赤松茂,”三次元顔モデルにおける発話表情の表出 ‐SVMにもとづく印象変換ベクトル法による顔モーフィングモデルの操作‐,”情処研究会CG-155, No.5,グラフィックスとCAD研究会第41回年次大会, June 28, 2014, NTT横須賀研究センタ
中嶋文香, 遠藤稜典, 永田俊介, 稲葉善典, 赤松茂,”距離画像による手形状のリアルタイム認識,”2014年度画像電子学会第42回年次大会, P-1, 早稲田大学, June 2014
永田俊介, 荒井雄大, 稲葉善典, 赤松茂,”モーションキャプチャを用いて生成された動的3次元顔表情の妥当性評価,”2014年度画像電子学会第42回年次大会, P-2, 早稲田大学, June 2014
淺水宏文, 稲葉善典, 赤松茂,”顔画像から抽出したGabor特徴を用いた年齢推定−級間・級内分散比による加齢変化の影響を受ける特徴選択−,”2014年度画像電子学会第42回年次大会, P-3, 早稲田大学, June 2014
荒井雄大, 永田俊介, 稲葉善典, 赤松茂,”SVMを用いた印象変換ベクトル法による3次元顔表情の表出強度操作とその評価,”2014年度画像電子学会第42回年次大会, P-4, 早稲田大学, June 2014
Yudai Arai, Shunsuke Nagata, Yoshinori Inaba and Shigeru Akamatsu,”How does the transformation of 3D-shaped avatar faces based on Support Vector Machine learning increase human sensibility to facial expressions?”37th European Conference on Visual Perception, Aug. 2013, Belgrade, Serbia
丸山阿弓, 齋藤優美子, 飯田峻広, 稲葉善典, 赤松茂,”顔の異なる印象判断にともなう視線方向の分析‐化粧が注視方向に及ぼす影響‐,”第19回日本顔学会大会フォーラム顔学2014, P2-4, 昭和大学, Oct. 2014
淺水宏文, 高久将来, 稲葉善典, 赤松茂,”顔画像からの加齢の影響を受けるGabor特徴を用いた年齢推定の自動化,”第19回日本顔学会大会フォーラム顔学2014, P2-5, 昭和大学, Oct. 2014
荒井雄大, 堀井和也, 永田俊介, 稲葉善典, 赤松茂,”三次元顔モデルにおける発話表情の表出‐SVMを用いる印象変換ベクトル法による顔モーフィングモデルの操作‐,”第19回日本顔学会大会フォーラム顔学2014, P2-6, 昭和大学, Oct. 2014
山本純平,貝吹太志, 尾川浩一, “パノラマX線画像における障害陰影の除去の試み”, 第107回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理, vol.34, sup.1, p.128),2014/4/10-4/13(横浜)
市村雄太, 尾川浩一, “完全静止形データ収集を可能とする3検出器SPECTの提案”, 第107回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理, vol.34, sup.1, p.116), 2014/4/10-4/13 (横浜)
松本真梨子,貝吹太志, 尾川浩一, “フォトンカウンティングCTによるk-edgeイメージング”, 第107回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理, vol.34, sup.1, p.120), 2014/4/10-4/13 (横浜)
貝吹太志, 尾川浩一, “光子計数形検出器による低線量下でのCT再構成値定量性の評価”, 第107回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理, vol.34, sup.1, p.118), 2014/4/10-4/13 (横浜)
臼井桂介, 黒河千恵, 杉本聡, 尾川浩一, “動く腫瘍に対するkV-CBCTのデータ収集条件が再構成画像に与える影響に関する検討”, 第107回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理, vol.34, sup.1, p.46), 2014/4/10-4/13 (横浜)
臼井桂介,黒河千恵,杉本聡,石倉聡,笹井啓資, 尾川浩一, “動く標的のモーションアーチファクトに対するkV-CBCTのデータ収集条件の最適化”, 第33回日本医用画像工学会大会CD-ROM,7 pages,2014/7/24-26(東京)
貝吹 太志, 尾川浩一, “ウェーブレット変換を用いたPET画像の雑音除去”, 第33回日本医用画像工学会大会CD-ROM,7 pages,2014/7/24-26(東京)
橋本 順, 彌冨仁, 風間俊基, 佐々木貴浩, 今井 裕, 尾川浩一, “臨床情報と画像指標をもとに軽度認知機能障害から認知症への移行を予測するための識別器の作成”, 第54回日本核医学会学術総会(核医学, vol.51, No.3, p.310), 2014/11/6-8(大阪市)
大島翼, 片岡淳, 岸本彩, 藤田卓也, 呉井洋太, 西山徹, 山本誠一, 尾川浩一, “次世代CTを目指した高精細カラー放射線イメージセンサの開発(I)”, 第62回応用物理学会春期学術講演会, 2015/3/11-14(平塚市)
梶浦悠生,金井敦,谷本茂明,佐藤周行:ハイブリッド・クラウドにおける動的セキュリティ制御基盤方式,電子情報通信学会,信学技報, vol. 114, no. 117, ICSS2014-18, pp.61-67, July 2014.
荒谷 光,金井敦:サブチャネルを用いた覗き見耐性を持つ認証方式の提案, 電子情報通信学会,信学技報, vol. 114, no. 117, ICSS2014-26, pp.139-144, July 2014.
荒谷 光,金井敦 :Authentication Method against Shoulder-Surfing Attacks using Secondary Channel, 電子情報通信学会, 映情学技報, vol. 39, no. 7, CE2015-18, pp.105-106, Feb. 2015.
白山智康,金井敦:統計情報を用いた個人情報露出量算出方式, 電子情報通信学会, 信学技報, vol. 114, no.117, ICSS2014-28, pp.149-154, July 2014.
篠山裕貴,金井敦,谷本茂明, 佐藤周行: LOAを考慮した動的クラウド選択基盤方式, 暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2015), Jan. 2015.
平本拓也, 金井敦, 谷本茂明, 佐藤周行:セキュリティ場モデルの提案, 暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2015), Jan. 2015.
畑健一郎,佐藤彰,米田翔一,谷本茂明,佐藤周行,金井敦:情報セキュリティマネジメントシステムにおけるスローポリシー導入に関する検討,電子情報通信学会, 信学技報 114(389)(LOIS2014-55), pp.91-96, Jan. 2015.
大角地涼介,佐藤亮太,米田翔一,谷本茂明,佐藤周行,金井敦:パブリッククラウドと企業ネットワークのセキュリティポリシー連携マネジメントに関する研究, プロジェクトマネジメント学会2015年春季研究発表大会, March 2015.
佐藤 周行, 谷本 茂明, 金井 敦: アクセス制御のための機械可読サービスポリシー文書, コンピュータセキュリティシンポジウム2014論文集, pp.236-243, Oct.2014.
本間将紘, 金井敦, 川上公一郎, 中尾貢:公衆回線を利用したリモート装置の同時複数操作手法の提案, 情報処理学会, IPSJ SIG Notes 2015-DPS-162(4), pp.1-6, 2015-02-26, March 2015.
藤井章博, 子安貴宏, 技術文書に見るインターネット要素技術の動向に関する研究, 研究・技術計画学会第29回年次学術大会, 2014/10/18
増田裕太, 笠原啓祐, 西部俊宏, 八名和夫, 小野卓也, “QT-RR間隔共変性の指標と心臓突然死リスク評価,”第53回日本生体医工学会大会, 仙台, 6月, 2014.
笠原 啓祐, 林 弘人, 中村 彩耶, 八名和夫, “QT-RR間隔の共変性に着目した心臓突然死リスク評価について,”第49回日本生体医工学会生体信号計測解釈研究会, 東京, 12月2014年.
山城 晃一朗, 塩原 理仁, 八名和夫, オルタナンスレシオ長時間順位統計に基づく心臓突然死リスク評価,”第49回日本生体医工学会生体信号計測解釈研究会, 東京, 12月2014年.
定蛇 市朗, 相原 光希, 永井 秀直, 八名和夫, “瞬時心拍数推定における有効帯域について,”第49回日本生体医工学会生体信号計測解釈研究会, 東京, 12月2014年.
岩渕与朗, 李 磊:環境変動下の最短経路探索法について, 日本応用数理学会環瀬戸内応用数理研究部会第18回シンポジウム, 岡山県倉敷市国際学術交流センター, 2014年12月5日〜7日.
アセンブリ言語教育支援システムSim AIの設計と実装, 小林, 和田, 情報処理学会コンピュータと教育研究会, 2015-CE-129(1), (2015-03), 1-7.
グリッド上でのLargeサイズファットロボットの集合について, 伊藤, 片山, 和田, 電子情報通信学会コンピュテーション研究会, COMP2014-42, (2015-03) 1-8
5台のファットロボットによる集合プロトコルについて, 平野, 片山, 和田, 電子情報通信学会コンピュテーション研究会, COMP2014-37, (2014-12) 29-36.
状態をもつ自律分散ロボット群の能力について, 寺井, 和田, 片山, S. Das, 第10回情報科学ワークショップ予稿集, (2014-09) 8-36.
計算機アーキテクチャの教育を支援する可視化レベル変更可能なPDP-11 シミュレータ, 林, 和田, 第10回情報科学ワークショップ予稿集, (2014-09) 340-350.
アセンブリ言語教育支援教材Sim AI の設計と実装, 小林, 和田, 第10回情報科学ワークショップ予稿集, (2014-09) 351-358.
共通座標系を有しないグリッド平面上におけるファットロボットの集合, 伊藤, 片山, 和田, 情報処理学会研究布告アルゴリズム研究会報告, 2014-AL-148(9) (2014-06) 1-6.
市川祐太, 彌冨仁:テキストマイニングを用いたマスメディアの記事判別, 2015年電子情報通信学会総合大会(滋賀), 2015年3月
大木奎一, 彌冨仁:色補正処理によるメラノーマ自動識別の精度向上, 2015年電子情報通信学会総合大会(滋賀), 2015年3月
平尾大樹, 彌冨仁:多眼カメラを用いた超解像技術に関する基礎検討, 2015年電子情報通信学会総合大会(滋賀), 2015年3月
見澤弘樹, 小原崇司, 彌冨仁:Kinect センサを用いた対話中での「くせ」の定量化における基礎検討, 2015年電子情報通信学会総合大会(滋賀), 2015年3月
川崎 雄介, 宇賀博之, 鍵和田聡, 彌冨仁:Convolutional Neural Networksを用いた植物病自動診断支援システムの開発, 2015年電子情報通信学会総合大会(滋賀), 2015年3月
島田大樹, 彌冨仁:Convolutional Neural Networksによる聴講者の集中度推定, 2015年電子情報通信学会総合大会(滋賀), 2015年3月
吉田 拓也, 彌冨仁:深層畳み込みニューラルネットワークを用いたメラノーマ自動診断システムの試作, 2015年電子情報通信学会総合大会(滋賀), 2015年3月
彌冨仁, 橋本順, 風間俊基, 佐々木貴浩, 尾川浩一, 今井裕:軽度認知機能障害から認知症への移行の予測器の試作, 2015年電子情報通信学会総合大会(滋賀), 2015年3月
橋本順, 彌冨仁, 風間俊基, 佐々木貴浩, 尾川浩一, 今井裕: 臨床情報と画像指標をもとに軽度認知機能障害から認知症への移行を予測するための識別器の作成,第54回日本核医学会総会(大阪), 2014年11月
中村將人, 平原誠:シミュレーテッドテンパリングによる電子部品実装順序の最適化, 日本知能情報ファジィ学会第41回ファジィ・ワークショップ講演論文集, pp.11-14, 2015年3月.
蔡詩祐, 平原誠:RTRLを用いた強化学習による予測機能の自律的獲得, 日本知能情報ファジィ学会第41回ファジィ・ワークショップ講演論文集, pp.15-16, 2015年3月.
中村將人, 平原誠:シミュレーテッドテンパリングによる電子部品実装順序の最適化, 電子情報通信学会総合大会予稿集(CD-ROM), ISS-P-18.pdf, 2015年3月.
高木智史, 平原誠:一次視覚野での皮質拡大の自己組織化, 電子情報通信学会総合大会予稿集(CD-ROM), ISS-P-48.pdf, 2015年3月.
蔡詩祐, 平原誠:RTRLを用いた強化学習による予測機能の自律的獲得, 電子情報通信学会総合大会予稿集(CD-ROM), ISS-P-49.pdf, 2015年3月.
中山亮士, 平原誠:遺伝的アルゴリズムを用いたテトリスの解法, 電子情報通信学会総合大会予稿集(CD-ROM), ISS-P-51.pdf, 2015年3月.

2013年度

原著論文および国際会議論文

丸山阿弓, 三枝隆太, 稲葉善典, 伊師華江, 行場次 朗, 赤松茂,“顔画像の印象判断時の視線停留点と 停留時間の分析, 2013年度画像電子学会第41回年次大会論文集, CD-ROM, June 2013.
淺水宏文, 菅田幸希, 稲葉善典, 赤松茂,“加齢の 影響を考慮したGabor特徴による顔画像の年齢推定,”2013年度画像電子学会第41回年次大会論文集, CD-ROM, June 2013.
永田俊介, 荒井雄大, 稲葉善典, 赤松茂,“三次元 モーフィングモデルに基づく動的な三次元顔表情の生成,”2013年度画像電子学会第41回年次大会論文集, CD-ROM, June 2013.
永田俊介, 荒井雄大, 稲葉善典, 赤松茂,“モーションキャプチャで得られる顔の動きを用いた動的な三次元顔表情生成とその評価,”芸術科学会NICOGRAPH2013 論文集, CD-ROM, Nov. 2013.
永田俊介, 荒井雄大, 稲葉善典, 赤松茂,“モーションキャプチャで計測された形状の動的変化を再現する3次元顔の表情生成,”HCGシンポジウム2013論文集 HCG2013-C-1-4, pp.62-66, Dec. 2013.
淺水宏文, 菅田幸希, 稲葉善典, 赤松茂,“顔画像 から抽出される Gabor 特徴を用いた年齢推定 —加齢変化との相関の高い特徴成分選択による重回帰分析への影響—,”HCGシンポジウム2013論文集 HCG2013-I-2-3, pp.537-540, Dec. 2013.
菅田幸希, 淺水宏文, 手倉森凌, 稲葉善典, 赤松茂,“顔画像による年齢層の自動識別の試み,”HCG シンポジウム 2013 論文集 HCG2013-I-2-5, pp.545-548, Dec. 2013
丸山阿弓, 中嶋文香, 稲葉善典, 伊師華江, 行場次朗, 赤松茂,“一対提示された顔画像の印象比較時 の注視点分布の分析,”HCGシンポジウム2013論文集 HCG2013-I-2-6, pp.549-552, Dec. 2013.
荒井雄大, 永田俊介, 稲葉善典, 赤松茂,“3次元モーフィングモデルにもとづく顔表情の生成—類似した表情間の印象差強調の試み—,”HCGシンポジウム2013論文集 HCG2013-I-2-7, pp.553 -556, Dec. 2013.
Shunsuke Nagata, Yudai Arai, Yoshinori Inaba and Shigeru Akamatsu,“Estimation of 3D facial expressions based on 3D facial movement measured by motion capture system and its evaluation,”Proc. of International Workshop on Advanced Image Technology 2014, pp.104 -109, Jan. 2014.
Hirofumi Asamizu, Koki Sugata, Yoshinori Inaba and Shigeru Akamatsu,“Age estimation by multi-regression analysis using the Gabor features that are strongly influenced by aging,”Proc. of International Workshop on Advanced Image Technology 2014, pp.84-88, Jan. 2014.
Ayumi Maruyama, Yoshinori Inaba, Hanae Ishi, Jiro Gyoba and Shigeru Akamatsu,“Is a different part of the face dominantly gazed at in different impression judgments?,”Proc. of International Workshop on Advanced Image Technology 2014, pp.42-46, Jan. 2014.
荒井雄大, 永田俊介, 稲葉善典, 赤松茂,“SVMを用いた印象変換ベクトル法による 3次元顔印象強調の試み,”映像情報メディア学会技術報告, Vol.38, No.7, pp.301-306, Feb. 2014.
村松将尚, 森藤夕騎, 稲葉善典, 赤松茂,“TOFカメラとWebカメラを用いた腕さし方向推定システム,”動的画像処理実利用化ワークショップ DIA2014 IS7-2, pp.283-286, March 2014.
K. Ogawa, I. O. Umeda, H. Fujii,“Accurate measurement of activities using artificial neural network in the simultaneous dual-isotope SPECT study”, Annual Meeting on European Congress of Radiology, DOI: 10.1594/ecr2013/C-0093, 2013.
K. Ogawa, M. Matsumoto, T. Maji, F.Kaibuki, T.Yamakawa,“Material Decomposition with a Photon Counting X-ray CT,”Annual Meeting on European Congress of Radiology, DOI: 10.1594/ecr2013/C-0092, 2013.
K. Usui, E. Kunieda, K. Ogawa,“The effect of region extraction accuracy on the dose calculation with CBCT images combined with MSCT images,”Annual Meeting on European Congress of Radiology, DOI: 10.1594/ecr2013/C-0648, 2013.
鬼山将, 彌冨仁, 尾川浩一,“非侵襲自律神経疾患計測のための外乱に強い電子瞳孔計の開発”, 電子情報通信学会誌, vol.J-96-D, No.4, pp.867-875, April 2013.
K. Ogawa, Y. Ozaku, Y. Ichimura,“Stationary brain SPECT imaging with a triple head gamma camera system,”Jounal of Nuclear Medicine, vol.54, Supplement 2, p.528, 2013.
Ryo Kamiya, Koichi Ogawa,“Aperture correction with an asymmetrically trimmed Gaussian weight in SPECT with a fan-beam collimator,”Annals of Nuclear Medicine, vol.27, No. 7, pp.661-668, DOI 10.1007/s12149-013-0733-5, August 2013.
K. Ogawa, R. Kamiya,“Correction of the Collimator Aperture Effect in Fan-beam SPECT System,”European Journal of Nuclear Medicine and Molecular Imaging, vol.40, No.2 p.S300, 2013.
K. Usui, T. Hiroki, K. Fujita, S. Kabuki, E. Kunieda, K. Ogawa,“A Study of 4D CBCT Reconstruction using Detection of the Target Position from 2D Projection Images,”Int’l J Radiation Oncology vol.87, No.25, p.S702, 2013.
Keisuke Usui, Shigeto Kabuki, Chie Kurokawa, Satoru Sugimoto, Keisuke Sasai, Etsuo Kunieda, Koichi Ogawa,“CBCT Image Reconstruction of a Moving Target with an On-board Imaging System for Radiation Therapy,”Conf. Record on IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference, DOI: 10.1109/NSSMIC.2013.6829337, 2013.
Junpei Yamamoto, Masatoshi Yanase, Koichi Ogawa, Akitoshi Katsumata,“Extraction of cervical vertebrae from panoramic x-ray images,”Conf. Record on IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference, DOI: 10.1109/NSSMIC.2013.6829282, 2013.
Koichi Ogawa, Yuta Ichimura, Takanori Donai, Izumi Umeda, Hirofumi Fujii,“Multi-head gamma camera system with CdZnTe semiconductor detectors,”Conf. Record on IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference, DOI: 10.1109/NSSMIC.2013.6829082, 2013.
Takeshi Maji, Mariko Matsumoto, Futoshi Kaibuki, Koichi Ogawa,“Material decomposition using a singular value decomposition method,”Conf. Record on IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference, DOI: 10.1109/NSSMIC.2013.6829379, 2013.
Mariko Matsumoto, Futoshi Kaibuki, Koichi Ogawa,
“K-edge Imaging with a Photon Counting CT System,”Conf. Record on IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference, DOI: 10.1109/NSSMIC.2013.6829299, 2013.
Futoshi Kaibuki, Mariko Matsumoto, Koichi Ogawa,
“Evaluation of CT images in the very low x-ray flux with a photon counting Detector with a CdTe semiconductor,”Conf. Record on IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference, pp.1-4, DOI: 10.1109/NSSMIC.2013.6829120, 2013.
臼井桂介, 国枝悦夫, 尾川浩一,“適応的放射線治療のためのCBCT画像を用いた放射線治療計画の評価”, Medical Imaging Technology, Vol.30, No.4, September, pp.231-239, 2013.
Koichi Ogawa, Junpei Yamamoto, Masatoshi Yanase, Akitoshi Katsumata,“Removal of the Shadow of Cervical Vertebrae from Panoramic X-ray Images with a Tomosynthesis Method,”Open Journal of Medical Imaging, Vol.3, No.4, pp.156-164, December, 2013 DOI: 10.4236/ojmi.2013.34023.
尾川浩一,“核医学技術の基礎—ガンマカメラにおけるコリメータの基礎”, 臨床核医学, vol.47, No.1, pp.9-12, 2014.
尾川浩一,“フォトンカウンティング CT”, 医学物理, vol.33, No.3, pp.105-111, Jan. 2014.
Koichi Ogawa, Junpei Yamamoto, Masatoshi Yanase, Akitoshi Katsumata,“Registration of Two Dental Panoramic Radiographs,”Open Journal of Medical Imaging, Vol.4, No.1, pp.4-13, March, 2014 DOI: 10.4236/ojmi.2014.41002.
臼井桂介, 黒河千恵, 杉本聡, 株木重人, 国枝悦夫, 笹井啓資, 尾川浩一,“放射線治療用イメージングシステムを用いた動きを伴う標的に対するCBCT画像再構成 ”, Med Imag Tech, vol.32, No.2,pp.132-142, March 2014.
尾川浩一:“半導体 SPECT システムの特徴と課題”, RadFan,vol.11, No.13, pp.18-21, Nov 2013.
K. Ogawa, Y. Ozaku, Y. Ichimura,“Stationary brain SPECT imaging with a triple head gamma camera system,”Annual meeting of Society of Nuclear Medicine, June 8-12, Vancouver (Canada), 2013.
K. Usui, T. Hiroki, K. Fujita, S. Kabuki, E. Kunieda, K.Ogawa,“A Study of 4D CBCT Reconstruction using Detection of the Target Position from 2D Projection Images,”2013 Annual Meeting of the American Society for Radiation Oncology(ASTRO), Atranta (USA), Int’l J Radiation Oncology vol.87, No.25, p.S702, September 22-25, 2013.
K. Ogawa, R. Kamiya,“Correction of the Collimator Aperture Effect in Fan-beam SPECT System,”Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine, Lyon(France), October 19 – 23, 2013.
Keisuke Usui, Shigeto Kabuki, Chie Kurokawa, Satoru Sugimoto, Keisuke Sasai, Etsuo Kunieda, Koichi Ogawa,“CBCT Image Reconstruction of a Moving Target with an On-board Imaging System for Radiation Therapy,”IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference, Seoul (Korea) Oct.27-Nov.2, 2013.
Junpei Yamamoto, Masatoshi Yanase, Koichi Ogawa, Akitoshi Katsumata,“Extraction of cervical vertebrae from panoramic x-ray images,”IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference, Seoul (Korea) Oct.27-Nov.2, 2013.
Koichi Ogawa, Yuta Ichimura, Takanori Donai, Izumi Umeda, Hirofumi Fujii,“Multi-head gamma camera system with CdZnTe semiconductor detectors,”IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference, Seoul (Korea) Oct.27-Nov.2, 2013.
Takeshi Maji, Mariko Matsumoto, Futoshi Kaibuki, Koichi Ogawa,“Material decomposition using a singular value decomposition method,”IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference, Seoul (Korea) Oct.27-Nov.2, 2013.
Mariko Matsumoto, Futoshi Kaibuki, Koichi Ogawa,“K-edge Imaging with a Photon Counting CT System,”IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference, Seoul (Korea) Oct.27-Nov.2, 2013.
Futoshi Kaibuki, Mariko Matsumoto, Koichi Ogawa,“Evaluation of CT images in the very low x-ray flux with a photon counting Detector with a CdTe semiconductor,”IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference, Seoul (Korea) Oct.27-Nov.2, 2013.
谷本茂明, 関良明, 岩下基, 佐藤周行, 金井敦,“ビッグデータを活用したサービスに関するリスクアセスメント,”電子情報通信学会論文誌 A, J96-A(4), pp.189-194, 2013.
Shigeaki Tanimoto, Chihiro Murai, Yosiaki Seki, Motoi Iwashita, Shinsuke Matsui, Hiroyuki Sato, and Atsushi Kanai,“A Study of Risk Management in Hybrid Cloud Configuration,”Springer, Computer and Information Science, vol.493, pp.247-257, 2013.
斉藤典明, 金井敦,“業務の引継ぎを容易にするスケジューラ連動型組織知識継承基盤,”情報処理学会論文誌, Vol.55, No.1, pp.127-142, 2014.
Yuuki Kajiura, Atsushi Kanai, Shigeaki Tanimoto, and Hiroyuki Sato,“A File-distribution Approach to Achieve High Availability and Confidentiality for Data Storage on Multi-cloud,”IEEE 37th Annual Computer Software and Applications Conference Workshops, SAPSE 2013, pp.212-217, 2013.
Shigeaki Tanimoto, Yorihiro Sakurada, Yosiaki Seki, Motoi Iwashita, Shinsuke MATSUI, Hiroyuki Sato, and Atsushi Kanai,“A Study of Data Management in Hybrid Cloud Configuration,”14th IEEE/ACIS, SNPD2013, pp.381-386, 2013.
Daisuke Obata, Shigeaki Tanimoto, Shinsuke Matsui, Hiroyuki Sato, Atsushi Kanai,“Business Continuity Planning / Disaster Recovery Configuration for Deployment with Cloud Computing,”Proceedings of the 7th International Conference on Project Management (ProMAC 2013), pp.691-698, Hanoi, Vietnam, November 6-9, 2013.
Shoichi Yoneda, Shun Makino, Shigeaki Tanimoto, Hiroyuki Sato, Atsushi Kanai,“Information Security Management System with Physical Security – Improvement of Risk Recognition Function with Multi-sensor -,”Proceedings of the 7th International Conference on Project Management (ProMAC 2013), pp.557-564, Hanoi, Vietnam, November 6-9, 2013.
青山尚史, 折茂潤一, 金井敦,“標的型攻撃メール対策を目的として送信者認証の提案,”情報処理学会, マルチメディア通信と分散処理ワークショップ, pp104-107, Nov., 2013.
上村宗嗣, 金井敦, 本茂明, 佐藤周行,“偽装PC環境によるアクティブ・プロテクト方式の提案,”マルチメディア通信と分散処理ワークショップ, pp100-103, Nov., 2013.
M. Shinagawa, A. Sasaki, A. Furuya, H. Morimura, and K. Aihara,“Compact Electro-Optic Sensor Module for Intra-Body Communication Using Optical Pickup Technology,”Jpn. J. Appl. Phys., vol. 52, no. 9S2, 09LA03, Sep. 2013.
A. Furuya, A. Sasaki, H. Morimura, K. Aihara, and M. Shinagawa,“Electro-Optical Sensor Fabricated Using a Bulk Cleavage Technique and Its Characteristics for Near-Field Intra-body Communication,”Jpn. J. Appl. Phys., vol. 52, no. 9S2, 09LA04, Sep. 2013.
Tadashi Minotani and Mitsuru Shinagawa,“Methods of Estimating Return-Path Capacitance in Electric-Field Intrabody Communication,”IEICE TRANSACTIONS on Communications, vol. E97-B, no. 1, pp. 114-121, Jan. 2014.
Mitsuru Shinagawa, Jun Katsuyama, Kazuki Matsumoto, Shinya Hasegawa, Ryo Sugiyama, and Yuichi Kado,“Noise Analysis for Intra-body Communication based on Parasitic Capacitance Measurement,”Measurement, Elsevier, vol. 51, pp. 206-213, Feb. 2014.
Mitsuru Shinagawa, Jun Katsuyama, Kazuki Matsumoto, Shinya Hasegawa, Takashi Yanase, Ryo Sugiyama, and Yuichi Kado,“Noise Analysis for Near-Field Intra-body Communication Systems,”2013 IEEE International Instrumentation and Measurement Technology Conference, I2MTC, S4A, May 2013, Minneapolis, USA.
Jun Katsuyama, Kazuki Matsumoto, Shinya Hasegawa, Hoshio Seki, Mitsuru Shinagawa, Yoshiki Yanagisawa,“Electric Near Field Measurement of Organic Photovoltaic Using Electro Optic Probe,”INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON OPTICAL MEMORY 2013, ISOM2013, Tu-I-17, Aug. 2013, Yonsei University, Korea.
Kazuki Matsumoto, Jun Katsuyama, Yusuke Ido, Mitsuru Shinagawa, Yuichi Kado,“Induced Signal Measurement on Human Body Independent of Instrumentation Ground Using Optical Technique,”INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON OPTICAL MEMORY 2013, ISOM2013, Tu-I-19, Aug. 2013, Yonsei University, Korea.
Akinori Furuya, Aiichiro Sasaki, Hiroki Morimura, Osamu Kagami, Mitsuru Shinagawa,“EO Sensor Module Fabrication for Near-Field Intra-Body Communication,”INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON OPTICAL MEMORY 2013, ISOM2013, We-J-03, Aug. 2013, Yonsei University, Korea.
Ryo Sugiyama, Yuki Hayashida, Jun Katsuyama, Kazuki Matsumoto, Yusuke Ido, Mitsuru Shinagawa and Yuichi Kado,“Signal Analysis of Wearable Transmitter for Intra-body Communication,”Bodynets 2013, S6-3, Oct. 2013, Boston, USA.
Masaki Ishida, Tomonori Nakamura, Mami Nozawa, Naoto Watanabe, Hitoshi Shimasaki, Yuichi Kado, and Mitsuru Shinagawa,“Signal Propagation Characteristics between Transceivers on Human Body for MHz-Band Near-Field Coupling Communication,”Bodynets 2013, S6-4, Oct. 2013, Boston, USA.
Yuki Terawaki, Taketo Shimohigoshi, Makoto Watanabe, Toshiyuki Kamada, Yasushi Kodama and Kazuo Yana,“Design and Development of e-Portfolio using Gamification to Increase Engagement,”Proc. 19th International Conferene on Distance Education Technology DET2013, pp. 95-99, Aug. 2013.
Toshihiro Nishibe, Koichiro Yamashiro, Kazuo Yana and Takuya Ono,“T-wave Alternans Search over 24 Hour Holter ECG Recordings based on Singular Value Decomposition,”Proc. 35th Annual International Conference of the IEEE EMBS, pp. 2076-2079, July. 2013.
山下雅人, 上田崇介, 八名和夫,“グローバルIXトラヒック収集・分析・公開システムの開発,”電子情報通信学会技術研究報告, Vol. 113, No. 245, pp.55-60, Oct., 2013.
Kotoko Tanaka, Kenji Yodogawa, Takuya Ono, Kazuo Yana, Masaaki, Miyamoto, Hirotsugu Atarashi, Takao Kato & Kyoichi Mizuno,“Greater insulin resistance indicates decreased diurnal variation in the QT interval in patients with type 2 diabetes,”Heart and Vessels, Vol. 29, No. 2, pp.256-262, March, 2014.
Xiang Li, Lei Li, Ziyou Gao, Tao Tang and Shuai Su,“Train Energy-Efficient Operation with Stochastic Resistance Coefficient”, International Journal of Innovative Computing, Information and Control, Vol.9, No.8, pp. 3471-3483, August, 2013.
Bo Peng and Lei Li,“QoS Multicast Routing Algorithm Based on Genetic Algorithm and Ant Colony Optimization”, INFORMATION, Vol.16, No.10, pp.7717-7731, October, 2013.
Bo Peng and Lei Li,“A QoS Multicast Routing Algorithm Based on ACO Algorithm”, The Sixth International Conference on Information, May 8-11, 2013, Tokyo, Japan.
Lei Li (Keynote Speech),“On the QoS Multicast Routing Problem Based on Intelligent Algorithm”, 2013 International Conference on Green Building, Materials and Civil Engineering / 2013 International Conference on Materials, Transportation and Environmental Engineering, August 22-23, 2013, Taichung, Taiwan.
Lei Li (Plenary Talk),“On the QoS Multicast Routing Problem Based on Intelligent Algorithms”, The 14th International Symposium on Advanced Intelligent Systems, November 13-16, 2013, Daejeon, Korea.
A.K.M.M. Islam, K. Wada, W. Chen, Dynamic cluster-based architecture and data congregation protocols for wireless sensor network, International Journal of Innovative Computing, Information and Control(IJICIC), 9, 10, 4085-4100 (Oct. 2013).
Self-stabilizing DAG-constructing protocols with application to geocast in MANET, K. Ito, Y. Katayama, K. Wada, N. Takahashi, 15th International Symposium of Stabilization, Safety, and Security of Distributed Systems (SSS 2013), LNCS 8255, 273-375 (Nov.2013).
K. Wada, Y. Katayama, On Gathering and Circle Formation for Solid Robots, Research meeting on Distributed Computing by Mobile Robots (MAC 2013), (Jul. 2013) (Invited Talk).
N. Mansoor, A.K.M. Islam, S. Baharun, S. Komaki, K. Wada, CoAd: A cluster based adhoc cognitive radio networks architecture with broadcasting protocol, 2013 2nd International Conference on Informatics, Electronics, & Vision (ICEIV), (2013).
A.K.M. Islam, A. Zeb, K. Wada, Communication protocols on dynamic cluster-based wireless sensor network, 2013 2nd International Conference on Informatics, Electronics, & Vision (ICIEV). 2013 (2013) 1-6.
藤井章博, 中山真樹,“RESTful Web APIによる商品カタログ相互利用サービス,”情報処理学会論文誌デジタルプラクティス, vol. 4, no. 4, pp. 386-393, Oct. 2013.
藤井章博, 清水宏泰,“Semantic RESTによるRDFデータの活用”, 情報処理学会論文誌, vol. 22, no.2, Jan. 2014.
藤井章博“技術文書に見るインターネット要素技術の動向”, 科学技術動向, 文部科学省科学技術・学術政策研究所月報, 142巻, 2014年1・2月号.
Akihiro FUJII, Shusaku EGAMI, Hiroyasu SHIMIZU,“EDI support with LOD”Proceedings of Joint International Workshop on Linked Data in Practice and Practical Application of Ontology for Semantic Data Engineering, Nov. 2013.
Reiko Suzaki, Sumiko Ishizaki, Hitoshi Iyatomi and Masaru Tanaka “Age-related prevalence of dermatoscopic patterns of acral melanocytic nevi,”, Dermatology Practical & Conceptual, Vol.4, No.1, pp.53-57, 2014.
Kohei Shimizu, Hitoshi Iyatomi, M.Emre Celebi and Kerri-Ann Norton,“Extension of automated melanoma screening for non-melanocytic skin lesions,”International Journal of Intelligent Systems Technologies and Applications, Vol.50, No.1-2, pp.122-130, 2014.
鬼山 勝, 彌冨 仁, 尾川浩一,“非侵襲自律神経疾患計測のための外乱に強い電子瞳孔計の開発”, 電子情報通信学会論文誌D-I, Vol.86, No.4, pp.867-875, 2013.
Hitoshi Iyatomi, Jun Hashimoto, Fumihito Yoshii, Toshiki Kazama, Shuichi Kawada and Yutaka Imai,“Accurate discrimination of Alzheimer’s disease from other dementia and/or normal sujects using SPECT specific volume analysis,”Proc. SPIE Medical Imaging Conference 2014, Vol.9035, doi:10.1117/12.2044011, Feb. 2014, San Diego, USA.
Kazuhiro Mukai and Hitoshi Iyatomi,“A preliminary study for fully automated quantification of paoriasis severity using image mapping,”Proc. SPIE Medical Imaging Conference 2014, Vol.9035, doi: 10.1117/12.2043446, Feb. 2014, San Diego, USA.
Kenzo Kitajima and Hitoshi Iyatomi,“Preliminary experiments on quantification of skin condition,”Proc. SPIE Medical Imaging Conference 2014, Vol.9037, doi: 10.1117/12.2044018, Feb. 2014, San Diego, USA.
Daiji Kosho and Hitoshi Iyatomi,“Registration and color calibration for dermoscopy images in time-course analysis,”Proc. SPIE Medical Imaging Conference 2014, Vol.9035, doi: 10.1117/12.2044019, Feb. 2014, San Diego, USA.
Gerald Schaefer, Bartosz Krawczyk, M. Emre Celebi and Hitoshi Iyatomi,“Melanoma classification using dermoscopy imaging and ensemble learning,”Proc. 2nd IAPR Asian Conference on Pattern Recognition (ACPR2013), pp.386-390, Nov. 2013, Okinawa, Japan.
Yuji Ikuma and Hitoshi Iyatomi,“Production of the grounds for melanoma classification using adaptive fuzzy inference neural network,”Proc IEEE System, Man and Cybernetics (SMC2013), pp.2570-2575, Oct. 2013, Manchester, UK.

国内の研究会での発表など

荒井雄大, 永田俊介, 稲葉善典, 赤松茂,“多数の3次元表情顔からの新規人物の表情顔生成,”2013年度画像電子学会第41回年次大会, June 2013, リンクステーションホール青森.
Ayumi Maruyama, Yoshinori Inaba, Hanae Ishi, Jiro Gyoba and Shigeru Akamatsu,“Does the visual perception strategy differ during impression judgments of faces in different individual attributes?,”36th European Conference on Visual Perception, Aug. 2013, Bremen, Germany.
Shunsuke Nagata, Yudai Arai, Yoshinori Inaba and Shigeru Akamatsu,“Does reproduction of more precise spatiotemporal dynamics for 3D avatar faces increase the recognition accuracy of facial expressions?,”36th European Conference on Visual Perception, Aug. 2013, Bremen, Germany.
荒井雄大, 永田俊介, 稲葉善典, 赤松茂,“顔の3次元モーフィングモデルにもとづく異なる表情の印象生成,”第18回日本顔学会大会フォーラム顔学2013, P2-14, Nov. 2013, 東北大学.
淺水宏文, 菅田幸希, 稲葉善典, 赤松茂,“顔画像からの年齢推定—加齢変化の影響が大きいGabor特徴成分の重回帰分析—,”第18回日本顔学会大会フォーラム顔学2013, P2-15, Nov. 2013, 東北大学.
永田俊介, 稲葉善典, 赤松茂,“3次元顔のモーフィングモデルとモーションキャプチャによる動き計測の融合による動的な3次元顔表情生成の評価,”第18回日本顔学会大会フォーラム顔学2013, P2-16, Nov. 2013, 東北大学.
岩佐香織, 永田俊介, 稲葉善典, 赤松茂,“異なる表情間での顔面の疎な特徴点の動的変位情報の分析,”第18回日本顔学会大会フォーラム顔学2013, P2-17, Nov. 2013, 東北大学.
丸山阿弓, 稲葉善典, 伊師華江, 行場次朗, 赤松茂,“顔画像に対する異なる印象判断時の眼球運動較—停留点と停留時間の分析—,”第18回日本顔学会大会フォーラム顔学 2013, P2-18, Nov. 2013, 東北大学.
橋本順, 尾川浩一, 佐々木貴浩, 今井 裕,“人工ニューラルネットワークを用いた散乱線補正法の脳血流SPECTへの応用”, 第72回日本医学放射 線学会総会, 2013/4/11-4/14(横浜).
松本真梨子, 小林透, 貝吹太志, 尾川浩一, 山河勉, 長野竜也,“フォトンカウンティング CT による媒質の線減衰係数の測定”, 第105回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理, vol.33, sup.1, p.70), 2013/4/11-4/14(横浜).
山本純平, 柳瀬匡利, 貝吹太志, 尾川浩一, 山河勉, 長野竜也,“歯科パノラマX線画像におけるトモシンセシス法を用いた障害陰影の除去”, 第105回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理, vol.33, sup.1, p.65), 2013/4/11-4/14(横浜).
馬路武志, 貝吹太志, 尾川浩一, 山河勉, 長野竜也,“フォトンカウンティング型CTを用いた媒質分離”, 第105回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理, vol.33, sup.1, p.111), 2013/4/11-4/14(横浜).
貝吹太志, 松本真梨子, 尾川浩一, 村田乾, 橋本大 輔, 長野竜也, 山河勉,“検出器ギャップを含む不完全投影データからのCT画像の再構成”, 第105回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理, vol.33, sup.1, p.80), 2013/4/11-4/14(横浜).
Keisuke Usui, Tomoyuki Hiroki, Kenta Fujita, Shigeto Kabuki, Etsuo Kunieda, Koichi Ogawa,“Basic study of 4D CBCT reconstruction using the detection of the
target position from 2D projection images.”第105回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理, vol.33, sup.1, p.47), 2013/4/11-4/14(横浜).
尾川浩一,“photon counting CT”, JRC合同シンポジウム「進化する画像モダリティとその臨床応用および今後の展望」第105回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理, vol.33, sup.1, p.3), 2013/4/11-4/14(横浜).
勝又明敏, 尾川浩一, 長野竜也, 山河勉,“パノラマトモシンセシス法による頸椎正面像の描出”,日本歯科放射線学会第54回総会・学術大会, 2013/5/31-6/2(福岡).
尾川浩一,“半導体SPECTシステムの現状と課題”, 第23回日本心臓核医学会学術大会, 技術教育講演, (心臓核医学 vol.15, No.2, pp.40-41), 2013/6/29(東京)東京コンファレンスセンター, 品川.
市村雄太, 尾川浩一,“スタティックデータ収集型SPECTシステムの提案”第32回日本医用画像工学会大会CD-ROM, 3 pages, 2013/8/1-3(東京).
臼井桂介, 黒河千恵, 杉本聡, 株木重人, 国枝悦夫, 笹井啓資, 尾川浩一,“動態位置の時相情報に基づいた4D CBCT画像再構成の基礎検討”, 第32回日本医用画像工学会大会CD-ROM, 7 pages, 2013/8/1-3(東京).
貝吹太志, 松本真梨子, 尾川浩一,“歯科用CT装置に要求されるフラットパネル検出器の性能”, 第106回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理, vol.33, sup.3, p.87), 2013/9/16-18(大阪).
尾川浩一,“スタティック収集を実現するSPECTシステム”, 放射線科学とその応用第186 委員会, 「医用放射線イメージングの最前線」, 第9回研究会資料, p.13-23, 2013/11/6(稲毛).
橋本順, 彌冨仁, 山室博, 川田秀一, 風間俊基, 今井裕, 尾川浩一, 吉井文均,“eZISとVSRADの疾患特異領域解析を併用したアルツハイマー病の診断”, 第53回日本核医学会学術総会(核医学, vol.50, No.3, p.190), 2013/11/8-10(福岡).
尾川浩一,“3検出器システムによるマルチピンホール脳SPECTの提案”, 第53回日本核医学会学術総会(核医学, vol.50, No.3, p.237), 2013/11/8-10(福岡).
尾川浩一, 梅田泉, 藤井博史,“半導体形マルチピンホール頭部SPECT システムの開発—実験による検討—”, 第53回日本核医学会学術総会(核医学, vol.50, No.3, p.237), 2013/11/8-10(北九州市).
尾川浩一,“半導体検出器の光と影”, シンポジウム講演, 第53回日本核医学会学術総会(核医学, vol.50, No.3, p.165)2013/11/8-10(福岡).
尾川浩一,“半導体カメラの基礎と将来展望”, 肥後核医学セミナー, 2013/11/26(熊本).
尾川浩一,“医学物理に必須となる画像工学の基礎 とその画像再構成への応用”, 順天堂大学医学物理インテンシブコース講演, 2013/12/14(東京).
米田翔一, 牧野駿, 谷本茂明, 佐藤周行, 金井敦,“動的リスク評価に基づくセキュリティ場の提案”, プロジェクトマネジメント学会 2013年度春季研究発表大会, pp.303-307, 2013.
見目悠平, 菊地修, 谷本茂明, 佐藤周行, 金井敦,“情報セキュリティマネジメントにおける保証レベルに関する検討 −CSIRT普及促進に資するLoA導入に関する検討−,”プロジェクトマネジメント学会 2013年度春季研究発表大会, pp.308-313, 2013.
小幡大輔, 谷本茂明, 佐藤周行, 金井敦,“BCPクラウド化に対する費用対効果に関する研究,”プロジェクトマネジメント学会2013年度春季研究発表大会, pp.314-317, 2013.
見目悠平, 谷本茂明, 菊池修, 杉浦芳樹, 佐藤周行, 金井敦,“CSIRTにおける人的資源管理方式に関する研究,”プロジェクトマネジメント学会2013年度秋季研究発表大会, pp.105-110, 2013.
Sato, H., Tanimoto, S., Kanai, A,“Dynamic and Fine Grained Control of Policies by XMLed Policy management,”SCIS2014, 3C2-1, Proc. SCIS 2014.
本間博礼, 金井敦, 谷本茂明, 佐藤周行,“人物フォーメーションを考慮した危険度定量化手法,”1A2-4, 暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS), 鹿児島, 1A2-4, Proc. SCIS 2014.
菊池尚也, 金井敦, 谷本茂明, 佐藤周行,“秘密分散を用いた複数クラウドのデータ管理方式,”暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS), 3C1-5, Proc. SCIS 2014.
五十嵐綾, 金井敦, 谷本茂明, 佐藤周行,“秘密分散を用いたセキュリティ強度可変プロトコルの提案,”暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS), 3F1-1, Proc. SCIS 2014.
Sato, H., Tanimoto, S., Kanai, A,“Dynamic and Fine Grained Control of Policies by XMLed Policy management,”暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS), 3C2-1, Proc. SCIS 2014.
横谷百合, 金井敦, 谷本茂明, 佐藤周行,“ダイナミックなクラウド選択のためのSLAのXML化に関する提案,”情報処理学会第158回DPS研究会, 2014.
荒谷光, 本間将紘, 金井敦, 斉藤典明,“IRCプロトコルを利用した攻撃者と感染端末の探索手法,”コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS2013)論文集, VOL2013. No.4 pp.139-146. Oct. 2013.
勝山純, 松本一輝, 杉山凌, 長谷川真也, 品川満, 柳澤幸樹,“電気光学プローブによる有機薄膜 太陽電池の故障診断,”電気学会 計測研究会, IM-14-026, 2014 年7月16日, 姫路.
電界通信装置, (矢板信, 川野龍介, 佐々木愛一郎, 石原隆子, 品川満, 落合克幸)特許第5462218号, 2014.1.24登録.
受信装置, (柴田信太郎, 川野龍介, 品川満, 森澤 文晴)特許第5417376号, 2013.11.22登録.
電界通信システム, (森澤文晴, 冠美恵子, 柴田信 太郎, 落合克幸, 品川満)特許第5331040号, 2013.8.2登録.
電界通信用送信モジュール及びトランシーバ, (美濃谷直志, 品川満)特許第5320179号, 2013.7.19登録.
接地用電界通信装置, (美濃谷直志, 溝田勉, 石原隆子, 品川満, 相原公久)特許第5314725号, 2013.7.12登録.
ユーザ認証方法, ユーザ認証システム, ユーザ端末, ユーザ認証装置, ユーザ端末用プログラム及びユー ザ認証装置用プログラム, (川辺秀樹, 細田泰弘, 池田実, 品川満, 小松尚久, 大木哲史)特許第5305289号, 2013.7.5登録.
電界通信端末, (美 濃谷直志, 品川満)特許第5303505号, 2013.6.28登録.
接地用電界通信装置, (美濃谷直志, 溝田勉, 石原 隆子, 品川満, 相原公久)特許第5300913号, 2013.6.28登録.
制御システム及び制御方法, (森澤文晴, 川野龍介, 品川満, 門勇一, 武藤伸一郎)特許第5300711号, 2013.6.28登録.
山下翔平, 金子隼也, 八名和夫,“相対心拍スペクトルを用いた自律神経活動状態の分類,”第48回日本生体医工学会生体信号計測解釈研究会, 12月16日, 於関東学院大学, 横浜市, 2013.
古谷真己, 佐藤慶, 八名和夫, 小野卓哉,“糖尿病 患者における心電図QT-RR間隔の共変性,”第48回日本生体医工学会生体信号計測解釈研究会, 12月16日, 於関東学院大学, 横浜市, 2013.
樋口直人, 西部俊広, 八名和夫, 小野卓哉,“心臓突然死リスクとRRI日内変動の関係,”第48回日本生体医工学会生体信号計測解釈研究会, 12月16日, 於関東学院大学, 横浜市, 2013.
八名和夫,“スプライン平滑化・カルマンフィルタを用いた心拍変動分析とその応用,”第8回動的心電図研究会, 於名古屋市ルーセントタワー, 7月25日, 2013.
Kei Sato, Masaki Furuya, Kazuo Yana, and Takuya Ono,“Weighted Spline Smoothing Technique Applied to the Circadian Trend Estimation for QT Intervals of Diabetic,”The 52nd Annual Conference of Japanese Society for Medical and Biological Engineering (JSMBE), 於 Osaka International Convention Center, July 6th, 2013.
Shunya Kaneko, Shohei Ymashita, and Kazuo Yana,“Individualized Autonomic State Classification based on Changes in Heart Rate Variability Indices,”The 52nd Annual Conference of Japanese Society for Medical and Biological Engineering (JSMBE), Osaka International Convention Center, July 6th, 2013.
Hirotaka Ishibashi, Masato Yamashita and Kazuo Yana,“Adaptive Prediction of JPIX Backbone Traffic on the day of Great East Japan Earthquake,”IEICE General conferemce 2013: BS-1 Network control and management technologies for next generation applications (English Session), Gifu City, May, 2013.
Lei Li and Chih-Cheng Hung,“Proceedings of the Sixth International Conference on Information”, International Information Institute, pp. 1-496, Tokyo, Japan, May 2013.
浅野, 岩野, 梅尾, 山下, 和田共訳, 世界標準MIT教科書アルゴリズムイントロダクション第3 版総 合版, T.コルメン, C.ライザーソン, R.リベスト, C.シュタイン共著, 近代科学社, (2013-12).
和田, [フェロー受賞記念講演]VLSI設計とビッグデータ—量が質を変えるとき, 電子情報通信学会コンピュテーション研究会, COMP2013-67, 51, (2014-03).
伊藤, 片山, 和田, 共通座標系を有しないグリッド平面上におけるファットロボットの集合について, 第9回情報科学ワークショップ予稿集, 71-78, (2013-09).
小林, 上村, 和田, アセンブリ言語教育のためのCASLIIシミュレータ調査と比較, 第9回情報科学ワークショップ予稿集, 31-34 (2013-09).
K. Wada, T. Izumi, On parallel complexity of MapReduce Computation, 電子情報通信学会コンピュテーション研究会, COMP2013-17, 143-148, (2013-05).
江上周作, 清水宏泰, 藤井章博, 「ねじLOD」Linked Open Data チャレンジ Japan 2013 データセット部門最優秀賞, 2014年3月.
藤井章博,“リニア時代の科学技術予測調査結果報告”未来予測調査ワークショップ, 2013年11月3日, 恵那市役所(岐阜県).
太田宏基, 平原誠:両眼視の状況下でのコラム構造の自己組織化.電子情報通信学会総合大会予稿集, p.258, 2014年3月.
蔡詩祐, 平原誠:連続空間における信頼度予測を用いた強化学習.電子情報通信学会総合大会予稿集, p.259, 2014年3月.
大木奎一, 彌冨仁,“Random Forestを用いたメラノーマ識別に関する基礎検討”, 2014年電子情報通信学会総合大会2014年3月20日(新潟).
吉橋亮佑, 彌冨仁,“講義への集中度の評価指標構築に向けた基礎的な検討”, 2014 年電子情報通信学会総合大会2014年3月18日(新潟).
橋本順, 彌冨仁, 山室博, 川田秀一, 風間俊基, 今井裕, 尾川浩一, 吉井文均,“eZISとVSRADの疾患特異領域解析を併用したアルツハイマー病の診断”, 第53回日本核医学会総会, 2013年11月9日(福岡).
北島健蔵, 彌冨仁,“肌状態の定量指標構築に向けた基礎的な検討”, 第12回情報科学技術フォーラム, 2013年9月6日(鳥取).
平田智, 彌冨仁,“顔の魅力の定量化への試み”, 第12回情報科学技術フォーラム, 2013年9月4日,(鳥取).
彌冨仁,“早期発見と診断支援を目指したメラノ ーマ自動識別システム”, イノベーションジャパン2013, 2013年8月29-30日, (台場, 東京).


2012年度

原著論文および国際会議論文

Takahiro Mizumoto and Shigeru Akamatsu,”Visual Human Monitoring System Based on Cooperative Operation of Omni-directional and PTZ Cameras,”Proc. of 2012 International Workshop on Advanced Image Technology(IWAIT 2012), pp.884-888, Jan. 2012.

Shunta Yamamoto, Kaori Iwasa, Yoshinori Inaba and Shigeru Akamatsu,”Discrimination of Facial Expression using Trajectory of Feature Points Obtained by Motion Capture System,” Proc. of 2012 International Workshop on Advanced Image Technology(IWAIT 2012), pp.706-710, Jan. 2012.

岩佐香織, 山本俊太, 稲葉善典, 赤松茂,”顔特徴点の3次元動的変位情報による表情の識別,” 映像情報メディア学会技術報告, vol.36, N0.9, pp.91-95, Feb. 2012.

浅賀亮平, 黒田隆史, 菅田幸希, 稲葉善典, 赤松茂,”Gabor特徴を用いた顔画像からの年齢層識別‐年齢層識別に寄与する特徴量の評価‐,” 映像情報メディア学会技術報告, vol.36, N0.9, pp.97-100, Feb. 2012.

菅田幸希, 稲葉善典, 赤松茂,”Gabor特徴を用いた顔画像からの年齢層推定‐同一人物の加齢による影響を考慮した特徴選択‐,”Proc. of the Media Computing Conference 2012, CD-ROM, June 2012.

森藤夕騎, 稲葉善典, 赤松茂,”頭部の姿勢変動によるロバストな視線方向識別による視覚インタフェースの構築,”Proc. of the Media Computing Conference 2012, CD-ROM, June 2012.

菅田幸希, 淺水宏文, 稲葉善典, 赤松茂,”顔画像のGabor特徴による人物の年齢層推定‐特定人物の顔の加齢変化に注目した特徴選択の効果‐,”2012年映像情報メディア学会年次大会, 9-4, Aug. 2012.

山本俊太, 岩佐香織, 永田俊介, 稲葉善典, 赤松茂,”モーションキャプチャで計測される顔面のスパースな3次元情報による表情の違いの識別能力,”2012年映像情報メディア学会年次大会, 9-5, Aug. 2012

森藤夕騎, 村松将尚, 稲葉善典, 赤松茂,”視覚インタフェースのための頭部姿勢変動にロバストな視線方向識別手法の検討,”2012年映像情報メディア学会年次大会, 9-6, Aug. 2012.

Shunta Yamamoto, Kaori Iwasa, Shunsuke Nagata, Yoshinori Inaba and Shigeru Akamatsu,”Discrimination of Facial Expression using of Feature Points Obtained by Motion Capture System,” Proc. of the IIEEJ Image Electronics and Visual Computing Workshop 2012, CD-ROM, Nov. 2012.

丸山阿弓, 松山歩, 中村夏子, 稲葉善典, 伊師華江, 行場次朗, 赤松茂,”異なる印象判断時の顔画像観察における眼球運動比較‐停留点と停留時間の分析‐,”HCGシンポジウム2012, PP.12-15, HCG2012-Ⅰ-1-3, Dec. 2012.

天木毬江, 渡邊ちさ, 永田俊介, 山本俊太, 稲葉善典, 赤松茂,”多数の表情顔の3D形状に対する主成分分析に基づいた新規人物の表情生成の試み,” HCGシンポジウム2012, PP.450-454, HCG2012-Ⅳ-2-6, Dec. 2012.

永田俊介, 山本俊太, 岩佐香織, 稲葉善典, 赤松茂,”表情表出時の顔三次元形状の動的変化を記述する低次元パラメータの妥当性評価,” HCGシンポジウム2012, PP.455-460, HCG2012-Ⅳ-2-7, Dec. 2012.

菅田幸希, 淺水宏文, 稲葉善典, 赤松茂,”加齢変化の影響を受ける顔画像のGabor特徴を用いた年齢層推定,”HCGシンポジウム2012, PP.461-464, HCG2012-Ⅳ-2-8, Dec. 2012.

Shunta Yamamoto, Shunsuke Nagata, Kaori Iwasa, Yoshinori Inaba and Shigeru Akamatsu,”Discrimination of Facial Expressions Based on Dynamic 3D Features Measured by Motion Capture System and Rangefinder,” Proc. of 2013 International Workshop on Advanced Image Technology(IWAIT 2013), pp.988-993, Jan. 2013.

Yuki Morito, Masanao Muramatsu, Yoshinori Inaba and Shigeru Akamatsu,”Real-time Eye-direction Discrimination Scheme Robust against Head Pose Variation,” Proc. of 2013 International Workshop on Advanced Image Technology(IWAIT 2013), pp.983-987, Jan. 2013.

Koki Sugata, Hirofumi Asamizu, Yoshinori Inaba and Shigeru Akamatsu,”Age-group Estimation from Face Images using Gabor Features Strongly Influenced by Aging,” Proc. of 2013 International Workshop on Advanced Image Technology(IWAIT 2013), pp.978-982, Jan. 2013.

天木毬江, 渡邊ちさ, 永田俊介, 山本俊太, 稲葉善典, 赤松茂,”多数の表情顔から構築された3次元顔モーフィングモデルにもとづく新規人物の表情生成,” 映像情報メディア学会技術報告, Vol.37, No.8, pp.45-50, Feb. 2013.

丸山阿弓, 松山歩, 中村夏子, 稲葉善典, 伊師華江, 行場次朗, 赤松茂,”2次元顔画像に対する異なる印象判断時の眼球運動比較 ‐停留点と停留時間の分析‐,” 映像情報メディア学会技術報告, Vol.37, No.8, pp.61-64, Feb. 2013.

永田俊介, 天木毬江, 山本俊太, 稲葉善典, 赤松茂,”モーションキャプチャで得られる顔の動きを用いた動的な三次元顔表情の生成,” 映像情報メディア学会技術報告, Vol.37, No.8, pp.51-56, Feb. 2013

淺水宏文, 菅田幸希, 稲葉善典, 赤松茂,”加齢の影響が大きいGabor特徴成分を用いた顔画像からの年齢層推定,” 映像情報メディア学会技術報告, Vol.37, No.8, pp.57-60, Feb. 2013.

Koichi Ogawa, Toru Kobayashi, Futoshi Kaibuki, Tsutomu Yamakawa, Tatsuya Nagano, Daisuke Hashimoto, Hideyuki Nagaoka,”Development of an energy-binned photon-counting detector for X-ray and gamma-ray imaging,” Nucl Inst Meth Phy Res A 664, pp.29-37, 2012.

Koichi Ogawa, Masahiko Sakata and Yu Li,”Adaptive Noise Reduction of Scintigrams with a Wavelet Transform,” International Journal of Biomedical Imaging, vol.2012, Article ID 130482, 7 pages, doi:10.1155/2012/130482, 2012.

Keisuke Usui, Yasunobu Ichimaru, Yasuhiro Okumura, Katsuki Murakami, Makoto Seo, Etsuo Kunieda, Koichi Ogawa,”Dose calculation with a cone beam CT image in image-guided radiation therapy,” Radiol Phys Technol, DOI 10.1007/s12194-012-0176-z, August 2012.

Kerri-Ann Norton, Sameera Namazi, Nicola Barnard, Mariko Fujibayashi, Gyan Bhanot, Shridar Ganesan, Hitoshi Iyatomi, Koichi Ogawa, Troy Shinbrot,”Automated Reconstruction Algorithm for Identification of 3D Architectures of Cribriform Ductal Carcinoma In Situ,” PLoS ONE 7(9): e44011. doi:10.1371/journal.pone.0044011, September 6, 2012.

Takuya Yamakawa, Koichi Ogawa, Hitoshi Iyatomi, Etsuo Kunieda, Keisuke Usui, Naoyuki Shigematsu,”Motion detection system accelerated by GPU for stereotactic radiosurgery,” Med. Imag. Tech, vol.30, No. 5, pp.268-278, 2012.

Jun Hashimoto, Koichi Ogawa, Jingming Bai, Atsushi Kubo, Yutaka Imai,”Simultaneous dual-isotope imaging based on an artificial neural network for evaluating myocardial perfusion and fatty acid metabolism,” J. Nucl. Cardiol. DOI 10.1007/s12350-013-9699-x, Vol. 20, No. 3, pp.396-405,2013.

尾川浩一:”Radiation Literacy”, JIRA会報,vol.193, pp.74-76, Jan 2012.

尾川浩一:”イメージング技術がもたらす診療技術革新”, 映像情報メディカル, vol.44, No.6, pp.586-588, June 2012.

尾川浩一:”半導体SPECT装置の開発と今後の展望”, Isotope News, vol.700, pp.2-6, Aug 2012.

尾川浩一:”フォトンカウンティングCT技術の開発と臨床応用の可能性”, 映像情報メディカル, vol.44, No.13, pp.1160-1163, Dec 2012.

T. Masubuchi, K. Ogawa, S. Kabuki, T. Tanimori,”Improvement of Image Quality in the Advanced Compton Camera,” World congress on medical physics and biomedical engineering, IFMBE proceedings 39, pp.1076-1079, 2012.

K. Matsumoto, K. Ogawa,”Determination of the Optimum Threshold Value in a Denoising Method with a Wavelet Transform,” World congress on medical physics and biomedical engineering, IFMBE proceedings 39, pp.1121-1124, 2012.

Y. Kanai, K. Ogawa, F. Kaibuki, A. Katsumata, T. Nagano, D. Hashimoto, H. Nagaoka, T. Yamakawa,”Diagnosis of Periodontitis with the Energy Information in Dental Panoramic Image,” World congress on medical physics and biomedical engineering, IFMBE proceedings 39, pp.1117-1120, 2012.

M. Yanase, K. Ogawa, F. Kaibuki, A. Katsumata, T. Nagano, D. Hashimoto, H. Nagaoka, T. Yamakawa,”Quantitative Measurement of Physical Value of Materials with a Dental Panoramic Radiograph,” World congress on medical physics and biomedical engineering, IFMBE proceedings 39, pp.1113-1116, 2012.

K. Usui, A. Kihara, Y. Ichimaru, Y. Okumura, K. Murakami, E. Kunieda, K. Ogawa,”Evaluation on Pixel Value Conversion Methods for Dose Calculation with Kilo-Voltage Cone Beam CT Images,” World congress on medical physics and biomedical engineering, IFMBE proceedings 39, pp.1783-1786, 2012.

Takanori Donai, Koichi Ogawa, Yoshiyuki Nyui, Masahiro Fukushi,”Development of a Multi-pinhole Brain SPECT System with CdZnTe Semiconductor Detectors,” Conf. Record on IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference, pp.3134-3137, Anaheim, (USA) Oct.27-Nov.3, 2012

Toru Kobayashi, Koichi Ogawa, Futoshi Kaibuki, Tsutomu Yamakawa, Tatsuya Nagano, Daisuke Hashimoto,”Accuracy of Linear Attenuation Coefficients Measured with a Photon Counting CT System,” Conf. Record on IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference, pp.3596-3599, Anaheim, (USA) Oct.27-Nov.3, 2012.

Yu Li, K. Ogawa,”Evaluation of a noise reduction method with a wavelet transform for low dose x-ray images using the channelized Hotelling observer,” International Forum on Medical Imaging in Asia (IFMIA) Daejeon(Korea) (CD-ROM) 11/16-17, 2012.

Ryo Kamiya, Koichi Ogawa,”Improvement of the spatial resolution in a fanbeam SPECT,” International Forum on Medical Imaging in Asia (IFMIA) Daejeon(Korea) (CD-ROM)11/16-17, 2012

Masaru Kiyama, Hitoshi Iyatomi, and Koichi Ogawa,” Development of Robust Video-oculography System for Non-invasive Autonomic Nerve Quantification,” Proc. IEEE EMBS International Conference on Biomedical Engineering and Sciences, pp.853-856, 2012.

Kerri-Ann Norton, Sameera Namazi, Mariko Fujibayashi, Shridar Ganesan, Nicola Barnard, Hitoshi Iyatomi, Koichi Ogawa, Gyan Bhanot, Troy Shinbrot,”3D Architecture of Ductal Carcinoma in Situ from Image Reconstructions,” Proc. IEEE EMBS International Conference on Biomedical Engineering and Sciences, pp.631-635, 2012.

K. Ogawa, I. O. Umeda, H. Fujii,”Accurate measurement of activities using artificial neural network in the simultaneous dual-isotope SPECT study”, Annual Meeting on European Congress of Radiology, DOI: 10.1594/ecr2013/C-0093 , Vienna(Austria), March 7-11, 2013

K. Ogawa, M. Matsumoto, T. Maji, F. Kaibuki, T. Yamakawa,”Material Decomposition with a Photon Counting X-ray CT,” Annual Meeting on European Congress of Radiology, DOI: 10.1594/ecr2013/C-0092 , Vienna(Austria), March 7-11, 2013.

K. Usui, E. Kunieda, K. Ogawa,”The effect of region extraction accuracy on the dose calculation with CBCT images combined with MSCT images,” Annual Meeting on European Congress of Radiology, DOI: 10.1594/ecr2013/C-0648 , Vienna(Austria), March 7-11, 2013.

Tatsuya Miyagami, Atsushi Kanai, Noriaki Saito,higeaki, Tanimoto, Hiroyuki Sato : Alteration Method of Schedule Information on Public Cloud, Proc. of ICDS 2012 (The Sixth International Conference on Digital Society), pp.132-139, Feb.2012.

Shigeaki TANIMOTO, Shinichi MIZUHARA, Msasahiko YOKOI, Hiroyuki SATO, Atsushi KANAI :Analysis of Security of PKI Operation with Multiple CP/CPS Based on Level of Assurance, Proc. of 2012 IEEE 36th International Conference on Computer Software and Applications Workshops, pp.100-105, July 2012.

Shigeaki Tanimoto, Masahiko Yokoi, Hiroyuki Sato, Atsushi Kanai :Quantifying Cost Structure of Campus PKI Based on Estimation and Actual Measurement, Journal of Information Processing, Vol. 20, No. 3, pp.640-648, July 2012.

Shigeaki Tanimoto, Daisuke Sakurai, Yosiaki Seki, Motoi Iwashita, Hiroyuki Sato, and Atsushi Kanai :Risk Management to User Perception of Insecurity in Ambient Service, Proc. of SNPD 2012: 13th ACIS International Conference on Software Engineering, pp.771-776, Aug 2012.

宮上 達矢, 横谷 百合, 金井 敦, 斉藤 典明, 谷本 茂明, 佐藤 周行:クラウドスケジュールサービスにおける日付偽装のための鍵共有方式の検討, マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集, vol.2012, No.4, pp284-291, Oct. 2012.

横谷 百合, 宮上 達矢, 金井 敦, 谷本 茂明, 佐藤 周行:クラウドスケジュールサービスにおける日付偽装のための鍵共有方式の検討, マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集, vol.2012, No.4, pp278-283, Oct. 2012.

斉藤典明, 金井敦:組織知識継承を実現する死蔵されない共有フォルダ構成法, 情報処理学会論文誌, Vo.54, No.1, pp295-308, Jan. 2013.
M. Shinagawa, J. Kobayashi, S. Yagi, and Y. Sakai,”Sensitive Electro-Optic Sensor Using KTa1-xNbxO3 Crystal”, Sensors and Actuators A: Physical, ELSEVIER, Vol. 192, No. 1, pp.42-48, 2013年1月.

A. Sasaki, T. Ishihara, N. Shibata, R. Kawano, H. Morimura, and M. Shinagawa,”Signal-to-Noise Ratio Analysis of a Noisy-Channel Model for a Capacitively Coupled Personal Area Network”, IEEE Transactions on Antennas and Propagation, Vol. 61, No. 1, pp.390-402, 2013年1月.

M. Shinagawa, A. Sasaki, A. Furuya, H. Morimura, and K. Aihara,”Cost-Effective Electro-Optic Sensor Module for Intra-body Communication Using Optical Pickup Technology”, International Symposium on Optical Memory, ISOM’12, Tu-I-16, pp.106-107, Tokyo, September, 2012.

A. Furuya, A. Sasaki, H. Morimura, K. Aihara, and M. Shinagawa,”EO sensor fabricated using a bulk cleavage technique and its characteristics for near-field intra-body communication”, International Symposium on Optical Memory, ISOM’12, Tu-I-17, pp.108-109, Tokyo, September, 2012.

Y. Kado, T. Kusunoki, T. Kobase, M. Takahashi, H. Shimasaki, and M. Shinagawa,”MHz-Band Human Centric Communication Technology Using Near-Field Coupling Mechanism”, European Conference on Antennas and Propagation (EuCAP 2012), CA02(3), pp.737-741, 26-30 March, 2012, Prague.

Y. Kado, T. Yanagawa, K. Nagata, T. Kobase, T. Kusunoki, R. Nagai, H. Ozaki, H. Shimasaki, and M. Shinagawa,”Transmission Characteristics Between Wearable and Embedded Transceivers Based on Near-Field Coupling”, European Conference on Antennas and Propagation (EuCAP 2012), P04(3), pp.3130-3133, 26-30 March, 2012, Prague.

Y. Kado, T. Kobase, T. Yanagawa, T. Kusunoki, M. Takahashi, R. Nagai, H. Ozaki, A. Hataya, H. Simasaki, and M. Shinagawa,”Human-Area Networking Technology Based on Near-Field Coupling Transceiver”, IEEE Radio Wireless Week (RWW2012), TU1B-2, 15-19 Jan. 2012, Santa Clara, CA, USA.

Toshihiro Nishibe, Kei Sato, Kunihiro Yoshino, Ryota Seki, Kazuo Yana, and Takuya Ono,”RR-QT Interval Trend Covariability for Sudden Cardiac Death Risk Stratification,” Proc. 34th Ann. Int. Conf. IEEE EMBS, pp.4287-4290, Aug. 2012.

Shunya Kaneko, Yutaka Yasumoto, Kazuo Yana,”Autonomic State Classification based on Incremental Heart Rate Spectra,” International Journal of Bioelectromagnetism, Vol. 15, No. 1, pp.65-70, Jan. 2013.

X. Li, C. Chien, L. Li, Z. Gao and L. Yang, Energy-Constraint Operation Strategy for High-Speed Railway, Inter. J of Innovative Computing, Information and Control, Vol.8, No.10(A), pp.6569-6584. October, 2012.

Bo Peng and Lei Li, A Method for QoS Multicast Routing Based on Genetic Simulated Annealing Algorithm, Inter. J of Future Generation Communication and Networking, Vol.5, No.1, 2012. pp.43-60.

Lei Li, (Plenary talk) Fast Algorithms for Page Rank, The 11th International Conference on Information and Management Sciences, Dunhuang, China, August, 2012.

Lei Li, (Invited talk) Fast Algorithms for Page Rank, Engineering Materials for Electronics, Communication and Construction 2012, Shanghai, China, August 2012.

Bo Peng and Lei Li, A Bandwidth-Delay Constrained Multicast Routing Algorithm Based on ACO Algorithm, 5th International Conference on Computer and Electrical Engineering, Hong Kong, October, 2012.

Lei Li, (Keynote speaker) Information Science and Innovation: Structure and Model of Algorithms, The 2nd International Conference on Engineering and Technology Innovation, Kaohsiung, Taiwan, November, 2012.

Lei Li, (Invited talk) Structure and Model of Algorithms, 2012 Workshop on Frontiers of Information Science and Technology, Shanghai, China, December, 2012.

T. Izumi, S. Souissi, Y. Katayama, N. Inuzuka, X. Defago, K. Wada, M. Yamashita, The gathering problem for two robots with unreliable compasses, SIAM Journal on Computing, 41, 1, 26-46 (Jan. 2012).

柴, 泉, 和田, 分割画像のグラフカットに基づく高速かつ省メモリな画像前景抽出, 電子情報通信学会和文論文誌D, J95-D, 3, 628-637 (Mar. 2012).
N. Banu, S. Souissi, T. Izumi, K. Wada, An improved Byzantine agreement algorithm for synchronous systems with mobile faults, International Journal of Computer Applications, 43, 22, 1-7 (April 2012).

S. Cai, T. Izumi, K. Wada , How to prove impossibility under global fairness: On space complexity of self-stabilizing leader election on a population protocol model, Theory of Computer Systems, 50, 3, 433-445 (Apr. 2012).

J. Hosoda, J. Hromkovic, T. Izumi,, H. Ono, M. Steinova, K. Wada, On the approximability and hardness of minimum topic connected overlay and its special instances, Theoretical Computer Science, 429, 20, 144-154 (Apr. 2012).

K. Yamamoto, T. Izumi, Y. Katayama, N. Inuzuka, K. Wada, The optimal tolerance of uniform observation error for mobile robot convergence, Theoretical Computer Science, 444, 27, 77-86 (July 2012).

A.K.M.M. Islam, K. Wada, J. Uchida, W. Chen, A better dynamic cluster-based structure of wireless sensor network for efficient routing, International Journal of Innovative Computing, Information and Control(IJICIC), 9, 10, 1-12 (Oct. 2013).

Ta. Izumi, To. Izumi, H. Ono, K. Wada, Minimum Certificate Dispersal with Tree Structures, 9th annual conference on Theory and Applications of Models of Computation, LNCS 7287, 548-559 (May 2012).

A.K.M.Islam, S. Baharun, K. Wada, An overview on dynamic wireless sensor network architectures, International Conference on Informatics, Electronics & Vision (ICIEV12),1-8 (May 2012).

M.Emre.Celebi, Quan Wen, Sae Hwang, Hitoshi Iyatomi and Gerald Schaefer: Lesion border detection in dermoscopy images using ensembles of thresholding methods, Skin Research and Technology, Vol.19, No.1, pp.252-258, Jan. 2013.

Takuya Yamakawa, Koichi Ogawa, Hitoshi Iyatomi, Etsuo Kunieda, Keisuke Usui, Naoyuki Shigematsu : Motion detection system accelerated by GPU for stereotactic radiosurgery, Medical Imaging Technology, Vol.30, No.5, pp.268-278, Oct.2012.

Kerri-Ann Norton, Sameera Namazi, Nicola Barnard, Mariko Fujibayashi, Gyan Bhanot, Shridar Ganesan, Hitoshi Iyatomi, Koichi Ogawa, and Troy Shinbrot: An Automated Reconstruction Algorithm for Identification of 3D Architectures of Cribriform Ductal Carcinoma in Situ, PLoS ONE, Vol.7, No.9, e44011, Sep. 2012.

Kerri-Ann Norton, Hitoshi Iyatomi, M. Emre Celebi, Mizuki Sawada, Sumiko Ishizaki, Reiko Suzaki, Ken Kobayashi, Masaru Tanaka and Koichi Ogawa: Three-phase general border detection method for dermoscopy images using non-uniform illumination correction, Skin Research and Technology, Vol.18, No.3, pp.290-300, Aug. 2012.

Kerri-Ann Norton, Sameera Namazi, Nicola Barnard, Mariko Fujibayashi, Gyan Bhanot, Shridar Ganesan, Hitoshi Iyatomi, Koichi Ogawa, and Troy Shinbrot,”3D Architecture of Ductal Carcinoma in Situ From Image Reconstructions,” Proc. IEEE EMBS Conference on Biomedical Engineering (IECBES 2012), Langkawi, Malaysia, pp.631-635, Dec. 2012.

Masaru Kiyama, Hitoshi Iyatomi and Koichi Ogawa,”Development of Robust Video-oculography System for Non-invasive Autonomic Nerve Quantification,” Proc. IEEE EMBS Conference on Biomedical Engineering (IECBES 2012), Langkawi Malaysia, pp.853-856, Dec. 2012.

Kohei Shimizu, M.Emre Celebi, Kerri-Ann Norton and Hitoshi Iyatomi,”Extension of automated melanoma screening for non-melanocytic skin lesions,” 19th International Conference on Mechatronics and Machine Vision in Practice (M2VIP12), Auckland, New Zealand, pp.16-19, Nov. 2012.

M.Nakao, T.Honda, M.Hirahara: Hybrid neural networks of supervised leaning for the long-term memory of paired association tasks. Neuroscience 2012, 77-07, Oct, 2012.

Akihiro FUJII, Hiroyasu SHIMIZU, Katsuyuki AIHARA,”Color API as a RESTful Web service”, IEEE, i-Society 2012, International Conference Proceedings ,(2012年6月 於ロンドン).

Akihiro FUJII,”Standardization of Electronic Commerce in the Cloud Environment and Its Future Evolution”, PICMET 2012, International Conference of Engineering and Technology, (2012年7月 於バンクーバー).

国内の研究会での発表など

赤松茂・金子正秀(2013). コンピュータによる顔の印象の分析と合成 山口真美・柿木隆介(編) 顔を科学する 適応と障害の脳科学 東京大学出版会 pp.287-306.

Natsuko Nakamura, Ayumi Maruyama, Yoshinori Inaba, Hanae Ishi, Jiro Gyoba and Shigeru Akamatsu,”Comparing eye movements during impression judgment of faces in different personality traits: analysis of fixation locations and durations,” 35th European Conference on Visual Perception, Sept. 4 2012, Alghero, Italy.

森藤夕騎, 村松将尚, 稲葉善典, 赤松茂,”頭部の姿勢変動によらない視線方向識別手法の有効性の検証,”第17回日本顔学会大会 フォーラム顔学2012, P1-1, Oct. 2012, 東京電機大学.

丸山阿弓, 松山歩, 中村夏子, 稲葉善典, 伊師華江, 行場次朗, 赤松茂,”顔画像に対する異なる印象判断時の眼球運動比較-停留点と停留時間の分析-,”第17回日本顔学会大会 フォーラム顔学2012, P1-2, Oct. 2012, 東京電機大学.

菅田幸希, 淺水宏文, 稲葉善典, 赤松茂,”加齢変化に選択的に反応する顔画像のGabor特徴成分による年齢推定,” 第17回日本顔学会大会 フォーラム顔学2012, P1-3, Oct. 2012, 東京電機大学.

天木毬江, 渡邊ちさ, 山本俊太, 稲葉善典, 赤松茂,”3次元モーフィングモデルによる顔表情生成,”第17回日本顔学会大会 フォーラム顔学2012, P1-4, Oct. 2012, 東京電機大学.

永田俊介, 山本俊太, 岩佐香織, 稲葉善典, 赤松茂,”顔の三次元形状における特徴点を用いた表情識別,”第17回日本顔学会大会 フォーラム顔学2012, P1-5, Oct. 2012, 東京電機大学.

丸山阿弓, 赤松茂,”異なる印象判断時の顔画像観察における眼球運動比較 -停留点と停留時間の分析-,”2012年度イメージメディア合同研究発表会, 2012年12月22日, 工学院大学.

天木毬江, 赤松茂,”主成分分析に基づいた新規人物の表情生成,”2012年度イメージメディア合同研究発表会, 2012年12月22日, 工学院大学.

永田俊介, 赤松茂,”モーションキャプチャデータからの顔三次元形状推定,”2012年度イメージメディア合同研究発表会, 2012年12月22日, 工学院大学.

山本俊太, 永田俊介, 赤松茂,”モーションキャプチャで得られた顔面のスパースな三次元情報による表情の違いの識別能力,”2012年度イメージメディア合同研究発表会, 2012年12月22日, 工学院大学.

渡邊ちさ,天木毬江,赤松茂,”主成分分析に基づいた新規人物の表情生成,”2012年度イメージメディア合同研究発表会, 2012年12月22日, 工学院大学.

松山歩, 丸山阿弓, 赤松茂,”顔画像に対する異なる印象判断の関係 ‐老若判断と社交性判断‐,” 2012年度イメージメディア合同研究発表会, 2012年12月22日, 工学院大学.

小原洋明, 赤松茂,”距離画像カメラを用いた立体の3D 認識,” 2012年度イメージメディア合同研究発表会, 2012年12月22日, 工学院大学.

村松将尚, 森藤夕騎, 赤松茂,”視覚インタフェースのための頭部姿勢変動にロバストな視線方向識別手法の検討,”2012年度イメージメディア合同研究発表会, 2012年12月22日, 工学院大学.

淺水宏文, 菅田幸希, 赤松茂,”加齢変化の影響を受ける顔画像のGabor 特徴を用いた年齢層推定-人間の年齢判断傾向の比較-,”2012年度イメージメディア合同研究発表会, 2012年12月22日, 工学院大学.

村松将尚, 森藤夕騎, 稲葉善典, 赤松茂,”視覚インタフェースのための頭部姿勢変動にロバストな視線方向識別手法の検討,” 2013年電子情報通信学会総合大会, 学生ポスターセッションISS-P-154, March 2013, 岐阜大学.

医用画像工学ハンドブック 日本医用画像工学会編(編集委員長 尾川浩一) PartI 信号・画像処理の基礎 (pp.3-38) (全800頁)2012.

原信宏, 尾川浩一:”位相限定相関法を用いた単眼カメラ画像からの顔三次元形状復元”, 電子情報通信学会医用画像研究会, 信学技報, vol.111, No.389, pp.263-267, 2012.

橋本順, 彌冨仁, 佐々木貴浩, 橋田和靖, 川田秀一, 今井 裕, 尾川浩一:患者背景と脳血流SPECTで得られる指標から作成した識別器を用いてのアルツハイマー病診断”, 第71回日本医学放射線学会総会, 2012/4/12-15(横浜).

小林透, 貝吹太志, 尾川浩一, 山河勉, 長野竜也, 橋本大輔, 長岡秀行,”フォトンカウンティング形検出器を用いたX線CT画像の評価”, 第103回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理, vol.32, sup.1, p.127),2012/4/12-4/15(横浜).

貝吹太志, 小林 透, 尾川 浩一, 橋本 大輔, 長岡 秀行, 長野 竜也, 山河 勉,”CdTe半導体を用いた光子計数型X線検出器の開発”, 第103回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理, vol.32, sup.1, p.126),2012/4/12-4/15(横浜).

柳瀬匡利,尾川浩一,貝吹太志,勝又明敏,長野竜也,橋本大輔,長岡秀行,山河勉,”デンタルパノラマ画像のレジストレーションに関する研究”, 第103回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理, vol.32, sup.1, p.125),2012/4/12-4/15(横浜).

臼井桂介, 木原彩佳, 国枝悦夫, 尾川浩一,”CBCT画像による線量計算を目的とした画素値変換法の検討”, 第103回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理, vol.32, sup.1, p.144),2012/4/12-4/15(横浜).

神谷涼, 尾川浩一,”Fanbeam SPECTにおける開口補正 -実測データに対する検討-“, 第103回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理, vol.32, sup.1, p.218),2012/4/12-4/15(横浜).

増渕亨, 尾川浩一, 谷森達, 株木重人,”アドバンスドコンプトンカメラを用いたSPECT画像の吸収補正”, 第103回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理, vol.32, sup.1, p.216),2012/4/12-4/15(横浜).

道内隆順, 尾川浩一, 乳井嘉之, 福士政広,”マルチピンホールを用いた脳SPECTシステムの試作”, 第103回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理, vol.32, sup.1, p.230),2012/4/12-4/15(横浜).

松本幸一, 尾川浩一,”ウェーブレット変換を用いた雑音除去における最適パラメータの設定”, 第103回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理, vol.32, sup.1, p.233),2012/4/12-4/15(横浜).

李煜, 尾川浩一, 乳井嘉之,”ウェーブレット変換を用いた低線量X線画像の量子雑音低減効果”, 第103回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理, vol.32, sup.1, p.234),2012/4/12-4/15(横浜).

金井尭, 尾川浩一, 勝又明敏, 山河勉, 長野竜也, 橋本大輔, 長岡秀行,”デンタルパノラマ画像のエネルギー情報を用いた新しい歯周病診断の試み”, 第103回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理, vol.32, sup.1, p.133),2012/4/12-4/15(横浜).

阿部州子, 尾川浩一, 小池悠介, 梅田泉一, 藤井博史,”ニューラルネットを用いたTc-99m/In-111 2核種同時収集とエネルギーウィンドウセッティング,”デンタルパノラマ画像のエネルギー情報を用いた新しい歯周病診断の試み”, 第103回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理, vol.32, sup.1, p.219),2012/4/12-4/15(横浜).

馬路武志, 尾川浩一,”quadtree法とデルタサンプリング法を用いたモンテカルロシミュレーションの高速化”, 第103回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理, vol.32, sup.1, p.221),2012/4/12-4/15(横浜).

尾川浩一,”合同シンポジウム3 「フォトンカウンティングCTの現状と展望」 フォトンカウンティングCT技術の開発と臨床応用の可能性2”, 第103回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理, vol.32, sup.1, p.22),2012/4/12-4/15(横浜).

尾川浩一,”基調講演 第103回日本医学物理学会学術大会大会長”, 第103回日本医学物理学会学術大会,2012/4/12-4/15(横浜).

尾川浩一,”シンポジウム 医学物理学はどのような学問であるのかー医学物理学の発展を展望するー臨床(診断, 核医学)に関わる医学物理”, 第103回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理, vol.32, sup.1, p.57-58),2012/4/12-4/15(横浜).

尾川浩一, 勝又明敏, 山河勉,”フォトンカウンティング検出器によって収集されたデンタルパノラマ画像を用いた歯周病診断”, 第55回日本歯周病学会学術大会, 2012/5/17-5/19(札幌).

臼井桂介, 広木智之, 藤田健太, 一丸恭伸 , 奥村康弘, 国枝悦夫, 尾川浩一,”CBCTとMSCTの合成画像に対する領域抽出精度が線量計算に与える影響について”, 第104回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理, vol.32, sup.3, p.71-72),2012/9/13-9/15(つくば市).

橋本 順, 彌冨 仁, 川田秀一, 山室 博, 佐々木貴浩, 今井 裕, 尾川浩一,”患者背景と脳血流情報から認知症を診断する識別器の作成:画像統計解析での脳分割部位数の影響について”, 第52回日本核医学会学術総会(核医学, vol.49, No.3, p.296), 2012/10/11-13(札幌市).

尾川浩一,”ファンビームSPECTにおけるコリメータの開口補正”, 第52回日本核医学会学術総会(核医学, vol.49, No.3, p.271), 2012/10/11-13(札幌市).

尾川浩一, 乳井嘉之, 福士政広:”スタティックデータ収集を目指したマルチピンホール頭部SPECTシステムの開発”, 第52回日本核医学会学術総会(核医学, vol.49, No.3, p.271), 2012/10/11-13(札幌市).

尾川浩一, 藤井博史, 梅田泉,”Tc-99mおよびIn-111同時データ収集におけるニューラルネットワークを用いたプライマリ光子の推定”, 第52回日本核医学会学術総会(核医学, vol.49, No.3, p.271), 2012/10/11-13(札幌市).

尾川浩一, 勝又明敏, 山河勉,”パノラマX線画像の障害陰影除去の試み”, 第17回日本歯科放射線学会大会2012/10/26-27(大阪市).

勝又明敏, 尾川浩一, 山河勉,”フォトンカウンティング検出器パノラマX線システムによる歯周組織の評価”, 第17回日本歯科放射線学会大会2012/10/26-27(大阪市).

臼井桂介, 広木智之, 藤田健太, 一丸恭伸, 国枝悦夫, 尾川浩一,”CBCTとMSCTの合成画像による線量計算の有用性”, 日本放射線腫瘍学会第25回学術大会, 抄録集2012/11/23-25(東京).

尾川浩一,”半導体型ガンマ線検出器を用いたSPECTシステム”, 第9回核医学画像処理検討会, 教育講演, 2013/3/1(横浜).

斉藤典明, 金井敦, 赤埴淳一:知識蓄積・継承のためのスケジュールデータ構成法, 情報処理学会研究報告, Vol.2012-GN-82 No.19, pp.1-7, Jan. 2012.

荒井大輔, 森口俊幸, 金井敦, 斉藤典明:知識情報の管理・表現方式の提案,

情報処理学会研究報告, Vol.2012-GN-82 No.20, Jan. 2012.

森口俊幸, 荒井大輔, 金井敦, 斉藤典明 クラウドサービスによる知識継承システムの実装, 情報処理学会研究報告, Vol.2012-GN-82 No.21, Jan. 2012.

斉藤典明, 金井敦, 赤埴淳一:知識蓄積に適応可能なスケジュールデータ構成方法の評価, 情報処理学会研究報告, 2012-GN-83(10), pp.1-8, 2012-03-14, March 2012.

高田 肖往 , 金井 敦:住所を特定できるブログ掲載写真の現状調査, 電子情報通信学会技術研究報告, 111(495), pp.11-16, 2012-03-16 , March 2012.

谷本 茂明, 高橋 健, 関 良明, 岩下 基, 佐藤 周行, 金井 敦:ライフログサービスにおけるリスクマネジメントに関する基本検討, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.112,No.35 LOIS2012-8, pp.127-132, 2012, May 2012.

榎本真也, 金井 敦, 谷本茂明, 佐藤周行:ダイナミックに制御する情報漏洩対策システムの検討, 第11回情報科学技術フォーラム(FIT2012)論文集, pp.213-218, Sep. 2012.

上村 宗嗣, 金井 敦, 谷本 茂明, 佐藤 周行:偽装環境によるPC保護と不正操作者情報収集技術の提案, コンピュータセキュリティシンポジウム2012論文集, 2012(3), pp677-684, Oct. 2012.

斉藤典明(NTT), 金井敦(法政大学): 時間軸を中心にした知識継承用共有フォルダインタフェースの一考察, 情報処理学会研究報告, 2013-GN-86. No.3, pp.1-8, Jan. 2013.

米田 翔一, 牧野 駿, 谷本 茂明, 佐藤 周行, 金井 敦:動的リスク評価に基づくセキュリティ場の提案, プロジェクトマネジメント学会2013年度春季研究発表大会, March 2013.

見目 悠平, 菊地 修, 谷本 茂明, 佐藤 周行, 金井 敦:情報キュリティマネジメントにおける保証レベルに関する検討 -CSIRT普及促進に資するLoA導入に関する検討-, プロジェクトマネジメント学会2013年度春季研究発表大会, March 2013.

小幡 大輔, 谷本 茂明, 佐藤 周行, 金井 敦:BCPクラウド化に対する費用対効果に関する研究, プロジェクトマネジメント学会2013年度春季研究発表大会, March 2013.

伊藤洋樹, 金井敦:L2スイッチによる ARP cache poisoning 検知手法, SCIS2013 暗号と情報セキュリティシンポジウム, Jan. 2013.

川原正隆・金井 敦:ブログにおける誕生日の本人性判別方式の提案, 電子情報通信学会研究報告, vol.112, no.499, ICSS2012-57, pp.1-6, March 2013.

滝澤茉耶・松永大希・金井 敦:統計情報を用いた個人情報露出量計算方式の検討, 電子情報通信学会研究報告, vol.112, no.499, ICSS2012-58, pp.7-12, March 2013.

品川満,”人体通信技術の研究開発とその応用”, 日本生体医工学会「生体信号計測・解釈研究会」2012.2.23, 横浜.

電界通信評価方法及び電界通信評価装置(美濃谷直志, 品川満), 特許第5047146号, 2012.7.27.

施開錠システム及び施開錠方法(品川満, 川野龍介, 朝日利彰, 幸田成人, 菊地亮二, 黒須嗣久, 山田晃一) 特許第5038184号, 2012.7.13.

電極構造(川野龍介, 古谷彰教, 佐藤秀則, 品川満, 門勇一, 矢部誠司, 菊地亮二, 村田剛) 特許第5033818号, 2012.7.6.

情報交換システム及び情報交換方法(五郎丸秀樹, 細田泰弘, 品川満, 菊地亮二, 矢部誠司, 村田剛) 特許第5023089号, 2012.6.22.

電界通信システム(溝田勉, 美濃谷直志, 川野龍介, 品川満, 門勇一, 菊地亮二, 矢部誠司, 村田剛) 特許第5023088号, 2012.6.22.

Kazuo Yana, Zoltan Koles, Fabio Babiloni, Laura Astolfi, Sergio Cerutti and Luca Mainardi eds., Journal of Bioelectromagnetism Vol. 1-4, pp.1-239, 2012.

Kazuo Yana, Sergio Cerullti and Luca Mainardi eds., Journal of Bioelectromagnetism: Special issue on Biosignal Processing and Interpretation, Vol. 1, pp.1-108, Jan. 2013.

西部俊広, 関亮太, 八名和夫, 小野卓哉,”心臓突然死リスク評価指標としてのQT-RR間隔相関性,” 第51回日本生体医工学会大会予稿集, 5月2012.

吉野邦弘, 佐藤慶, 八名和夫, 小野卓哉,” 糖尿病患者におけるQT間隔の日内変動解析,” 第51回日本生体医工学会大会予稿集, 5月2012.

安本豊, 金子隼也, 八名和夫,”差分心拍スペクトルを用いた自律神経活動の状態分類,” . 第51回日本生体医工学会大会予稿集, 5月2012.

Hirotaka Ishibashi, Masato Yamashita and Kazuo Yana,”Adaptive Prediction of JPIX Backbone Traffic on the day of Great East Japan Earthquake,” 電子情報通信学会総合大会英語セッション BS-1 Network control and management technologies for next generation applications (2 page proc. paper), Mar., 2013.

Lei Li, (Invited talk) Algorithm and its Applications, Fujian Normal University, Fuzhou, China, April, 2012.

Lei Li, (Invited talk) Information Science and Computation, Sichuan University, Chengdu, China, September, 2012.

Bo Peng and Lei Li, 遺伝的シミュレーテッドアニーリングを用いたQoSマルチキャスト経路選択法, 第11回情報科学技術フォーラム(FIT2012), IEICE/IPSJ, 2012年9月.

上野, 和田, 泉, MapReduce上での最小全域木アルゴリズムに対する入力データ分割に関する考察, 第8回情報科学ワークショップ予稿集, 22-26 (2012-09).

神崎, 泉, 和田, 動的ネットワークにおける関数監視問題の定式化について, 第8回情報科学ワークショップ予稿集, 65-67 (2012-09).

服部, 泉, 和田, 弱安定アルゴリズムに対する遷移グラフに関する考察, 第8回情報科学ワークショップ予稿集, 68-75 (2012-09).

鈴木, 泉, 和田, 2次元軌跡データの比較における文字列アルゴリズムの応用について, 第8回情報科学ワークショップ予稿集, 84-87 (2012-09).

栗林, 泉, 和田, 軌跡データベースにおけるk点連結最良軌跡問い合わせのキャッシュを利用した高速化, 第8回情報科学ワークショップ予稿集, 88-95 (2012-09).

伊藤, 片山, 和田, 共通座標系を有するファットロボットのグリッド上での集合について, 情報処理学会アルゴリズム研究会, 20-AL-143, 2, 1-8 (2013-03).

生馬悠史, 彌冨 仁: ファジィ推論ニューラルネットワークを用いたメラノーマ識別とルール抽出, 2013年電子情報通信学会総合大会(岐阜) 2013年3月.

古正大二, 彌冨 仁: 皮膚ダーモスコピー画像における経時変化定量のための位置合わせ処理および色補正処理, 2013年電子情報通信学会総合大会 (岐阜) 2013年3月.

橋本 順, 彌冨 仁, 川田秀一, 山室 博, 佐々木貴浩, 今井 裕, 尾川浩一: 患者背景と脳血流情報から認知症を診断する識別器の作成:画像統計解析での脳分割部位数の影響について, 第52回日本核医学会総会 (札幌) 2012年10月.

三浦周平, 彌冨 仁: 改良エッジパターン法による文章画像の電子透かし, 第11回情報科学技術フォーラム (FIT2012)(東京) 2012年9月.

向井一宏, 彌冨 仁: 尋常性乾癬の病勢定量のための基礎的な検討” 第11回情報科学技術フォーラム (FIT2012)(東京) 2012年9月.

生馬悠史, 彌冨 仁: ファジィ推論ニューラルネットワークを用いたメラノーマ識別および識別ルールの自動生成, 第103回 日本医学物理学会大会, 第103回 医学物理学大会大会 (横浜) 2012年4月.

彌冨 仁, 橋本 順, 佐々木貴浩, 橋田和靖, 川田秀一, 今井 裕: 患者背景と脳血流SPECTで得られる指標を用いたAlzheimer病と健常者, 他の認知症との識別, 第103回 医学物理学会大会, (横浜) 2012年4月.

橋本 順, 彌冨 仁, 佐々木貴浩, 橋田和靖, 川田秀一, 今井 裕, 尾川浩一: 患者背景と脳血流SPECTで得られる指標から作成した識別器を用いてのアルツハイマー病診断, 第71回日本医学放射線学会総会, (横浜) 2012年4月.

島田 旭, 彌冨 仁: 無線LANを用いた携帯端末同士の位置情報認知システムの開発, 2012年電子情報通信学会総合大会(岡山), 2012年3月.

医用画像工学ハンドブック, 日本医用画像工学会 PartII 分担執筆(pp.543-549, 686-691)2012年.

太田宏基, 平原誠: 両眼視の状況下での単純型細胞の自己組織化. 電子情報通信学会総合大会予稿集, p.31, 2013年3月.

清水宏泰, 藤井章博, 合原勝之, 「リソース指向アーキテクチャによるカラーマネジメント」, 情報処理学会電子化社会基盤研究会, (2012年2月, 於 大阪).

藤井章博, 「科学技術振興機構A-STEP研究成果発表―スマート・クラウド研究-」情報処理学会全国大会展示ブース(2012年3月, 於 名古屋工業大学).

吉田弘輝, 藤井章博, 「SVGをリソースとして活用するシステムの検討」, 情報処理学会, マルチメディアと分散処理研究会, (2012年9月, 於 尾道).

学習支援ソフト「はじめる君(コンピュータシステム開発株式会社と共同研究成果)」, 情報処理学会全国大会展示ブース(2013年3月, 於 東北大学).

2011年度

原著論文および国際会議論文

Takahiro Mizumoto, Teppei Saitou and Shigeru Akamatsu, “Visual Human Tracking System Based on Cooperative Operation of Omnidirectional and PTZ Cameras,” Proc. IWAIT2011, CD-ROM, Jan.2011(ジャカルタ).

Yoshinori Inaba, Ryosuke Kobayashi, Hanae Ishi, Jiro Gyoba and Shigeru Akamatsu, “Impression Transformation of 3D Face Based on Morphable 3D Model of Face and Semantic Differential Method,”The Journal of the IIEEJ, vol.40, no.1, pp.96-104, Jan. 2011.

猪俣拓利, 山本俊太, 稲葉善典, 赤松茂, “3次元モーフィングモデルによる表情生成 ‐主成分パラメータによる表情生成への指針‐, ” 信学技報IE2010-162, pp.95-100, March 2011(長崎).

山本俊太, 岩佐香織, 稲葉善典, 赤松茂, “モーションキャプチャで得られた顔特徴点位置データを用いた表情の識別, ” 信学技報IE2010-163, pp.101-106, March 2011(長崎).

中村亮太, 中村夏子, 作田由衣子, 赤松茂, “顔の意図的学習と印象判断時における視線の動きの比較,” 信学技報IE2010-165, pp.113-117, March 2011(長崎).

Saori Nojo, Yasuo Ihara, Hana Furusawa, Shigeru Akamatsu and Takafumi Ishida, “Facial resemblance and attractiveness: an experimental study in rural Indonesia,” Letters on Evolutionary Behavioral Science, Human Behavior and Evolution Society of Japan, vol.2, no.1, 3 June 2011.

中村夏子, 中村亮太, 作田由衣子, 赤松茂,”顔の意図的学習と印象判断時における眼球運動の比較‐停留領域・時間と再認成績の分析,”Proc. of Media Computing Conference 2011, CD-ROM, June 2011(松江).

山本俊太, 岩佐香織, 稲葉善典, 赤松茂,”モーションキャプチャで得られた顔特徴点の動的位置情報による表情の識別,” Proc. of Media Computing Conference 2011, CD-ROM, June 2011(松江).

Takahiro Mizumoto and Shigeru Akamatsu,”Integrated Visual Human Tracking System Composed of Omni-directional and PTZ Cameras,”Proc. of IEEE ICSPCC2011, CD-ROM, Sept. 2011(Xian, China).

Takeru Yamada, Koichi Ogawa, Hideyuki Nagaoka, Tsutomu Yamakawa, “Determining a geometry of a dental x-ray system required for a pseudo three dimensional display of panoramic images,” Proceedings of International Forum on Medical Imaging in Asia (IFMIA) 2010, pp.123-125, 2011.

Hirokazu Iida, Koichi Ogawa, “Comparison of a pixilated semiconductor detector and a non-pixelated scintillation detector in pinhole SPECT system for small animal study,” Annals of Nuclear Medicine, Vol.25, pp.143-150, 2011.

Marcel Noujeim, Thomas Prihoda, William D McDavid, Koichi Ogawa, Kenji Seki, Tomohiro Okano, Takashi Sue, Robert P Langlais, “Pre Clinical Evaluation of a New Dental Panoramic Radiographic System Based on Tomosymthesis Method,” Dentomaxillofacial Radiology, Vol.40, No.1, pp.42-46, 2011.

Koichi Ogawa, Yu Lee, Masahiko Sakata, “Noise Reduction of Low Dose X-ray Images with Wavelet Shrinkage,” Annual Meeting on European Congress of Radiology, DOI: 10.1594/ecr2011/C-0913 , Vienna(Austria), March 3-7, 2011.

Koichi Ogawa, Shota Nakamura, Tatsuma Hirokawa, “Material Discrimination with an Energy Binned X-ray CT,” Annual Meeting on European Congress of Radiology, DOI: 10.1594/ecr2011/C-1109, Vienna(Austria), March 3-7, 2011.

Koichi Ogawa, Masahiko Sakata, Yoshiyuki Nyui and Masahiro Fukushi, “Denoising of low-dose x-ray images with a wavelet transform,” Proc. on 18th International Conference on Medical Physics: Science and Technology for Health for All ‐ (ICMP), Porto Alegre(Brazil), April 17-29, 2011.

Akitoshi Katsumata, Koichi Ogawa, Keisuke Inukai, Masato Matsuoka, Tatsuya Nagano, Hideyuki Nagaoka, Tsutomu Yamakawa, “Initial evaluation of linear and spatially oriented planar images from a new dental panoramic system based on tomosynthesis,” Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod 2011;112:375-382.

Masaru Kiyama, Hitoshi Iyatomi, Koichi Ogawa, “Robust Video-oculography for Non-invasive Autonomic Nerve Quantification,” Proc of 33rd Annual International Conference of the IEEE EMBS, pp.494-497, Boston, USA, August 30 – September 3, 2011.

Takuya Yamakawa, Koichi Ogawa, Hitoshi Iyatomi, Etsuo Kunieda, “Feasibility Evaluation of a Motion Detection System with Face Images for Stereotactic Radiosurgery,” Proc of 33rd Annual International Conference of the IEEE EMBS, pp.425-428, Boston, USA, August 30 – September 3, 2011.

K. Ogawa, T. Kobayashi, F. Kaibuki, T. Yamakawa, T. Nagano, D. Hashimoto, H. Nagaoka, “Advantages of Energy-Binned Photon Counting Detector,” Proceedings of 5th European Conference of the international federation for medical and biomedical engineering IFMBE, vol.37, pp.70-73, Sep 14-18, Budapest Hungary, 2011.

Yu Li and Koichi Ogawa, “Comparison of de-noising methods with a wavelet transform for low dose x-ray images,” Proceedings of the 6th Japan-Korea Joint Meeting on Medical Physics (CD-ROM), 4 pages, 2011.

Masatoshi Yanase, Koichi Ogawa, Futoshi Kaibuki, Akihiko Katsumata, Tatsuya Nagano, Daisuke Hashimoto, Hideyuki Nagaoka, and Tsutomu Yamakawa, “Temporal image processing of dental panoramic images,” Proceedings of the 6th Japan-Korea Joint Meeting on Medical Physics (CD-ROM), 4 pages, 2011.

Keisuke Usui, Ayaka Kihara, Yasunobu Ichimaru, Yasuhiro Okumura, Katsuki Murakami, Etsuo Kunieda, Koichi Ogawa, “Feasibility of kV-CBCT images for the dose calculation in image-guided radiotherapy,” Proceedings of the 6th Japan-Korea Joint Meeting on Medical Physics (CD-ROM), 4 pages, 2011.

Ryo Kamiya and Koichi Ogawa, “Aperture correction in a fanbeam SPECT system,” Proceedings of the 6th Japan-Korea Joint Meeting on Medical Physics (CD-ROM), 4 pages, 2011.

Futoshi Kaibuki, Toru Kobayashi, Koichi Ogawa, Daisuke Hashimoto, Hideyuki Nagaoka, Tatsuya Nagano and Tsutomu Yamakawa, “Alignment of CdTe semiconductor modular detectors for computed tomography,” Proceedings of the 6th Japan-Korea Joint Meeting on Medical Physics (CD-ROM), 4 pages, 2011.

Takanori Donai, Yusuke Hoshiyama, Koichi Ogawa, “Brain SPECT system with multi-pinhole collimators,” Proceedings of the 6th Japan-Korea Joint Meeting on Medical Physics (CD-ROM), 4 pages, 2011.

Masahiro Kawabe and Koichi Ogawa, “Longitudinal imaging with a pseudo inverse matrix,” Proceedings of the 6th Japan-Korea Joint Meeting on Medical Physics (CD-ROM), 4 pages, 2011.

Kerri-Ann Norton, Hitoshi Iyatomi, M. Emre Celebi, Mizuki Sawada, Sumiko Ishizaki, Reiko Suzaki, Ken Kobayashi, Masaru Tanaka and Koichi Ogawa, “Three-Phase General Border Detection Method for Dermoscopy Images Using Non-uniform Illumination Correction,” Skin Research and Technology, (printing: published online 6 Sep 2011, doi: 10.1111/j.1600-0846.2011.00569.x ), 2011.

石崎純子, 彌冨 仁, 町屋千鶴子, 田中 勝, “褥瘡重傷度と全身的予後の関係および臨床検査値と褥瘡予後の関係-1,134例の統計的検討-,” 東京女子医科大学雑誌, Vol.81, no.2, pp.96-101, 2011年4月.

Hitoshi Iyatomi, M.Emre Celebi, Gerald Schaefer, Masaru Tanaka, “Automated color calibration method for dermoscopy Images,” Computerized Medical Imaging and Graphics, Vol.35, no.2, pp.89-98, Mar.2011.

Gerald Schaefer, Maher I. Rajab, M. Emre Celebi, Hitoshi Iyatomi, “Colour and contrast enhancement for improved skin lesion segmentation,” Computerized Medical Imaging and Graphics, Vol.35, no. 2, pp.99-104, Mar.2011.

Masaru Kiyama, Hitoshi Iyatomi, Koichi Ogawa, “Robust Video-oculography for Non-invasive Autonomic Nerve Quantification,” Proc. IEEE International Conference of the Engineering in Medicine and Bilology Society (EMBS 2011), pp.494-497, Aug/Sep.2011.

Takuya Yamakawa, Koichi Ogawa, Hitoshi Iyatomi, Etsuo Kunieda,” Feasibility Evaluation of a Motion Detection System with Face Images for Stereotactic Radiosurgery,” Proc. IEEE International Conference of the Engineering in Medicine and Bilology Society (EMBS 2011), pp.425-428, Aug/Sep. 2011.

Shigeaki Tanimoto, Masahiko Yokoi, Hiroyuki Sato, Atsushi Kanai,”Quantifying Cost Structure of Campus PKI,” Proc. Of the Fifth Workshop on Middleware Architecture in the Internet (MIDARCH 2011), pp.312- 320, July, 2011.

Shigeaki Tanimoto, Manami Hiramoro, Motoi Iwashita, Hiroyuki Sato, Atsushi Kanai,” Risk Management on the Security Problem in Cloud Computing,” Proc. Of 1st Conference on Computers, Networks, Systems and Industrial Engineering (CNSI 2011), pp,147-152,May, 2011.

斉藤典明,金井 敦,” スケジューラを用いた知識の蓄積・継承の提案,” 情報処理学会 グループウェアとネットワークサービスワークショップ2011(査読付き),論文集pp.1-8, Nov. 2011.

松永 大希, 金井 敦,” 統計情報を用いた個人情報露出量算出方式の検討,” 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(査読付き), 情報処理学会シンポジウムシリーズ Vol.2011,No.1,pp.542-549,June, 2011.

藤巻 文孝,金井 敦,斉藤 典明,谷本 茂明,佐藤 周行,” 情報資産価値を用いた最適保存先決定手法,” 情報処理学会 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ2011 (査読付き)論文集, pp.200-207, Oct. 2011.

岩下 透, 金井 敦,”ブログにおける本人・他人氏名情報抽出方式” 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム2011 (査読付き),情報処理学会シンポジウムシリーズ Vol.2011,No.1, pp. 1017 – 1022,2011.

Shigeki Tanimoto, Manami Hiramoto, Motoi Iwashita, Hiroyuki Sato, Atsushi Kanai, ” Risk Management on the Security Problem in Cloud Computing,” 2011 First ACIS/JNU International Conference on Computers, Networks, Systems and Industrial Engineering (CNSI), pp.147-152, 2011.

Ryoji Nagai, Taku Kobase, Tatsuya Kusunoki, Hitoshi Shimasaki, Yuichi Kado, and Mitsuru Shinagawa, “Near-Field Coupling Communication Technology For Human-Area Networking”, International Conference on Information and Communication Technologies and Applications: ICTA 2011, 29 Nov.-2 Dec. 2011, Orland, Florida, USA.

Tatsuya Kusunoki, Taku Kobase, Ryoji Nagai, Masashi Takahashi, Hitoshi Shimasaki, Yuichi Kado, Tomoaki Yanagawa, and Mitsuru Shinagawa, “Solutions for Common-mode Noise Suppression in Near-field Coupling Communication”, 2011 Korea-Japan Microwave Conference(KJMW2011), FR2-2-4, 10-11, Nov. 2011, Fukuoka, Japan.

Tadashi Minotani, Katsuyuki Ochiai, Tsutomu Mizota, Fumiharu Morisawa, Kouji Fujii, Hiroki Morimura, and Mitsuru Shinagawa, “Contactless Electric-field Intra-body Communication with Zone Localization”, 2011 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ANTENNAS AND PROPAGATION (ISAP2011), FrP1-56, October 25~28, 2011 / Lotte Hotel Jeju, Jeju, Korea.

A. Sasaki, T. Ishihara, N. Shibata, R. Kawano, H. Morimura, M. Shinagawa, “SNR Analysis of a Noisy-Channel Model for a Capacitively-Coupled Personal-Area Network”, IEEE-APS Topical Conference on Antennas and Propagation in Wireless Communications (APWC’11), September 12-17, 2011 Torino, Italy, Session34-1.

S. Igou, M. Taki, A. Furuya, N. Shibata, M. Shinagawa, and M. Hattori, “Dependence of Transmission Characteristics of Intrabody Communication System on the Body Posture and Surrounding Environment”, URSI General Assembly and Scientific Symposium of International Union of Radio Science (URSI GASS 2011), KP2.8, Aug. 13-22, 2011, Istanbul, Turkey.

Y. Yoshino, M. Taki, A. Furuya, N. Shibata, M. Shinagawa, and M. Hattori, “Induced Voltage to an Implantable Cardiac Pacemaker in a VOXCEL Human Model by a Near-field Intra-body Communication Device”, URSI General Assembly and Scientific Symposium of International Union of Radio Science (URSI GASS 2011), KP2.9, Aug. 13-22, 2011, Istanbul, Turkey.

Hisashi Oguma, Naoki Nobata, Kazunari Nawa, Tsutomu Mizota, and Mitsuru Shinagawa, “Passive Keyless Entry System for Long Term Operation”, The Twelfth IEEE International Symposium on a World of Wireless, Mobile and Multimedia Networks (wowmom 2011), June 20-24, 2011, Lucca, Italy.

品川満, 森村浩季, “人体近傍電界を利用した近距離通信技術”, 電子情報通信学会誌, pp. 896-901, 2011.10月号.

藤井章博, 「クラウド環境でのEDI活用のための戦略」, 戦略研究学会, 10号69頁~85頁, 2011年10月.

藤井章博, 「クラウド環境における電子商取引の標準化と変化」, 文部科学省科学技術政策研究所, 科学技術動向, 121号8頁~16頁, 2011年4月.

Masaki Nozawa, Ryota Seki, Kunihiro Yoshino, Kazuo Yana, and Takuya Ono, “Method for ECG T-Wave Alternans Detection based on Segmented Phase Curve Distance,” Proceedings of the 8th International Conference on Bioelectromagnetism, pp. 118-122, May. 2011.

Yuki Terawaki, Taketo Shinohigashi, Makoto Watanabe, Yasushi Kodama and Kazuo Yana, “Introducing ePortfolio to Architectural Course: The Integrated Archiving Environment,” Proceedings of the 17th International Conference on Distributed Multimedia Systems, pp. 250-253, Aug, 2011.

Ryota Seki, Kunihiro Yoshino, Kazuo Yana, and Takuya Ono, “A Method for Characterizing Circadian Changes in QT Intervals of Diabetic Patients, ” Proceedings of the 32nd Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine an Biology Society, pp. 1941-1944, Aug. 2011.

Yuki Terawaki, Yuichi Takahashi, Yasushi Kodama, Kazuo Yana, “The Development of Educational Environment Suited to the Japan-Specific Educational Service Using Requirements Engineering Techniques: Case Study of Running Sakai with PostgreSQL,” International Journal of Distance Education Technologies, Vol. 9, No. 4, pp. 14-24, Sept. 2011.

Keisuke Takayanagi and Lei Li : Implementation and Evaluation of Improved Ant System Individuality, INFORMATION, Vol.14, No.1, pp. 251-264. (2011-01).

Bo Peng and Lei Li : An Adaptive Genetic Simulated Annealing Algorithm for QoS Multicast Routing, Edited by Tai-hoon Kim et al, “Communication in Computer and Information Science 263″, pp.338, Springer, Berlin, Germany (2011-12).

Lei Li (Keynote Speech) : Structure and Model of Algorithms, 2011 International Conference on Information Engineering for Mechanics and Materials, Shanghai, China. (2011-08)

Xiang Li, Chen-Fu Chien, Lei Li, Ziyon Gao and Lixing Yang : Energy-Constraint Operation Strategy for High-Speed Railway, Joint NWO-NSFC Workshop – The Application of Operations Research in Transport, Delft, The Netherlands. (2011-09).

Lei Li (Invited Speaker) : Structure and Model of Algorithms, The Third International Mega-Conference on Future Generation Information Technology, Jeju Island, Korea. (2011-12).

Bo Peng and Lei Li : An Adaptive Genetic Simulated Annealing Algorithm for QoS Multicast Routing, The Third International Mega-Conference on Future Generation Information Technology, Jeju Island, Korea. (2011-12).

J. Hosoda, J. Hromkovic, T. Izumi,, H. Ono, M. Steinova, K. Wada: On the approximability and hardness of minimum topic connected overlay and its special instances, Theoretical Computer Science, Online(DOI 10.1016/j.tcs.2011.12.033), (Dec. 2011).

N. Banu, T. Izumi, K. Wada: Adaptive and doubly-expedited one-step consensus in Byzantine asynchronous systems, Parallel Processing Letters, 21,4, pp.461-477 (Dec. 2011).

S. Souissi, T. Izumi, K. Wada: Oracle-based flocking of mobile robots in crash-recovery model, Theoretical Computer Science, 412, 33, pp.4350-4360 (Jul. 2011).

How to prove impossibility under global fairness: On space complexity of self-stabilizing leader election on a population protocol model, S. Cai, T. Izumi, K. Wada , Theory of Computer Systems, Online (DOI10.1007/s00224-011-9313-z), (Feb. 2011).

S. Souissi, T. Izumi, K. Wada: Distributed algorithms for cooperative mobile robots: a survey, Workshop of The Second International Conference on Networking and Computing, 907, pp.1-8 (Nov-Dec 2011).

T. Izumi, Z. Bouzid, S. Tixeuil, K. Wada: The BG-simulation for Byzantine mobile robots (Brief Announcement), The 25th International Symposium on Distributed Computing, LNCS 6950, pp.330-331 (Sep. 2011).

J. Hosoda, J. Hromkovic, T. Izumi, H. Ono, M. Steinova, K. Wada: On the Approximability of Minimum Topic Connected Overlay and Its Special Instances, 36th International Symposium on Mathematical Foundations of Computer Science, LNCS 6907, pp.376-387 (Aug. 2011).

A.K.M. Islam, W. Chen, K. Wada: Time-efficient data congregation protocols on Wireless Sensor Network, 6th International Symposium on Ubiquitous Virtual Reality (ISUVR2011), (July 2011).

A.K.M. Islam, K. Wada, S. S. Abdullah, J. Uchida, W. Chen: An efficient routing protocol on a dynamic cluster-based architecture for wireless sensor networks, 6th Int’l ICST Conference on Cognitive Radio Oriented Wireless Networks (Crown Com 2011), (June 2011).

S. Souissi, T. Izumi, K. Wada: Byzantine-tolerant circle formation by oblivious mobile robots, 2011 International Conference on Communications, Computing and Control Applications , (Mar. 2011).

国内の研究会での発表など

菅原甫史, 山田直樹, 赤松茂,”ジェスチャ認識を用いた仮想空間上における操作情報取得システムの構築,”動的画像処理実利用化ワークショップDIA2011, 2011年3月4日, 徳島市.

水本貴弘, 赤松茂,”全方位カメラとPTZカメラを用いた人物監視システムの検討,”2011年度画像電子学会第39回年次大会, 2011年6月26日, 松江市.

岩佐香織, 山本俊太, 稲葉善典, 赤松茂,”顔面の特徴点の3次元位置情報を用いた表情の識別,”2011年度画像電子学会第39回年次大会, 2011年6月26日, 松江市.

浅賀亮平, 赤松茂,”Gabor特徴を利用した2次元顔画像からの年齢推定,”2011年度画像電子学会第39回年次大会, 2011年6月26日, 松江市.

小林亮平, 稲葉善典, 赤松茂,”顔の左右対称性を利用した顔の3次元像の姿勢の正規化,” 2011年度画像電子学会第39回年次大会, 2011年6月26日, 松江市.

Natsuko Nakamura, Yuiko Sakuta and Shigeru Akamatsu,”Comparing eye-movements during intentional learning and impression judgment of faces: Analysis on fixation locations and durations,” 34th European Conference on Visual Perception, August 30 2011, Toulouse, France.

山本俊太, 岩佐香織, 稲葉善典, 赤松茂,”モーションキャプチャで得られた顔特徴点位置の動的変位情報による表情の識別,”日本顔学会大会・フォーラム顔学2011, 2011年9月24日, 新潟市.

岩佐香織,山本俊太,稲葉善典,赤松茂,”顔の3次元特徴点の位置情報を用いた表情の識別,”日本顔学会大会・フォーラム顔学2011, 2011年9月24日, 新潟市.

中村夏子,中村亮太,作田由衣子, 赤松茂,”顔画像観察時における眼球運動の分析 ―意図的学習時と印象判断時の停留領域の比較―,”日本顔学会大会・フォーラム顔学2011, 2011年9月24日, 新潟市.

浅賀亮平,黒田隆史,菅田幸希,赤松茂,”Gabor 特徴を用いた顔画像からの年齢推定,”日本顔学会大会・フォーラム顔学2011, 2011年9月24日, 新潟市.

小林亮介,生駒優,稲葉善典,赤松茂,”左右対称性を利用した顔3次元モデルの姿勢正規化法の評価,”日本顔学会大会・フォーラム顔学2011, 2011年9月24日, 新潟市.

水本貴弘,赤松茂,”全方位カメラとPTZカメラを用いた人物監視システムの構築,”2011年度イメージメディア合同研究発表会, 2011年12月23日, 工学院大学.

黒田隆史,赤松茂,”Gabor特徴を用いた顔画像からの年齢層識別~年齢に相関のある特徴の選別~,”2011年度イメージメディア合同研究発表会, 2011年12月23日, 工学院大学.

浅賀亮平,赤松茂,”Gabor特徴を用いた顔画像からの年代識別,”2011年度イメージメディア合同研究発表会, 2011年12月23日, 工学院大学.

小林亮介,赤松茂,”顔の左右対称性を利用した顔の3次元像の姿勢の正規化,”2011年度イメージメディア合同研究発表会, 2011年12月23日, 工学院大学.

蒲山貴士,赤松茂,”動き情報によるまばたき発見,”2011年度イメージメディア合同研究発表会, 2011年12月23日, 工学院大学.

山本 翼,赤松茂,”任意の顔画像を用いた3次元エージェントの自在な制御,”2011年度イメージメディア合同研究発表会, 2011年12月23日, 工学院大学.

中村夏子,赤松茂,”顔画像観察時における眼球運動と再認成績の分析 ―意図的学習時と印象判断時の比較-,”2011年度イメージメディア合同研究発表会, 2011年12月23日,工学院大学.

山本俊太,赤松茂,”顔表面の3次元特徴点の動的変位情報による表情識別,”2011年度イメージメディア合同研究発表会, 2011年12月23日, 工学院大学.

小原洋明,赤松茂,”距離画像カメラによるジェスチャ認識,”2011年度イメージメディア合同研究発表会, 2011年12月23日, 工学院大学.

所 美里,赤松茂,”男女別の顔画像の注視時間と停留点の位置の差,”2011年度イメージメディア合同研究発表会, 2011年12月23日, 工学院大学.

森藤夕騎,赤松茂,”accFace(faceAPI)を用いた視線方向の推定,”2011年度イメージメディア合同研究発表会, 2011年12月23日, 工学院大学.

菅田幸希,赤松茂,”Gabor特徴を用いた顔画像からの年齢推定 ~加齢による影響の大きさにもとづく特徴選択の検討~,”2011年度イメージメディア合同研究発表会, 2011年12月23日, 工学院大学.

岩佐香織,赤松茂,”顔特徴点の3次元位置情報を用いた表情識別,”2011年度イメージメディア合同研究発表会, 2011年12月23日, 工学院大学.

石曽根弥生,赤松茂,”一対比較法による年齢判定,”2011年度イメージメディア合同研究発表会, 2011年12月23日, 工学院大学.

川又仁実,赤松茂,”距離画像カメラを用いた腕さし認識システムの構築,”2011年度イメージメディア合同研究発表会, 2011年12月23日, 工学院大学.

橋本 順,佐々木貴浩,橋田和靖,川田秀一,今井 裕,彌冨 仁, “eZIS疾患特異領域解析で得られる指標から作成した識別器を用いてのアルツハイマー病診断,” 第51回日本核医学総会, 筑波 (2011年10月).

彌冨 仁,”インターネットベースのメラノーマ(皮膚癌)自動識別システム”,イノベーションジャパン2011, 東京 (2011年9月).

橋本 順,彌冨 仁,今井 裕, “臨床情報と核医学検査データから心事故を予測するためのサポートベクターマシーン識別器の作成,” 第21回日本心臓核医学会総会, 福岡 (2011年6月).

橋本 順,彌富 仁,佐々木貴浩,橋田和靖,川田秀一,今井 裕, “eZIS疾患特異領域解析で得られる3指標による認知症の診断,” 第75回日本核医学会関東甲信越地方会, 東京 (2011年6月).

山川拓也,尾川浩一,彌冨 仁,国枝悦夫, “定位放射線治療のためのGPGPUを用いた動き検出システムの開発,” 第101回医学物理学大会予稿集, 横浜,(2011年4月).

鬼山 将,尾川浩一,彌冨 仁, “まばたきの影響にロバストな瞳孔面積測定法の提案”, 第101回医学物理学大会予稿集, 横浜 (2011年4月).

Hitoshi Iyatomi, “Computer-based classification of dermoscopy images of melanocytic lesions on acral volar skin,” 博士論文(医学):東京女子医科大学, 2011年12月.

尾川浩一:シンポジウム:医学物理学とはどのような学問であるのか”臨床(診断,核医学)に関わる医学物理”,第101回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理,vol.31,sup.1,pp.59-60),2011/5/9-5/20.

山川拓也,尾川浩一,彌冨仁,国枝悦夫:”定位放射線治療のためのGPGPUを用いた動き検出システムの開発”,第101回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理,vol.31,sup.1,p.120),2011/5/9-5/20.

鬼山将,尾川浩一,彌冨仁:”まばたきの影響にロバストな瞳孔面積測定法の提案”,第101回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理,vol.31,sup.1,p.145),2011/5/9-5/20.

尾川浩一:”イメージング技術による放射線被ばくの低減”,第18回Future of Radiology, (招待講演)2011/6/23(東京).

道内隆順,寶珠山祐亮,尾川浩一,”半導体検出器を用いたマルチピンホールSPECTシステムの開発,”第30回日本医用画像工学会大会(Med. Imag. Tech., vol.29,OP10-1, Supplement), 2011/8/5-6(大田原市).

河部正裕,尾川浩一,”疑似逆行列を用いた縦断層イメージングに関するシミュレーション研究,”第30回日本医用画像工学会大会(Med. Imag. Tech., vol.29,OP3-9, Supplement), 2011/8/5-6(大田原市).

神谷涼,尾川浩一,”Fanbeam SPECTにおける開口補正,”第30回日本医用画像工学会大会(Med. Imag. Tech., vol.29,OP10-2, Supplement), 2011/8/5-6(大田原市).

李煜,尾川浩一,”ウェーブレット変換を用いたX線画像における量子雑音除去,”第30回日本医用画像工学会大会(Med. Imag. Tech., vol.29,OP11-4, Supplement), 2011/8/5-6(大田原市).

尾川浩一,乳井嘉之,福士政広:”自由な角度からデータ収集可能な心筋SPECTの開発”,第51回日本核医学会学術総会(核医学, vol.48, No.3, p.304),2011/10/27-29(つくば市).

尾川浩一,乳井嘉之,福士政広:”スタティックデータ収集を目指したマルチピンホール頭部SPECTシステムの開発”,第51回日本核医学会学術総会(核医学, vol.48, No.3, p.304-305),2011/10/27-29(つくば市).

尾川浩一:”ハイライト講演 医療機器”,第51回日本核医学会学術総会,2011/10/27-29(つくば市).

臼井桂介,木原彩佳,一丸恭伸,奥村康弘,村上克己,国枝悦夫,尾川 浩一:”CBCTにおける標的位置照合精度の改善を目的とした撮像法の検討”,日本放射線腫瘍学会第24回学術大会,抄録集2011/11/17-19(神戸市).

尾川浩一:”フォトンカウンティング形X線計測の原理とその歯科画像診断への応用”,日本歯科放射線学会第31回関西・九州合同地方会(特別講演),2011/12/10(名古屋市).

山口亮輔,森口俊幸,金井敦,”Web上でのインフォーマル・コミュニティ範囲選択方式の検討と評価,”情報処理学会 研究報告 グループウェアとネットワークサービス研究会(GN) 2011-GN-78(2), pp.1-6, 2011.

Roman Hujer, Atsushi Kanai,” Numeric pattern in URL and its modification,” 情報処理学会 研究報告 グループウェアとネットワークサービス研究会(GN), 2011-GN-78(1), pp.1-6, 2011.

宮上達矢,金井敦,” クラウドスケジューサビにおけるプイバシ保護のため クラウドスケジューサビにおけるプイバシ保護のためのかく乱方式 ,” 電子通信情報学会,第32回アシュアランスシステム研究会,pp.10-15,Sep.2011.

Hiroyuki Sato, Atsushi Kanai, Shigeki Tanimoto,”Building a Security Aware Cloud by Extending Internal Control to Cloud,” 10th International Symposium on Autonomous Decentralized Systems(ISADS),pp323-326, 2011.

谷本茂明, 黒崎悟, 高本剛志, 林和範, 水原真一, 守屋利彦, 横井雅彦, 佐藤周行, 金井敦,”キャンパスPKIのコスト構造定量化に関する検討,” 電子情報通信学会全国大会予稿集 D-9-36,2011.

金井敦,”スケジュール管理装置およびスケジュール管理方法,” 特願2011-287996,2011.

品川満, “人体通信技術”, 電子情報通信学会東京支部シンポジウム『近距離無線通信技術』2011年3月講演.

特許第4892569号,2011.12.22, “通信装置”, 美濃谷直志, 佐藤秀則, 品川満, 門勇一, 菊地亮二, 矢部誠司, 村田剛.

特許第4871810号,2011.11.25, “電気光学素子の製造方法”, 古谷彰教, 佐々木愛一郎, 品川満, 落合克幸, 川野龍介, 溝田勉.

特許第4866888号,2011.11.18, “伝送路構造”, 川野龍介, 落合克幸, 美濃谷直志, 品川満, 門勇一, 矢野隆夫, 栗田茂弘, 山田順三.

特許第4866897号, 2011.11.18, “電界通信携帯端末”, 溝田勉, 古谷彰教, 品川満, 門勇一, 朝日利彰, 有海寿雄, 矢部誠司, 菊地亮二.

特許第4864104号, 2011.11.18, “電界受信システム”, 石原隆子, 美濃谷直志, 溝田勉, 品川満, 門勇一, 矢部誠司, 菊地亮二, 村田剛.

特許第4838287号, 2011.10.7, “トランシーバ”, 佐々木愛一郎, 溝田勉, 古谷彰教, 品川満, 門勇一, 矢部誠司, 菊地亮二.

特許第4838285号, 2011.10.7, “携帯通信機器制御システム”, 溝田勉, 品川満, 門勇一, 朝日利彰, 村田剛, 矢部誠司, 有海寿雄.

特許第4819916号, 2011.9.9, “電界トランシーバ”, 佐々木愛一郎, 石原隆子, 落合克幸, 品川満, 門勇一, 矢部誠司, 菊地亮二, 吉田祐樹.

特許第48198444号, 2011.9.9, “電界通信システム及び電界通信装置”, 川野龍介, 佐々木愛一郎, 品川満, 門勇一, 朝日利彰, 矢部誠司, 岡本秀之.

特許第4812808号, 2011.9.2, “携帯端末および充電システム”, 落合克幸, 佐々木愛一郎, 品川満, 門勇一, 岡本秀之, 矢部誠司, 菊池亮二.

特許第4812799号, 2011.9.2, “電界センサ”, 佐々木愛一郎, 品川満, 柴田信太郎, 美濃谷直志, 藤浦和夫, 笹浦正弘, 豊田誠治.

特許第4805367号, 2011.8.19, “電極調整システム”, 古谷彰教, 石原隆子, 品川満, 門勇一, 矢部誠司, 菊池亮二, 村田剛.

特許第4785939号, 2011.7.22, “電界通信用トランシーバ及び電界通信方法”, 古谷彰教, 佐藤秀則, 品川満, 門勇一, 吉田祐樹, 肥沼良康, 矢部誠司.

特許第4778976号, 2011.7.8, “ナビゲーションシステム”, 佐々木愛一郎, 品川満, 古谷彰教, 溝田勉, 門勇一, 朝日利彰, 矢部誠司, 菊池亮二.

特許第4776658号, 2011.7.8, “電界通信用ドアノブ”, 美濃谷直志, 溝田勉, 門勇一, 品川満, 朝日利彰, 岡本秀之, 矢部誠司, 菊池亮二.

特許第4769678号, 2011.11.6.24, “フィールドゲームシステム,ゲーム装置およびそのユーザ端末”, 柴田信太郎, 美濃谷直志, 品川満, 門勇一, 朝日利彰, 山田順三, 西野豊.

特許第4751912, 2011.5.27, “受信器およびトランシーバ”, 川野龍介, 佐々木愛一郎, 落合克幸, 品川満, 門勇一, 栗田茂弘, 矢野隆夫.

特許第4751911号, 2011.5.27, “送信器およびトランシーバ”, 落合克幸, 古谷彰教, 門勇一, 品川満, 朝日利彰, 栗田茂弘, 肥沼良康.

特許第4751905号, 2011.5.27, “電界通信装置及び歩行者誘導装置”, 落合克幸, 川野龍介, 美濃谷直志, 品川満, 門勇一, 朝日利彰, 松本亮一, 岡本秀之, 矢部誠司.

特許第4751904号, 2011.5.27, “電界通信システム及び携帯端末装置”, 佐々木愛一郎, 美濃谷直志, 品川満, 門勇一, 朝日利彰, 幸田成人, 松本亮一, 矢部誠司.

特許第4751903号, 2011.5.27, “トランシーバおよびトランシーバにおける動作方法”, 古谷彰教, 佐々木愛一郎, 溝田勉, 品川満, 門勇一, 朝日利彰, 岡本秀之.

特許第4729541号, 2011.4.22, “電気光学素子およびその製造方法”, 古谷彰教, 佐々木愛一郎, 品川満, 落合克幸.

特許第4729540号, 2011.4.22, “電気光学素子およびその製造方法”, 古谷彰教, 佐々木愛一郎, 品川満, 落合克幸, 川野龍介, 溝田勉.

特許第4728199号, 2011.4.22, “工程実行支援システムおよび工程実行支援方法”, 佐々木愛一郎, 品川満, 溝田勉, 門勇一, 朝日利彰, 細谷信子.

特許第4728198号, 2011.4.22, “侵入検知システム,及び,侵入検知方法”, 佐々木愛一郎, 溝田勉, 品川満, 門勇一, 朝日利彰, 幸田成人, 矢部誠司.

特許第4709113号, 2011.3.25, “移動方向検出システム,移動方向検出装置及び移動方向検出方法”, 古谷彰教, 落合克幸, 品川満, 門勇一, 朝日利彰, 細谷信子, 幸田成人.

特許第4657125号, 2011.1.7, “生体情報収集システム及び生体情報収集方法”, 品川満, 門勇一, 幸田成人, 渡邊信彦, 利根和明.

Kazuo Yana, Fabio Barbiloni et al. eds., International Journal of Bioelectromagnetism: Special Issue on Brain Computer Interface: Technological Development and Applications, International Society of Bioelectromagnetism, Vol.13, No.1-3, pp.1-162, Sept. 2011.

Kazuo Yana, Zoltan Koles eds., International Journal of Bioelectromagnetism: Special Issue on Noninvasive Functional Source Imaging and Bioelectromagnetism, International Society of Bioelectromagnetism, Vol.13, No.4, pp.163-277, Nov. 2011.

山崎淳,八名和夫,斉藤俊介, “カルマンフィルタによるJPIXデータの長期予測,” 電子情報通信学会総合大会講演論文集, B-6, p. 110, Mar, 2011.

小林邦義,八名和夫,廣田徹, “スプライン平滑化によるWebアクセス時変強度関数の推定とポアソン性の検定, “電子情報通信学会総合大会講演論文集, B-6, p. 111, Mar. 2011.

濱田寛久,石橋弘隆,山下雅人,八名和夫, “特異値分解を用いたJPIXトラヒックの適応予測, ” 電子情報通信学会技術研究報告, IN2011/ 116, pp.55-59, Dec. 2011.

SooKyun Kim, Lei Li and Jin Kwak : Proceedings of the International Conference on Computer Convergence Technology 2011, KKITS, Seoul, Korea, pp.1-460. (2011-10).

草野貴之,李 磊:p法,p-1法,楕円曲線法,2次ふるい法による素因数分解の比較に関する考察,電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会,東京電機大学,2011年3月.

森 淳史,李 磊:AOR法とSOR法の性能評価,電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会,東京電機大学,2011年3月.

神林健太,李 磊:遺伝的アルゴリズムとPMMを用いたグラフ彩色問題の解法,電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会,東京電機大学,2011年3月.

黄木涼太,李 磊:巡回セールスマン問題を解く適応的遺伝的アルゴリズム,電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会,東京電機大学,2011年3月.

緒方慎太郎,李 磊:2種類のニューラルネットワークを用いた翌日最大消費電力予測,電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会,東京電機大学,2011年3月.

横溝和也,李 磊:入れ替え更新トレースを用いたオンラインPS強化学習法の中間報酬環境への適用,電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会,東京電機大学,2011年3月.

To. Izumi, Ta. Izumi, H. Ono, K. Wada: Complexity of Minimum Certificate Dispersal Problem with Tree Structure,情報処理学会アルゴリズム研究会,2011-AL-136, (2011-09).

伊藤,片山,和田,高橋: MANET上のGeoCastのためのDAG構成自己安定プロトコルについて,電子情報通信学会コンピュテーション研究会,COMP2011-23, (2011-09).

N. Banu, S. Souissi, T. Izumi, K. Wada: An improved Byzantine agreement protocol for synchronous systems with mobile faults, Proceeding of The 14th Korea-Japan Joint Workshop on Algorithms and Computation, (July 2011) 73-80.

柴,泉,和田: 局所グラフカットに基づく高速かつ省メモリな画像セグメンテーション,情報処理学会コンピュータビジョンとイメージメディア研究会,2011-CVIM-177, 22, (2011-05).

松原,泉,和田: マルコフ動的ネットワークにおける通信効率のよいブロードキャストについて,電子情報通信学会コンピュテーション研究会,COMP2010-48, (2011-03).

三浦,片山,和田,高橋: DAGを構成する故障封じ込め自己安定プロトコルについて,情報処理学会アルゴリズム研究会,2011-AL-134, 20, (2011-03).


2010年

Ryota Nakamura, Shigeru Akamatsu, “Recognition of Spoken Words Using Motion Features Extracted from Video Sequence,” Proc. of IWAIT2010, CD-ROM, Jan.2010

Hirotoshi Inomata, Yoshinori Inaba and Shigeru Akamatsu, ”Generation of Facial Expressions from Morphable 3D Face Model,” Proc. of IWAIT2010, CD-ROM, Jan. 2010

稲葉善典, 野口奈津美, 小林亮介, 伊師華江, 行場次朗, 赤松茂, “3次元モーフィングモデルを用いた顔の物理的特徴と視覚印象の関係の分析と印象変換への応用,” 信学技報IE2009-170, pp.221-226, Feb. 2010

関根祥介, 桜井謙次, 蒲池みゆき, 赤松茂 ,”任意の人物の顔をもち、表情と視線の動きを制御できる3次元エージェントの生成,” 映像情報メディア学会技術報告,Vol.34, No.11, pp.15-18, Mar. 2010

Yoshinori Inaba, Ryosuke Kobayashi, Hanae Ishi, Jiro Gyoba, and Shigeru Akamatsu, “Impression Transformation of 3D Face Based on Morphable 3D Mmodel of Face and Semantic Differential Method,” Proc. of IEVC2010, CD-ROM, Mar. 2010

中村亮太, 赤松茂, ”時系列顔画像の動き特徴を用いた発声単語認識 ‐特徴抽出の時間・空間的正規化条件の比較‐,” 画像電子学会研究会予稿09-06-04, pp.19-24, Mar. 2010

Ryota Nakamura and Shigeru Akamatsu, “Recognition of Spoken Words Using Motion Features Extracted from Video Sequences Comparison of Recognition Performance Dependent on Attention Area of Face, ”Proc. of APSIPA ASC 2010, CD-ROM, Dec. 2010

Ryousuke Kobayashi, Yoshinori Inaba, Hanae Ishi, Jiro Gyoba and Shigeru Akamatsu, “Toward Impression Transformation of 3D Face – Use of Morphable 3D Model of Face and Semantic Differential Method,” Proc. of APSIPA ASC 2010, CD-ROM, Dec. 2010

武田修平, 赤松茂, “AdaBoostを用いた顔画像の属性判別,” 電子情報通信学会総合大会, CD-R, Mar. 2010

遠藤聖也, 中村亮太, 作田由衣子, 赤松茂, “顔画像の意図的学習時と印象判断時における眼球運動の比較検討,”電子情報通信学会総合大会, CD-R, Mar. 2010

齋藤哲平, 赤松茂, ”2台のカメラを用いた複数人物追跡下における単体識別追跡システムの構築,”電子情報通信学会総合大会, CD-R, Mar. 2010

菅原甫史, 赤松茂, ”ジェスチャ認識を用いた仮想空間上における操作情報取得システムの構築,”電子情報通信学会総合大会, CD-R, Mar. 2010

水本 貴弘, 赤松茂, ”全方位カメラとPTZカメラを用いた人物追跡システムの構築,”電子情報通信学会総合大会, CD-R, Mar. 2010

作田由衣子, 伊師華江, 赤松茂, 行場次朗, ”単純接触による印象への潜在的影響,” 日本認知心理学会第8回大会, May 2010

稲葉善典, 小林亮介, 伊師華江, 行場次朗, 赤松茂,“3次元モーフィングモデルによる顔の高次視覚印象の変換 ‐主成分の次元に応じた高次印象への寄与の評価‐,” 2010年「包括脳」ワークショップ, Aug. 2010

中村亮太, 中村夏子, 作田由衣子, 赤松茂, “意図的学習時と印象判断時での顔画像観察における眼球運動停留点の比較,”2010年「包括脳」ワークショップ, Aug. 2010

中村亮太, 中村夏子, 遠藤聖也, 作田由衣子, 赤松茂, “顔画像の意図的学習時と印象判断時での観察行動の眼球運動計測による比較,”2010年映像情報メディア学会年次大会, CD-ROM, Aug. 2010

水本貴弘, 齋藤哲平, 赤松茂, ”全方位カメラとPTZカメラの連係動作による人物追跡システムの構築,” 2010年映像情報メディア学会年次大会, CD-ROM, Aug. 2010

中村夏子, 中村亮太, 作田由衣子, 赤松茂, “顔画像観察時における眼球運動の分析(1) ―意図的学習時と印象判断時の停留点の比較―,” フォーラム顔学2010(第15回日本顔学会大会)P2-08, Oct. 2010

作田由衣子, 中村夏子, 中村亮太, 赤松茂, “顔画像観察時における眼球運動の分析(2) ―停留点を制限した場合の再認成績と印象評定値の分析―,” フォーラム顔学2010(第15回日本顔学会大会)P2-09, Oct. 2010

中村亮太, 赤松茂, “顔の動き特徴を用いた発声単語認識 ―顔の注目領域による識別性能の比較―,” フォーラム顔学2010(第15回日本顔学会大会)P2-10, Oct. 2010

小林亮介, 稲葉善典, 赤松茂, “顔3次元像の姿勢正規化の一手法,” フォーラム顔学2010(第15回日本顔学会大会)P2-11, Oct. 2010

猪俣拓利, 稲葉善典, 赤松茂, “3次元モ-フィングモデルによる表情生成 ―新規顔に対する表情生成に有効な主成分の分析―,” フォーラム顔学2010(第15回日本顔学会大会)P2-12, Oct. 2010

稲葉善典, 小林亮介, 伊師華江, 行場次朗, 赤松茂, “3次元モ-フィングモデルによる顔の高次視覚印象の変換 ―主成分の次元に応じた高次印象への寄与の評価―,” フォーラム顔学2010(第15回日本顔学会大会)P2-13, Oct. 2010

土居裕和, 尾曲久美, 高島寿美恵, 赤松茂, 篠原一之, ”月経周期に伴う顔画像に対する事象関連電位応答変化,” フォーラム顔学2010(第15回日本顔学会大会)P1-11, Oct. 2010

能城沙織, 井原泰雄, 清水華, 赤松茂, 石田貴文,”スンバ人における顔の類似性に依存した配偶者選択,”日本動物行動学会第29回大会, Nov. 2010

猪俣 拓利, 山本俊太, 赤松茂,“3次元顔の表情表出モデル–3次元モーフィングモデルの主成分分析による表情生成とモーションキャプチャによる表情表出の3D動的モデル-,”2010年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2010

中村夏子, 中村亮太, 赤松茂,“顔画像観察時における眼球運動の分析 -意図的学習時と印象判断時の視線停留領域と停留時間の比較-,”2010年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2010

浅賀亮平, 赤松茂,“Gabor特徴を用いた顔画像からの年齢推定,”2010年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2010

齋藤哲平, 赤松茂,”2台のカメラを用いた複数人物を対象とした単体識別追跡システムの構築,” 2010年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2010

菅原甫史, 山田直樹, 赤松茂,”ジェスチャ認識を用いた仮想空間上における操作情報取得システムの構築,”2010年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2010

小林亮介, 稲葉善典, 赤松茂,”Toward Impression Transformation of 3D Face -Use of Morphable 3D Model of Face and Semantic Differential Method-, 2010年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2010

水本 貴弘, 赤松茂,”全方位カメラとPTZ カメラの連携による人物追跡システムの構築, 2010年度イメージメディア合同研究発表会,” Dec. 2010

蒲山 貴士, 赤松茂,”AccFace を用いたまばたき検出,” 2010年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2010

山本 翼, 赤松茂,”表情や視線の動きを制御できる3次元エージェントの生成,” 2010年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2010

小原 洋明, 赤松茂,”Phantom Omni を用いた触覚・3D 表現,” 2010年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2010

Koichi Ogawa, Robert P Langlais, William D McDavid, Marcel Noujeim, Kenji Seki, Tomohiro Okano, Tsutomu Yamakawa and Takashi Sue, “Development of a new dental panoramic radiographic system based on a tomosynthesis method”, Dentomaxillofacial Radiology, vol.39, pp.47-53, Jan, 2010

Koichi Ogawa, Masaaki Muraishi, “Feasibility Study on an Ultra-High-Resolution SPECT With CdTe Detectors,” IEEE Trans Nucl Sci, 57(1), pp.17-24, (FEB) , 2010

Hitoshi Iyatomi, Kerri-Ann Norton, K Celebi, M. Emre, Gerald Schaefer, Masaru Tanaka, Koichi Ogawa, “Classification of Melanocytic Skin Lesions from Non-Melanocytic Lesions,” Proc. of the 32nd Annual International IEEE EMBS Conference, page. 5407-5410, 2010

Kerri-Ann Norton, Hitoshi Iyatomi, K Celebi, M. Emre, Gerald Schaefer, Masaru Tanaka, Koichi Ogawa, “Development of a Novel Border Detection Method for Melanocytic and Non-Melanocytic Dermoscopy Images,” Proc. of the 32nd Annual International IEEE EMBS Conference, page. 5403-5406, 2010

Koichi Ogawa, Yuta Ozaku, Yoshiyuki Nyui, Masahiro Fukushi, “New myocardial SPECT system with CdZnTe semiconductor detectors,” IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference, pp.2553-2556, Knoxville, (USA) Nov.1-6,2010

Ryusuke Ando, Koichi Ogawa, “Correction of patient movement with a phase-only correlation method in a SPECT study,” IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference, pp.2298-2302, Knoxville, (USA) Nov.1-6,2010

Koichi Ogawa, Tatsuma Hirokawa, Shota Nakamura, “Identification of a material with a photon counting x-ray CT system,” IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference, pp.2582-2586, Knoxville, (USA) Nov.1-6,2010

Shigeto Kabuki, Hiroyuki Kimura, Hiroo Amano, Hidetoshi Kubo, Kentaro Miuchi, Hidekazu Kawashima, Masashi Ueda, Koichi Ogawa, Kaori Togashi, Hideo Saji, and Toru Tanimori, “Imaging study of a phantom and small animal with a two-head electron-tracking Compton gamma ray camera,” IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference, pp.2844-2847, Knoxville, (USA) Nov.1-6,2010

Shigeto Kabuki, Hiroyuki Kimura, Hiroo Amano, Hidetoshi Kubo, Kentaro Miuchi, Hidekazu Kawashima, Masashi Ueda, Koichi Ogawa, Kaori Togashi, Hideo Saji, and Toru Tanimori, “Electron-tracking Compton gamma-ray camera for small animal and phantom imaging,” Nucl Inst Meth Phy Res A 623, pp.606-607, 2010

宝珠山祐亮、尾川浩一:“マルチピンホールSPECTシステムの開発”、第99回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理、vol.30、sup.2、p.379-380),2010/4/9-11(横浜)

五明和也、宝珠山祐亮、尾川浩一:“GPUを用いたOS-EM法の高速化”、第99回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理、vol.30、sup.2、p.381-382),2010/4/9-11(横浜)

Kerri-Ann Norton, Hitoshi Iyatomi, Koichi Ogawa, “Segmentation of Non-Melanoma Skin Lesions”、第99回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理、vol.30、sup.2、p.156-157),2010/4/9-11(横浜)

勝又明敏,尾川浩一,鬼頭和秀、長野竜也、長岡秀行、山河 勉:“トモシンセシス法を応用したパノラマX線像三次元表示”、第51回日本歯科放射線学会,抄録集P.76、2010/4/23-25(横浜)

尾川浩一、“SPECTにおける半導体検出器の利用”、第854回放射線診療研究会、2010/4/19(東京)

鬼山将、尾川浩一、彌冨仁:自律神経機能の評価のための正確な瞳孔面積測定法の開発”、第29回日本医用画像工学会大会(Med. Imag. Tech., vol.28, OP5-7, Supplement), 2010/7/30-31(伊勢原)

山川拓也,尾川浩一,彌冨仁,国枝悦夫:“放射線治療のための照明変動にロバストな動き検出システムの開発”、第29回日本医用画像工学会大会(Med. Imag. Tech., vol.28, OP7-2, Supplement), 2010/7/30-31(伊勢原)

Kerri-Ann Norton, Hitoshi Iyatomi, Mariko Fujibayashi, Nicola Barnard, Koichi Ogawa:”Registration and Segmentation of Serial Images with Ductal Carcinoma in Situ”、第29回日本医用画像工学会大会(Med. Imag. Tech., vol.28, OP3-7, Supplement), 2010/7/30-31(伊勢原)

小作祐太、尾川浩一、乳井嘉之、福士政広、“2台の半導体検出器を用いた心筋SPECTシステムの提案” 第100回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理、vol.30、sup.5、p.275-276),2010/9/24-25 (東京)

中村 翔太、尾川浩一、“媒質同定を行うためのフォトカウンティング型X線CTの研究” 第100回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理、vol.30、sup.5、p.247-248),2010/9/24-25(東京)

安藤龍佑、尾川浩一、“位相相関法を用いたSPECT画像の動き補正” 第100回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理、vol.30、sup.5、p.273-274),2010/9/24-25 (東京)

乳井嘉之、尾川浩一、関根紀夫、“フラットパネルディテクタを用いた血管の映像化に関する基礎的研究” 第100回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理、vol.30、sup.5、p.285-286),2010/9/24-25 (東京)

尾川浩一:“位相相関法を用いたECT画像の動き補正”、第50回日本核医学会学術総会(核医学, vol.47, No.3, p.360),2010/11/11-13(さいたま市)

尾川浩一、乳井嘉之、福士政広:“任意の回転角、傾斜角でデータ収集可能な心筋SPECTの開発”、第50回日本核医学会学術総会(核医学, vol.47, No.3, p.382),2010/11/11-13(さいたま市)

尾川浩一:“SPECT画像における量子雑音の除去”、(シンポジウム講演)第50回日本核医学会学術総会(核医学, vol.47, No.3, p.280),2010/11/11-13(さいたま市)

株木重人、木村寛之、天野博夫、中本裕士、中原理紀、国枝悦夫、尾川浩一、富樫かおり、佐治英郎、谷森達:“2ヘッド電子飛跡コンプトンカメラの開発と性能評価”、第50回日本核医学会学術総会(核医学, vol.47, No.3, p.382),2010/11/11-13(さいたま市)

Ryosuke Yasui, Atsushi Kanai, Takahashi Hatashima, Keiichi Hirota,”The Metric Model for Personal Information Disclosure,”Proceedings of The Fourth International Conference on Digital Society (ICDS2010), pp.112-117, 2010.

S. Tanimoto, S. Kurosaki, T. Takamoto, K. Hayashi, S. Mizuhara, T. Moriya, M. Yokoi, H. Sato, A. Kanai,”Managing PKI Deployment and Operation Based on Assurance Levels and Cost Structure, Proceedings of the 5th International Conference on Project Management(ProMAC2010), A11,pp.102—110, 2010.

Sato, H., Kanai, A., Tanimoto, S.,”A Cloud Trust Model in Security Aware Cloud,” Proceedings of 10th International Symposium on Applications and the Internet (SAINT 2010), pp.121—124, 2010.

森加夢偉, 金井敦,”ブログにおける記述者本人の氏名判別手法の提案,” 情報処理学会マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2010),情報処理学会シンポジウムシリーズ  Vol.2010,pp.149-154, No11,2010.

山口亮輔, 金井敦,”Web上での「叫ぶ」範囲選択方式の検討,” 情報処理学会マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2010),情報処理学会シンポジウムシリーズ  Vol.2010, No11,pp.193-198,2010.

谷本茂明, 黒崎悟, 高本剛志, 林和範, 水原真一, 守屋利彦, 横井雅彦, 佐藤周行, 金井敦,”キャンパスPKIにおけるコスト構造に関する研究,”電子情報通信学会, LOIS2010-22, vol.2010, No.22,pp.25—30, 2010.

佐藤周行, 金井敦, 谷本茂明,”セキュリティ・アウェア・クラウド,”概念とモデル, コンピュータセキュリティシンポジウム2010論文集,pp.339–344, 2010.

柴田 賢介,千田 浩司,山本 太郎,高橋 克巳,金井 敦,”パーティ秘匿回路計算を利用したプライバシー保護データ分析実験報告(2) – 大学生の成績と生活実態との相関分析 -,” 情報処理学会研究報告,コンピュータセキュリティ研究会研究報告 Vol.2010-CSEC-48,No.3, pp.pp. 1-6, 2010.

後藤慎弥, 山口亮輔, 金井敦,”Web上でのインフォーマル・コミュニケーション実現方式の提案,”情報処理学会、グループウェアとネットワークサービス研究会研究報告,Vol.2010-GN-74 No.9, pp.1-6,2010. 土斐崎博,安藤嵩,金井敦,“位置・姿勢情報付き写真検索アルゴリズムの検討,”情報処理学会、グループウェアとネットワークサービス研究会研究報告,Vol.2010-GN-74 No.8,pp.1-6, 2010.

安藤嵩,土斐崎博,金井敦,“位置・姿勢情報付き写真検索アルゴリズムの検討,“情報処理学会、グループウェアとネットワークサービス研究会研究報告,Vol.2010-GN-74 No.7, pp.1-6 2010.

小堀裕貴,金井 敦,“人間の歩容特性による個人認証方式の検討,”情報処理学会第72回全国大会、2ZE-1 ,pp.3-627-3-628, 2010.

佐藤 和紀, 金井 敦,“ブログ記事自動抽出方式の検討,”情報処理学会第72回全国大会、5ZE-1,pp.3-671-3-672, 2010.

M. Takesue, “Cascaded Simple Filters for Accurate and Lightweight Email-Spam Detection,” 4th Intl. Conf. on Emerging Security Information, Systems and Technologies,”IEEE CS Press, pp. 160-165 (July 2010).

M. Takesue, “A Class of Recursive Networks on a Chip for Enhancing Intercluster Parallelism,” 13rd Euromicro Conf. on Digital System Design: Architecture, Methods and Tools, IEEE CS Press, pp. 389-392 (Sept. 2010).

Kaoru Kaeriyama, Masaki Nozawa, Hiroyuki Shichiku, Kazuo Yana, Hirohisa Mizuta and Takuya Ono, “T-wave Vector Alternans Detection based on Holter ECG Recordings,” International Journal of Bioelectromagnetism, Vol .12, No.4, pp.165-169, August, 2010.

Yutaka Yasumoto, Shoji Yagi, Kazuo Yana, Masaki Nozawa and Takuya Onho, “State Classification of Heart Rate Variability by an Artificial Neural network in Frequency Domain,” Proceedings of the 32nd Ann.ual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine an Biology Society, pp. 1401-1404, September, 2010.

Yoshiyuki Hino, Kazuo Yana, Hisato Kobayashi, Kimiyoshi Hayashi, Yasushi Kodama and Billy Pham, “3D Virtual Space for a Quality e-Learning Environment in Collaborative Study,” Proceedings of the 16th International Conference on Distributed Multimedia Systems, pp. 243-246, October, 2010.

Yuki Terawaki, Yuichi Takahashi, Yuji Tokiwa, Yasushi Kodama and Kazuo Yana, “Toward Integration of Data Base Management System for Open-source Course Management Systems,” Proceedings of the 16th International Conference on Distributed Multimedia Systems, pp. 239-242, October, 2010.

Kazuo Yana, Ali Bulent Usakli and Fabio Babiloni eds., International Journal of Bioelectromagnetism Vol. 12, No. 1-2: Special Issue on Biosignal Applications and Modelling, International Society of Bioelectromagnetism¸ pp. 1-93, April., 2010.

Kazuo Yana and Ki H. Chon eds, International Journal of Bioelectromagnetism, Vol. 12, No. 3: Special Issue on Advanced Biosignal Interpretation, International Society of Bioelectromagnetism¸ pp. 94–151, Jul., 2010.

Kazuo Yana and Ki H. Chon eds, International Journal of Bioelectromagnetism, Vol. 12, No. 4: Special Issue on Biosignal Instrumentation and Analyses, International Society of Bioelectromagnetism¸ pp. 152–189, August, 2010.

New Developments in Biomedical Engineering, In-Tech, pp.183-200 (分担執筆), ISBN: 978-953-7619-57-2, Editor: Domenico Campolo, Jan. 2010.

Yasuki Hata, Hitoshi Iyatomi, Sumiko Ishizaki, Mizuki Sawada, Ken Kobayashi, Masahiko Ozeki and Masaru Tanaka, “Quantitative and objective area extraction of tinea unguium,” Journal of Investigative Dermatology, Vol.140, p.59 (2010).

Mizuki Sawada, Hitoshi Iyatomi, Yoshifumi Maumi, Ken Kobayashi, Reiko Suzaki, Sumiko Ishizaki, Masaru Tanaka, “Image analysis for senile lentigo and evaluation of therapeutic effects by hydroquinone,” Journal of Investigative Dermatology, Vol.140, p.60 (2010).

Hitoshi Iyatomi, M. Emre Celebi, Gerald Schaefer, Masaru Tanaka, “Automated color normalization for dermoscopy images,” Proc. IEEE International Conference on Image Processing (ICIP 2010), Hong Kong (China) , pp.4357-4360, Sep.2010.

M. Emre Celebi, Sae Hwang, Hitoshi Iyatomi, Gerald Schaefer, “Robust border detection in dermosciopy images using threshold fusion,” Proc. IEEE International Conference on Image Processing (ICIP 2010), Hong Kong (China), pp.2541-2543, Sep.2010.

Huiyu Zhou, Gerald Schaefer, M. Emre Celebi, Hitoshi Iyatomi, Tangwei Liu, Faquan Lin, “Skin lesion segmentation using an improved snake model,” Proc. IEEE International Conference of the Engineering in Medicine and Bilology Society (EMBS 2010), Buenos Aires (Argentina), pp.1974-1977, Sep.2010.

Kerri-Ann Norton, Hitoshi Iyatomi, M. Emre Celebi, Gerald Schaefer, Masaru Tanaka, and Koichi Ogawa, “Detection Method for Melanocytic and Non-Melanocytic Dermoscopy Images,” Proc. IEEE International Conference of the Engineering in Medicine and Bilology Society (EMBS 2010), Buenos Aires (Argentina), pp.5403-5406, Sep.2010.

Hitoshi Iyatomi, Kerri-Ann Norton, M. Emre Celebi, Gerald Schaefer, Masaru Tanaka, and Koichi Ogawa, “Classification of melanocytic skin lesions from non-melanocytic lesions,” Proc. IEEE International Conference of the Engineering in Medicine and Bilology Society (EMBS 2010), Buenos Aires (Argentina), pp.5407-5410, Sep.2010.

山川 拓也,尾川 浩一,彌冨 仁,国枝 悦夫, “放射線治療のための照明変動にロバストな動き検出システムの開発”, 第29回日本医用画像工学会大会, 伊勢原, 2010年7月

Kerri-Ann Norton,Hitoshi Iyatomi, Mariko Fujibayashi, Nicola Barnard, Koichi Ogawa, “Registration and Segmentation of Serial Images with Ductal Carcinoma in Situ,” 第29回日本医用画像工学会大会, 伊勢原,2010年7月

鬼山 将、彌冨 仁、尾川 浩一, “自律神経機能の評価のための眼球面積測定法に関する研究”, 29回日本医用画像工学会大会, 伊勢原,2010年7月

Kerri-Ann Norton, Hitoshi Iyatomi, Koichi Ogawa, “Segmentation of Non-Melanocytic Skin Lesion, “第99回日本医学物理学会学術大会, 横浜、2010年4月

岡博史、田中勝、田中敏幸、彌冨仁、萩原将文、山本正男, “色素沈着部位の遠隔診療システム”, 特許第4437202号, 2010年1月登録

画像ラボ 2010年5月号 「劣化の少ない2値画像回転手法」日刊工業新聞社

Akihiro FUJII,Hajime YAMADA“Trends in the Commercialization and R&D of New Information Network Infrastructure”, Science and Technology Trends Quarterly Review, Vol. 32, June, 2009

藤井章博,“機械部品流通EAI向けAPIプラットフォーム”, 情報処理学会,電子化知的財産・社会基盤研究会研究報告,Vol.EIP-44,No.3,pp.1-4, (2009年5月)

藤井章博、伊藤裕子、桑原輝隆他、「科学技術分野の課題に関する第一線級研究者の意識定点調査(分野別定点調査2007)」、科学技術政策研究所報告書第109号、 科学技術政策研究所、(2008年5月 )

藤井章博、伊藤裕子、桑原輝隆他、「 科学技術システムの課題に関する代表的研究者・有識者の意識定点調査(科学技術システム定点調査2007)」、科学技術政策研究所報告書第108号、 科学技術政策研究所、(2008年5月 ) 藤井章博、伊藤裕子、桑原輝隆他、「科学技術の状況に係る総合的意識調査(定点調査2007)全体概要版」、科学技術政策研究所報告書第107号、科学技術政策研究所、(2008年5月 )

Akihiro FUJII, ”Multi-methodology foresight in Information Technology”, APEC R&D Management Training Program (ART ),Science and Technology Policy Institute(STEPI) of Korea, Pusan, Korea, (2009年2月)

吉野晶紀, 宮本健司、インターフェース方法および装置、特願2010-151751  (2010年7月2日出願)

関川浩, 白柳潔, 宮本健司、無限木探索方法、装置及び処理プログラム並びに該プログラムを記録した記録媒体、日本国特許庁登録公報, 特許第4578283号. (2010年9月登録)

Y. Kado and M. Shinagawa, “AC Electric Field Communication for Human-Area Networking”, IEICE TRANSACTIONS on Electronics Vol.E93-C No.3 pp. 234-243, 2010.

A. Sasaki, A. Furuya, and M. Shinagawa, “10-Mbps short-range baseband wireless communications via quasi-static electric fields”, IEICE Trans. Commun., vol. E93-B, no. 1, 2010.

Y. Kado and M. Shinagawa, “RedTacton Near-body Electric-field Communications Technology and Its Applications”, NTT Technical Review, 2010.

R. Kawano, F. Morisawa, M. Shinagawa, and Y. Kado, “LSIs for an Advanced Compact Electric-field Communication Module”, NTT Technical Review, 2010.

A. Sasaki, R. Kawano, T. Ishihara, and M. Shinagawa, “Modeling of Human-body Near-field Communication and Evaluation of Communication Quality”, NTT Technical Review, 2010.

佐々木愛一郎, 川野龍介, 石原隆子, 品川満, “人体近傍電界通信のモデル化と通信品質評価用“,NTT技術ジャーナル, vol. 22, no. 1, pp.23-27, 2010.

川野龍介, 森澤文晴, 品川満, 門勇一, “高機能・小型電界通信モジュール用LSIの開発“,NTT技術ジャーナル, vol. 22, no. 1, pp.20-22, 2010.

門勇一, 品川満, “人体近傍電界通信技術「レッドタクトン」とその応用“,NTT技術ジャーナル, vol. 22, no. 1, pp.16-19, 2010.

T. Minotani and M. Shinagawa, 2010, “Highly Efficient Signal-Inducing Transceiver and Evaluation over Human Body”, AP-RASC’10, Toyama, BCK-1, 2010.

Y. Kado, M. Shinagawa, Ho-Jin Song, and T. Nagatsuma, “Close Proximity Wireless Communication Technologies Using Shortwaves, Microwaves, and Sub-terahertz Waves”, PIERS 2010 Xi’an, March 22-26, China, Session 3A3, Microwave/Terahertz Photonics Technologies and Their Applications, 2010.

品川満, LSIとシステムのワークショップ2010, “人体近傍新通信技術の研究開発と実用化”, 2010年5月講演.

品川満, 2010岡山情報化セミナー, “人体近傍電界を利用するヒューマンエリアネットワーク”, 2010年10月講演.

品川満, 光空間通信フォーラム2010, “人体近傍の電界通信技術”, 2010年3月講演.

品川満, “人体周辺の電波利用技術の開発と実用化”, 電子情報通信学会総合大会, BP-7-2, 2010.

特許 第4653205号, 2010.12.24, “携帯用電界通信装置、電界通信セキュリティシステム、電界通信方法及び電界通信セキュリティ方法”, 溝田勉, 石原隆子, 美濃谷直志, 品川満, 門勇一, 矢部誠司, 村田剛.

特許 第4653201号, 2010.12.24, “認証システムおよび認証方法”, 落合克幸, 佐々木愛一郎, 古谷彰教, 品川満, 門勇一, 吉田祐樹.

特許 第4653200号, 2010.12.24, “電極対および電界通信システム”, 落合克幸, 川野龍介, 石原隆子, 品川満, 門勇一, 岡本秀之, 菊池亮二.

特許 第4643535号, 2010.12.10, “鍵付ボックス制御システム、鍵付ボックス制御方法、及び、制御装置”, 佐々木愛一郎, 古谷彰教, 溝田勉, 品川満, 門勇一, 朝日利彰, 幸田成人, 矢部誠司.

特許 第4630888号, 2010.11.19, “文書印刷システム”, 落合克幸, 品川満, 門勇一, 朝日利彰, 菊池亮二, 菅田知義, 矢部誠司.

特許 第4628456号, 2010.11.19, “携帯端末”, 溝田勉, 川野龍介, 佐々木愛一郎, 品川満, 門勇一, 矢部誠司.

特許 第4628439号, 2010.11.19, “電極板”, 川野龍介, 落合克幸, 美濃谷直志, 品川満, 門勇一, 朝日利彰, 松本亮一, 矢部誠司, 菊池亮二.

特許 第4628438号, 2010.11.19, “電極構造”, 川野龍介, 落合克幸, 美濃谷直志, 品川満, 門勇一, 朝日利彰, 矢部誠司, 菊池亮二.

特許 第4616380号, 2010.10.29, “携帯端末”, 古谷彰教, 溝田勉, 石原隆子, 品川満, 門勇一, 矢部誠司.

特許 第4616379号, 2010.10.29, “携帯電話機”, 石原隆子, 川野龍介, 溝田勉, 品川満, 門勇一, 矢部誠司.

特許 第4616378号, 2010.10.29, “タッチパネル”, 美濃谷直志, 古谷彰教, 川野龍介, 門勇一, 品川満, 栗田茂弘, 矢部誠司.

特許 第4616375号, 2010.10.29, “トランシーバ”, 美濃谷直志, 石原隆子, 溝田勉, 門勇一, 品川満, 岡本秀之, 矢部誠司.

特許 第4616374号, 2010.10.29, “電極設定システム及び電極設定方法”, 美濃谷直志, 川野龍介, 落合克幸, 門勇一, 品川満, 菊池亮二.

特許 第4616366号, 2010.10.29, “電界通信装置”, 美濃谷直志, 溝田勉, 落合克幸, 門勇一, 品川満, 朝日利彰, 松本亮一, 鈴木賢, 矢部誠司.

特許 第4602266号, 2010.10.8, “電界検出光学システム、およびトランシーバ”, 落合克幸, 品川満, 原田卓爾, 山田順三, 矢野隆夫.

特許 第4598805号, 2010.10.1, “電話システム”, 美濃谷直志, 古谷彰教, 門勇一, 品川満, 朝日利彰, 矢部誠司, 幸田成人.

特許 第4588057号, 2010.9.17, “受信器およびトランシーバ”, 美濃谷直志, 品川満.

特許 第4581010号, 2010.9.30, “セキュリティドア制御システム”, 落合克幸, 古谷彰教, 美濃谷直志, 品川満, 門勇一, 矢部誠司.

特許 第4562783号, 2010.10.13, “電界通信用ベルト”, 溝田勉, 古谷 彰教, 美濃谷直志, 品川満, 門勇一, 朝日 利彰, 矢部 誠司, 菊地 亮二, 吉田 祐樹.

特許 第4562781号, 2010.8.6, “データ通信装置”, 川野 龍介, 落合 克幸, 美濃谷直志, 品川満, 門勇一, 朝日 利彰, 矢部 誠司, 菊地 亮二.

特許 第4559514号, 2010.7.30, “電極構造”, 石原 隆子, 落合 克幸, 川野 龍介, 品川満, 門勇一, 山田 隆浩, 岡本 秀之.

特許 第4521312号, 2010.7.30, “電界通信システム、電界通信方法、電界通信プログラム及び記録媒体”, 美濃谷 直志, 柴田 信太郎, 品川満.

特許 第4499668号, 2010.4.23, “電界通信セキュリティシステム及び電界通信セキュリティ方法”, 品川満, 門勇一, 落合 克幸, 柴田 信太郎, 古谷 彰教, 佐々木 愛一郎, 美濃谷 直志.

特許 第4480735号, 2010.3.26, “電界通信装置”, 川野 龍介, 落合 克幸, 品川満, 門勇一, 原田 卓爾, 岡本 秀之, 松本 亮一.

特許 第4478178号, 2010.3.19, “電極構造”, 川野 龍介, 落合 克幸, 品川満, 門勇一, 朝日 利彰, 矢部 誠司, 菊地 亮二, 肥沼 良泰.

特許 第4478177号, 2010.3.19, “筐体構造”, 川野 龍介, 落合 克幸, 品川満, 門勇一, 朝日 利彰, 原田 卓爾, 岡本 秀之, 松本 亮一.

特許 第4478160号, 2010.3.19, “送信器、電界通信トランシーバおよび電界通信システム”, 美濃谷 直志, 柴田 信太郎, 品川満.

特許 第4460568号, 2010.2.19, “受信器およびトランシーバ、制御方法”, 美濃谷 直志, 品川満.

特許 第4460546号, 2010.2.19, “通信システムおよび送信器、受信器”, 美濃谷 直志, 品川満.

特許 第4445950号, 2010.1.22, “サービス提供システム、サービス提供方法及びサービス提供装置”, 古谷 彰教, 落合 克幸, 品川満, 門勇一, 朝日 利彰, 細谷 信子, 幸田 成人.

特許 第4445949号, 2010.1.22, “電圧監視システムおよび方法”, 美濃谷 直志, 柴田 信太郎, 落合 克幸, 門勇一, 品川満, 松本 亮一, 丸山 哲也.

特許 第4445928号, 2010.1.22, “電気光学素子の製造方法”, 古谷 彰教, 品川満, 柴田 信太郎, 落合 克幸,  佐々木 愛一郎, 美濃谷 直志.

特許 第4445838号, 2010.1.22, “生体電位検出装置、生物育成装置および生物育成方法”, 佐々木 愛一郎, 品川満.

特許 第04435218号, 2010.1.8, “通信装置”, 落合 克幸, 川野龍介、美濃谷直志、品川満、門勇一, 矢部 誠司, 菊地 亮二.

2009年

原著論文および国際会議論文

Kajiro Watanabe, Yosuke Kurihara, and Hiroshi Tanaka, “Ubiquitous Health Monitoring at Home; Sensing of Human Bio-signals on Flooring, on Tatami Mat, in the Bathtub, and in the Lavatory, IEEE SENSORS JOURNAL Vol.9, No.12, pp.1847/1855 (2009)

栗原陽介,渡辺嘉二郎,米山満, ”加速度センサを用いた歩行・ランニング時におけるMETs値推定,” 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌)Vol.129, No.8 pp.1562/1568 (2009)

小林一行,渡辺嘉二郎,大久保友幸,栗原陽介,”パーソナルビークルのための屋外環境における白線検出法の一提案, ”電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌)Vol.129, No.3, pp.497/504 (2009)

栗原陽介,見澤圭吾,渡辺嘉二郎,小林一行,”LPガス用エネルギー回収型圧力調整器の開発, ”計測自動制御学会論文集 Vol.45 , No.3, pp177/182 (2009)

栗原陽介,渡辺嘉二郎,小林一行,田中博,”光センサを用いた嚥下時における先行時間,頤舌骨筋筋力,甲状舌骨筋筋力の推定における嚥下能力評価法,人間工学会” Vol.45, No.2, pp. 110/117 (2009)

栗原陽介,河西良拓,渡辺嘉二郎,小林一行,田中博,”フローリング,畳の上および浴槽,トイレ内における生活者の生体情報モニタリング,” 計測自動制御学会論文集,Vol.45, No. 2, pp.91/98 (2009)

小林一行,御園佑介,渡辺嘉二郎,大久保友幸,栗原陽介,”複素拡張カルマンフィルターを用いたウエイポイントナビゲーションの実装”,知能と情報(日本知能情報ファジィー学会誌)Vol.21, No.1, pp.90/98 (2009)

渡辺 嘉二郎,栗原陽介,田中博,”脈波,呼吸成分の平均相互情報量を用いた寝姿勢の変化にロバストな無呼吸時間検出法,” 計測自動制御学会論文集,Vol.45, No.1 pp.11/17 (2009)

Yoshihisa Fukuda, Yosuke Kurihara, Kazuyuki Kobayashi, Kajiro Watanabe, “Development of Electric Wheelchair Interface Based on Laser Pointer,” ICROS-SICE International Joint Conference 2009 August 18(Tue.)-21(Fri.), 2009 in Fukuoka International Congress Center, Fukuoka, JAPAN

Hiroyoshi Nakayama, Kajiro Watanabe “Improved Walking Motion for a Biped Robot Using Piezoelectric Ceramic Sensors,” ICROS-SICE International Joint Conference 2009 August 18(Tue.)-21(Fri.), 2009 in Fukuoka International Congress Center, Fukuoka, JAPAN

Tomoyuki Ohkubo, Kazuyuki,Kobayashi, Kajiro Watanabe, Yosuke Kurihara , “Development of Safety System for Electric Wheelchair with Thermography Camera,” ICROS-SICE International Joint Conference 2009 August 18(Tue.)-21(Fri.), 2009 in Fukuoka International Congress Center, Fukuoka, JAPAN

Naoya Okamoto, Yosuke Kurihara, Kajiro Watanabe , “Motion Control of Multi-legged Machines,” ICROS-SICE International Joint Conference 2009 August 18(Tue.)-21(Fri.), 2009 in Fukuoka International Congres

Yoshinori Inaba, Jumpei Kochi, Hanae Ishi, Jiro Gyoba and Shigeru Akamatsu,”Impression-driven Design Scheme for a Class of 3D Objects Based on Morphable 3D Shape Model, and its Automatic Buildup by Supplementary Feature Sampling,” Proc. of IWAIT2009 (CD-ROM), Jan. 2009

Hanae Ishi, Yuiko Sakuta, Shigeru Akamatsu and Jiro Gyoba,”A Face Image Generation System for Transforming Three Dimensions of Higher-order Impression,” Proc. of IWAIT2009 (CD-ROM), Jan. 2009

Yuiko Sakuta, Hanae Ishi, Shigeru Akamatsu and Jiro Gyoba,”Psychological Evaluation and the Applicability of the Impression Transfer Vector Method for Synthesizing Higher-order Facial Impressions,” Proc. of IWAIT2009 (CD-ROM), Jan. 2009

稲葉善典, 河内純平, 伊師華江, 行場次朗, 赤松茂,“特異形状を含む3次元モーフィングモデルの作成法と印象操作に基づく造形物デザイン,”信学技報IE2008-207, pp.19-24, Feb. 2009

中村亮太, 赤松茂,“動画像のOptical Flowを用いた発声単語認識システム,” 画像電子学会研究会予稿08-05-09, pp.49-55, March 2009

鈴木孫一郎, 赤松茂,“本人認証システムにおけるなりすまし対策の一検討‐まばたきの有無による肖像写真入力の検知‐,” 画像電子学会研究会予稿08-05-10, pp.57-62, March 2009

稲葉善典, 伊師華江, 河内純平, 行場次朗, 赤松茂,“3次元モーフィングモデルを用いた物体の高次視覚印象の操作 ‐SD法による高次印象の定量化と印象変換の妥当性の評価‐”, ヒューマンインタフェース学会研究報告集, Vol.11, No.2, pp.13-18, May 2009

Yuiko Sakuta, Hanae Ishi, Shigeru Akamatsu, and Jiro Gyoba, “Psychological evaluation of higher-order facial impressions synthesized by the impression transfer vector method,” Kansei Engineering International Journal, Vol.9, No.1, pp.1-10, 2009

桜井謙次, 関根祥介, 赤松茂, 蒲池みゆき,“対面した他者の視線から受ける奥行の知覚,”信学技報HIP2009-105, pp.53-58, Dec. 2009

尾川浩一、大村尚加、中原理紀、久保敦司、“CdTe 検出器を用いた超高空間分解能SPECT システム―基本性能の評価-”、Med Imag Tech, vol.27, No.1, pp.44-49, Jan 2009

Yuki Futatsumori, Koichi Ogawa, “Identification of Media with a Photon Counting X-ray CT System” International Forum on Medical Imaging in Asia (IFMIA), IEICE Technical Report, MI2008-122, pp.277-278, 2009

Tatsuya Kusayanagi, Koichi Ogawa, “Diverging SPECT system with a semiconductor detector”, International Forum on Medical Imaging in Asia (IFMIA), IEICE Technical Report, MI2008-122, pp.283-284, 2009

Yoshinori Hirabayashi, Koichi Ogawa, “A new method for region-of-interest image reconstruction in x-ray CT”, International Forum on Medical Imaging in Asia (IFMIA), IEICE Technical Report, MI2008-122, pp.279-282, 2009

Hideaki Ishii, Koichi Ogawa, “Image restoration with two advanced Compton cameras”, International Forum on Medical Imaging in Asia (IFMIA), IEICE Technical Report, MI2008-122, pp.273-276, 2009

彌冨仁、尾川浩一、“劣化の少ない2値画像回転手法”、電子情報通信学会論文誌D, vol.J-92-D, No.9, pp.1682-1685, (Sep) 2009 Koichi Ogawa, Go Mamiya, Hitoshi Iyatomi, Y. Oku, Etsuo Kunieda, “Motion detection system with three USB cameras and active search algorithm for stereotactic radiosurgery”, Proc. world congress on medical physics and biomedical engineering (WC2009), Munich (Germany), 2009

Koichi Ogawa, Naoka Ohmura, Hirokazu Iida, Kayoko Nakamura, Tadaki Nakahara and Atsushi Kubo, “Development of an ultra-high resolution SPECT system with a CdTe semiconductor detector,” Annals of Nuclear Medicine, vol.23, No.8, pp.763-770, Oct 2009

Masahiko Sakata, Koichi Ogawa, “Noise Reduction and Contrast Enhancement for Small-dose X-ray Images in Wavelet Domain,” Conference Record on IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference, pp.2924-2929, 2009

Tatsuya Kusayanagi, Koichi Ogawa, “Simulation Study on the Divergins SPECT System with a Semiconductor Detector,” Conference Record on IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference, pp.3409-3411, 2009

Hideaki Ishii, Koichi Ogawa, Shigeto Kabuki, Toru Tanimori, “Image Restoration in the Dual Advanced Compton Camera,” Conference Record on IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference, pp.3920-3923, 2009

Koichi Ogawa, Takumi Ishikawa, Keisei Shuto, Hiroaki Kobayashi, Tadaki Nakahara, Naoyuki Shigematsu, “Development of a Prototype Semiconductor Gamma-Camera System,” Conference Record on IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference, pp.3597-3601,2009

Shigeto Kabuki, Hiroyuki Kimura, Yuji Nakamoto, Hiroo Amano, Hidetoshi Kubo, Kentaro Miuchi, Shunsuke Kurosawa, Michiaki Takahshi, Hidekazu Kawashima, Masashi Ueda, Tomohisa Okada, Atsushi Kubo, Etuso Kunieda, Tadaki Nakahara, Ryota Kohara, Osamu Miyazaki, Tetsuo Nakazawa, Takashi Shirahata, Etsuji Yamamoto, Koichi Ogawa, Kaori Togashi, Hideo Saji, and Toru Tanimori, “Imaging reagents study for nuclear medicine using an electron-tracking Compton gamma-ray camera” Conference Record on IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference, pp.2813-2816, 2009

Hitoshi Iyatomi, Tomotaka Kasamatsu, Jun Hashimoto, M.Emre Celebi, Gerald Schaefer and Koichi Ogawa,”Perioperative cardiac risk prediction,” Proc. 9th International Conference on Information Technology and Applications in Biomedicin, 2009

1) 佐藤 和紀,安井 良介,金井 敦,廣田 啓一,谷本 茂明,“ブログにおける個人に関する情報の露出状況調査,“ 情報処理学会マルチメディア,分散,強調とモバイルシンポジウム(DICOMO2009),情報処理学会シンポジウムシリーズvol.2009,No1,pp.1473-1480,(2009年7月).

2) 安井 良介,廣田 啓一,畑島 隆,金井 敦,“個人情報記述レベルの定量化手法の検討,” 情報処理学会マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2009), 情報処理学会シンポジウムシリーズ  Vol.2009, No.9,pp.183-188,(2009年10月).

M. Takesue, “Personalized Filtering of Polymorphic E-mail Spam,” Intl. Conf. on Emerging Security Information, Systems, and Technologies,” IEEE CS Press, pp. 249-254 (June 2009).

M. Takesue, “An HTTP Extension for Secure Transfer of Confidential Data,” IEEE Intl. Conf. on Networking, Architecture, and Storage, pp. 101-108 (July 2009).

Kazuo Yana, Fabio Babiloni, Ali Bulent Usakli and Daming Wei eds, International Journal of Bioelectromagnetism Vol. 11, No. 1: Special Issue on Heart Imaging and Modelling, International Society of Bioelectromagnetism¸ pp. 1-63, Aug., 2009.

Kazuo Yana, Fabio Babiloni, Giovanni Vecchiatoii and Luigi Bianchi eds, International Journal of Bioelectromagnetism, Vol. 11, No. 2: Special Issue on Noninvasive Functional Source Imaging of the Brain, International Society of Bioelectromagnetism¸ pp. 64–114, Aug., 2009.

Kazuo Yana, Fabio Babiloni, Fabrizio de Vico Fallani and Ana Susac eds, International Journal of Bioelectromagnetism, Vol. 11, No.3: Special Issue on Dynamic Brain Functional Analysis, International Society of Bioelectromagnetism¸ pp. 115–148, Aug., 2009.

Kazuo Yana, Fabio Babiloni, Fabrizio de Vico Fallani and Ana Susac eds, International Journal of Bioelectromagnetism,Vol. 11, No.4: Special Issue on Advanced Methods for Functional Brain Dynamics Analysis, International Society of Bioelectromagnetism¸ pp. 149–198, Aug., 2009.

Masami Iwatsuki,Norio Takeuchi,Hisato Kobayashi,Kazuo Yana et al., “Automathic Digital Content Generation System for Real-Time Distance Lectures,” In Methods and Applications for Advancing Distance Education Technologies: International Issues and Solutions, IGI Global, Chap. 1, pp. 1-8, 2009.

Kaoru Kaeriyama, Masaki Nozawa, Hiroyuki Shichiku, Kazuo Yana, Hirohisa Mizuta and Takuya Ono, “A Novel Method for T-wave Alternans Detection based on Holter ECG Recordings,” Proceedings of the 6th International Workshop on Biosignal Interpretation, pp.51-55, June, 2009.

Masaki Nozawa, Kazuo Yana, Kaoru Kaeriyama, Hirohisa Mizuta and Takuya Ono, “Spontaneous Variability Analysis for Characterizing Cardiovascular Responses to Water Ingestion,” Proceedings of the 31st Ann.ual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine an Biology Society, pp. 1816-1819, September, 2009.

Yasushi Kodama, Tadashi Komori, Yoshikuni Harada, Yasushi Kambayashi, Yuji Tokiwa and Kazuo Yana, “An Implementation of the Tools in the Open-source Sakai Collaboration and Lerning Environment, Proceedings of the 15th International Conference on Distributed Multimedia Systems, pp. 271-274, September, 2009.

Billy Pham, Ivan Ho, Yoshiyuki Hino, Yasushi Kodama, Hisato Kobayashi and Kazuo Yana, “A 3D Real-time Interactive Web-cast Environment for E-Collaboration in Academia and Education,” Proceedings of the 15th International Conference on Distributed Multimedia Systems, pp. 275-278, September, 2009.

Kiyoshi Asakawa and Kazuo Yana, “Applying Flow Theory to the Evaluation of the Quality of Experience in a Summer School Program Involving E-interaction,” Proceedings of the 15th International Conference on Distributed Multimedia Systems, pp. 279-284, September, 2009.

Junji Kuwajima and Lei Li, “A Rapid Iterative Algorithm for LCP”, INFORMATION, Vol.12, No.5, pp. 985-990 (2009).

Shingo Yonashiro and Lei Li, “Approximation of Nonlinear Function Using RBF Networks and GA”, Proceedings of the Fifth International Conference on Information, Edited by Lei Li and Kang K. Yen, Published by International Information Institute, Tokyo, November, 2009, pp. 116-119.

Fei Wang and Lei Li, “An Application to RWeka Based on Apriori Algorithm with a Data Mining”, Proceedings of the Fifth International Conference on Information, Edited by Lei Li and Kang K. Yen, Published by International Information Institute, Tokyo, November, 2009, pp. 120-123.

Shuichi Yasumura and Lei Li, “A Krylov Subspace Method Using the Sylvester Law of Inertia for the Eigensolutions of Large, Sparse and Symmetric Matrices”, Proceedings of the Fifth International Conference on Information, Edited by Lei Li and Kang K. Yen, Published by International Information Institute, Tokyo, November, 2009, pp. 256-259.

Keisuke Takayanagi and Lei Li, “Escape Method from Local Solution for Ant System”, Proceedings of the Fifth International Conference on Information, Edited by Lei Li and Kang K. Yen, Published by International Information Institute, Tokyo, November, 2009, pp. 298-301.

Tomohiro Takei and Lei Li, “Efficiency Improvement Multi-Agent Reinforcement Learning based on Staged State Division for the Pursuit Problem”, Proceedings of the Fifth International Conference on Information, Edited by Lei Li and Kang K. Yen, Published by International Information Institute, Tokyo, November, 2009, pp. 302-305.

Yuji Tsumita and Lei Li, “Chaos was Used to Select the Number of Hidden Layer for Neural Network with Cell Assembly”, Proceedings of the Fifth International Conference on Information, Edited by Lei Li and Kang K. Yen, Published by International Information Institute, Tokyo, November, 2009, pp. 343-346.

Akihiro FUJII,Hajime YAMADA“Trends in the Commercialization and R&D of New Information Network Infrastructure”, Science and Technology Trends Quarterly Review, Vol. 32, June, 2009 Hitoshi Iyatomi, Hiroshi Oka, Masafumi Hagiwara, Ayako Miyake, Masayuki Kimoto, Koichi Ogawa and Masaru Tanaka, “Computerized quantification of psoriasis lesions with color calibration: Preliminary results,” Clinical and Experimental Dermatology, Vol.34, No.7, pp.830-833 (2009).

M. Emre Celebi, Gerald Schaefer, Hitoshi Iyatomi, William V. Stoecker, Joseph M. Malters, and James M. Grichnik, “An Improved Objective Evaluation Measure for Border Detection in Dermoscopy Images,” Skin Research and Technology, Vol.15, No. 4, pp.444-450 (2009)

M. Emre Celebi, Hitoshi Iyatomi, Gerald Schaefer, and William V. Stoecker, “Approximate Lesion Localization in Dermoscopy Images, ” Skin Research and Technology, Vol.15, No.3, pp.314-322 (2009).

M. Emre Celebi, Hitoshi Iyatomi, Gerald Schaefer, and William V. Stoecker, “Lesion Border Detection in Dermoscopy Images,” Computerized Medical Imaging and Graphics, Vol. 33, No.2, pp.148-253 (2009)

彌冨 仁、尾川浩一, “劣化の少ない2値画像回転手法”,電子情報通信学会論文誌 D-II, Vol.92, No.9, pp.1682-1685 (2009)

田中 勝、彌冨 仁, “ダーモスコピーによる自動診断法” MB Derma, Vol.149, pp.76-82, (2009)

Hitoshi Iyatomi, Tomotaka Kasamatsu, Jun Hashimoto, M.Emre Celebi, Gerald Schaefer and Koichi Ogawa, ” Perioperative cardiac risk prediction,” Proc. IEEE International Conference on Information Technology and Applications in Biomedicine (ITAB 2009) (CD-ROM), Larnaca (Cyprus), Nov. 2009.

Gerald Schaefer, Maher Rajab, M. Emre Celebi and Hitoshi Iyatomi, ” Skin lesion segmentation using cooperative neural network edge detection and colour normalisation,” Proc. IEEE International Conference on Information Technology and Applications in Biomedicine (ITAB 2009) (CD-ROM), Larnaca (Cyprus), Nov. 2009.

Hitoshi Iyatomi, ” Automated melanoma diagnosis,” The International Workshop on Medical Imaging and Visualization (MIV2009), Cairo (Egypt), Nov. 2009. (Invited)

M. Emre Celebi, Hitoshi Iyatomi, Gerald Schaefer, “Contrast enhancement in dermoscopy images by maximizing a histogram bimodality measure,” Proc. IEEE International Conference on Image Processing (ICIP 2009), Cairo (Egypt), pp.2601-2604, Nov. 2009.

G. Schaefer, M. Rajab, M. E. Celebi, and H. Iyatomi, “Skin Lesion Extraction in Dermoscopic Images Based on Colour Enhancement and Iterative Segmentation,” Proc. IEEE International Conference on Image Processing (ICIP 2009), Cairo (Egypt), pp.3361-3364, Nov. 2009.

Go Mamiya, Etsuo Kunieda, Yohei Oku, Hitoshi Iyatomi, Koichi Ogawa, “Motion detection system with three USB cameras and an active search algorithm for stereotactic radiosurgery,” Proc.11th World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, (CD-ROM), Munich (Germany), Sep. 2009.

M.E.Celebi, Hitoshi Iyatomi, Gerald Scheafer, William V.Stoecker, “Localization of lesions in dermoscopy images using ensembles of thresholding methods,” Lectures Notes in Computer Science, Vol. 5414, pp.1094-1103, Jan. 2009.

国内の研究会での発表など

稲葉善典, 伊師華江, 河内純平, 行場次朗, 赤松茂,“SD法を用いた3次元モーフィングモデルの印象変換と妥当性の評価,” 2009年度画像電子学会年次大会予稿集(CD-ROM), June 2009

中村亮太, 赤松茂,“口唇周辺の時系列画像から抽出される動き特徴を用いた発声単語認識 -両目位置を用いた顔パターンの自動正規化の効果-,”2009年度画像電子学会年次大会予稿集(CD-ROM), June 2009

関根祥介, 蒲池みゆき, 赤松茂,“任意の人物の顔をもち、表情と視線の動きを制御できる3次元エージェントの生成,”2009年度画像電子学会年次大会予稿集(CD-ROM), June 2009

武田修平, 赤松茂,“Gabor特徴量を用いたAdaBoostによる顔画像の属性判別,”2009年度画像電子学会年次大会予稿集(CD-ROM), June 2009

菅原甫史, 赤松茂, “指差し動作認識によるスライドパズルの実装とその評価 - 机型実世界指向インターフェースの構築に向けて,”2009年度画像電子学会年次大会予稿集(CD-ROM), June 2009

猪俣拓利, 赤松茂, “PHANToM Omniを用いた空中筆記による本人認証精度の分析,”2009年度画像電子学会年次大会予稿集(CD-ROM), June 2009

齋藤哲平,赤松茂,“ZOOM機能を用いた移動物体の自動追跡システムの構築,”2009年度画像電子学会年次大会予稿集(CD-ROM), June 2009

赤松茂,“工学的手法による顔認知機能の解明,”新学術領域研究「学際的研究による顔認知メカニズムの解明」第1回領域班会議, Aug. 2009

稲葉善典, 赤松茂,“顔の3次元モーフィングモデル構築の試み,” 新学術領域研究「学際的研究による顔認知メカニズムの解明」第1回領域班会議, Aug. 2009

稲葉善典, 小林亮介, 伊師華江, 行場次朗, 赤松茂,“3次元顔モーフィングモデルに対するSD法による高次視覚印象の定量化とその印象変換の試み,”フォーラム顔学2009, 日本顔学会誌, Vol.9, No.1, pp.224, Oct. 2009

猪俣拓利, 稲葉善典, 赤松茂,“3次元モーフィングモデルによる顔表情生成の試み,”フォーラム顔学2009, 日本顔学会誌, Vol.9, No.1, pp.225, Oct. 2009

野口奈津美, 稲葉善典, 伊師華江, 行場次朗, 赤松茂,“顔の3次元形状にもとづく性差判別における視点の影響,”フォーラム顔学2009, 日本顔学会誌, Vol.9, No.1, pp.226, Oct. 2009

稲葉善典, 赤松茂,“3次元モーフィングモデルを用いた顔の物理的特徴と視覚印象の関係の分析と印象変換への応用,”2009年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2009

中村亮太, 赤松茂,“空間情報と時間情報を用いた発話認識,”2009年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2009

伊藤佳祐, 赤松茂,“部分空間法による顔姿勢認識,” 2009年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2009

関根祥介, 赤松茂,“任意の人物の顔をもち表情と視線の動きを制御できる3次元エージェントの生成,”2009年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2009

武田修平, 赤松茂,“AdaBoostによる顔画像の性差判別への試み,”2009年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2009

猪俣拓利, 赤松茂,“3次元モーフィングモデルを用いた顔表情生成への試み,”2009年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2009

菅原甫史, 赤松茂,“ジェスチャ認識を用いた仮想空間上における操作情報取得システムの構築,”2009年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2009

齋藤哲平, 赤松茂,“2台のカメラを用いた複数人物下における単体識別追跡システムの構築,”2009年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2009

浅賀亮平, 赤松茂,“Ada Boostを用いた顔検出器の傾きに対する頑健性について,”2009年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2009

遠藤聖也, 赤松茂,“顔画像の意図的学習時と印象判断時における眼球運動の比較検討,”2009年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2009

蒲山貴士, 赤松茂,“AdaBoostを用いた シーン中の顔検出,”2009年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2009

小林亮介, 赤松茂,“SD法を利用した顔の3次元モーフィングモデルに基づく印象変換法の提案,”2009年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2009

野口奈津美, 赤松茂,“顔の三次元形状にもとづく性差判別における視点の影響,”2009年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2009

水本貴弘, 赤松茂,“個人認証のための人物追跡システムの構築,”2009年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2009

山本翼, 赤松茂,“3次元形状を用いたリアルな3次元顔画像の生成,”2009年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2009

尾川浩一:“CT技術の最前線―被ばく低減への試み”、映像情報、vol.41, No.13, pp.1335, 2009

間宮剛、尾川浩一、彌冨仁、国枝悦夫、奥洋平:“複数台カメラを用いた放射線治療のための動き検出システムの開発”、第97回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理、vol.29、sup.2、p.242-243),2009/4/17-19(横浜)

坂田昌彦、尾川浩一:“低線量下で撮影された放射線画像の雑音除去”、第15 回画像センシングシンポジウム SSII09、IS3-03, 2009/6/10-12(横浜)

飯田浩一、尾川浩一:“CdTe半導体検出器を用いた高分解能X線CTシステム”、第15 回画像センシングシンポジウム SSII09、IS1-22,2009/6/10-12(横浜)

宝珠山祐亮、尾川浩一:“SPECTにおける散乱線補正法の比較”、第28回日本医用画像工学会大会(Med. Imag. Tech., vol.27, P28, Supplement), 2009/8/4-5(名古屋)

渡辺哲郎、尾川浩一:“ウェーブレット変換を利用した医用画像におけるポアソン雑音の除去”、第28回日本医用画像工学会大会(Med. Imag. Tech., vol.27, P28, Supplement), 2009/8/4-5(名古屋)

宝珠山祐亮、尾川浩一:“SPECTにおける散乱線補正法の比較”、第28回日本医用画像工学会大会(Med. Imag. Tech., vol.27, P30, Supplement), 2009/8/4-5(名古屋)

石川匠、尾川浩一:“スラットコリメータを用いた心筋SPECTシステムにおける画像劣化の改善”、第28回日本医用画像工学会大会(Med. Imag. Tech., vol.27, P27, Supplement), 2009/8/4-5(名古屋)

上島裕貴、尾川浩一:“ウェーブレット変換を用いたSPECT画像における統計雑音の除去”、第28回日本医用画像工学会大会(Med. Imag. Tech., vol.27, OP5-02P, Supplement), 2009/8/4-5(名古屋)

廣川立磨、尾川浩一:“X線CTを用いた媒質の同定におけるデータ収集パラメータの考察”、第28回日本医用画像工学会大会(Med. Imag. Tech., vol.27, P24, Supplement), 2009/8/4-5(名古屋)

乳井嘉之、尾川浩一、沼野智一、関根紀夫、国枝悦夫:“フラットパネルディテクタを用いた拘束条件下における画像再構成の基礎的検討”、第98回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理、vol.29、sup.3、pp.124-127),2009/9/17-9/19(京都)

草柳達也、尾川浩一:“ダイバージングSPECTシステムにおける画質改善”、第98回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理、vol.29、sup.3、pp.199-200),2009/9/17-9/19(京都)

青木雅明、尾川浩一、櫻井榮男:“ウェーブレット変換を用いたデンタルパノラマ画像の画質改善”、第98回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理、vol.29、sup.3、pp.122-123),2009/9/17-9/19(京都)

石井秀明、尾川浩一、株木重人、谷森達:“直交させた2台のアドバンスドコンプトンカメラを用いた画像再構成”、第98回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理、vol.29、sup.3、pp.197-198),2009/9/17-9/19(京都)

飯田浩一、尾川浩一:“ピンホールSPECTにおけるピクセル型検出器と非ピクセル型検出器の比較”、第98回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理、vol.29、sup.3、pp.201-202),2009/9/17-9/19(京都)

尾川浩一、首藤経世、小林弘明、中原理紀、茂松直之:“CdZnTe半導体を用いたガンマカメラシステムの開発”、第49回日本核医学会学術総会(核医学, vol.46, No.3, p.281),2009/10/1-3(旭川)

株木重人、木村寛之、天野博夫、中本裕士、尾川浩一、小原亮太、中原理紀、国枝悦夫、富樫かおり、佐治英郎、谷森達:“電子飛跡検出型コンプトンカメラを用いたイメージング試薬の基礎的検討”、第49回日本核医学会学術総会(核医学, vol.46, No.3, p.282),2009/10/1-3(旭川)

尾川浩一:“SPECT画像のウェーブレット変換を用いた雑音除去”、第49回日本核医学会学術総会(核医学, vol.46, No.3, p.283),2009/10/1-3(旭川)

本村信篤、金田明義、尾川浩一:“散乱線補正を逐次近似再構成法に組み込む効果の検討”、第49回日本核医学会学術総会(核医学, vol.46, No.3, p.283),2009/10/1-3(旭川)

橋本順、大平雅之、尾川浩一、今井裕:“MIBGシンチを用いたパーキンソン病と多系統萎縮の鑑別診断における散乱線補正の効果”、第49回日本核医学会学術総会(核医学, vol.46, No.3, p.281),2009/10/1-3(旭川)

根本幸人,後藤慎弥,金井 敦,“ソーシャルブックマークにおけるタグ付けを利用したWebページ評価手法の検討,”情報処理学会,グループウェアとネットワークサービス研究会研究報告,Vol.2009,No3,pp.55-60,(2009年1月)

佐藤和紀,安井良介,針谷友彰,金井敦,廣田啓一,谷本茂明,“ブログにおける個人情報漏えいの状況調査,”情報処理学会,電子化知的財産・社会基盤研究会研究報告,Vol.2009,No.11,pp.1-8, (2009年2月).

安井良介,佐藤和紀,針谷友彰,金井敦,廣田啓一,谷本茂明,“ブログにおける個人情報漏えいレベルの定量化,”情報処理学会,電子化知的財産・社会基盤研究会研究報告,Vol.2009, No.11, pp.9-16,(2009年2月)

Takuya Ono, Kazuo Yana, Shioto Itakura, Yoshinori Kobayashi, Hiroshi Honma, Kazuo Munakata, Takao Kato, Kyoichi Mizuno, “Can new descriptors of ventricular repolarisation as T-wave Vector Alternans detect highly arrhythmic risk patients with heart diseases ?”, 17th Asian Pacific Congress of Cardiology, May 2009.

Takuya Ono, Kazuo Yana, Shichiku H, Shioto Itakura, Yoshinori Kobayashi, Hiroshi Honma, Kazuo Munakata, Takao Kato, Kyoichi Mizuno, “Usefulness of T-wave Vector Alternans as new descriptors of detecting the ventricular repolarisation abnormality,” 13th Congress of International Society for Holter and Noninvasive Electrocardiology, June, 2009.

Shioto Itakura, Takuya Ono, Yana K, Shichiku H, Isuzu Ono, Yoshinori Kobayashi, Hiroshi Honma, Kazuo Munakata, Takao Kato, Kyoichi Mizuno, “The Characteristics of Variance Rate and Amplitude Variance as to T-wave Morphology Variability Analysis in the Highly Arrhythmic Patients assessed by T-wave Vector Alternans,” 13th Congress of International Society for Holter and Noninvasive Electrocardiology, June, 2009.

天野康浩, 八名和夫, “状態空間モデルを用いたネットワークトラヒックの成分分解,”  電子情報技術報告ネットワークシステム109(188),pp.13-17, 2009.

濱 隆二、八名和夫、笹原 直哉、高橋 良馬、板倉 潮人、小野卓也, 飲水負荷が心拍・血圧変動スペクトルに及ぼす影響について, 生体医工学, Vol. 47特別号, p.174, Apr. 2009

歸山 薫、野澤 優紀、紫竹 弘之、八名 和夫、小野 卓也、板倉 潮人、ホルター心電図にもとづくT波オルタナンスの検出、第24回生体・生理シンポジウム論文集、pp.395-398, Sept. 2009.

Elizabeth Greenwood and Kazuo Yana, Hosei University/ UC Davis E-exchange, The UC/CSU Joint Department Heads/Deans Meeting for colleges of agriculture, September 11, 2009.

李磊,奨学金制度に工夫が必要,向学新聞,2009年6月。

藤井章博,“機械部品流通EAI向けAPIプラットフォーム”, 情報処理学会,電子化知的財産・社会基盤研究会研究報告,Vol.EIP-44,No.3,pp.1-4, (2009年5月)

Akihiro FUJII, ”Multi-methodology foresight in Information Technology”, APEC R&D Management Training Program (ART ),Science and Technology Policy Institute(STEPI) of Korea, Pusan, Korea, (2009年2月)

洲崎玲子、石崎純子、彌冨 仁、田中 勝, “掌蹠の色素細胞母斑における ダーモスコピーパターン別の年齢分布”,第36回皮膚かたち研究学会学術大会, 宮崎, 2009年11月

彌冨 仁、田中 勝, “ダーモスコピーによるメラノーマの自動診断”, 日本癌治療学学会誌 (第47回日本癌治療学会学術集会研究集報), 44 (2), pp.313, 横浜、 2009年10月 (invited)

石崎 純子,彌冨 仁,町屋 千鶴子,田中 勝, “最近4年間の当院における院内褥瘡患者の統計的検討”, 第11回日本褥瘡学会学術集会, 大阪、2009年9月

間宮 剛、尾川浩一、彌冨 仁、国枝悦夫、奥 洋平, “複数台カメラを用いた放射線治療のための動き検出システムの開発” 第97回日本医学物理学会学術大会、横浜、2009年4月

平原誠,階層的に相関を持ったパターンの連続想起, 第25回ファジィシステムシンポジウム講演論文集,(CD-ROM:100129.pdf). (2009年)

2008年

原著論文および国際会議論文

Masato Ogawa and Lei Li, “A Max-Min Ant System Algorithm with MAX Selection”, Information, Vol.11, No.4, 2008, pp.467-471.

Hirokazu Nakamura and Lei Li, “A Probability Movement Method for the Affordable Neural Network”, Information, Vol.11, No.4, 2008, pp.505-511.

Lei Li, Qian Li and Yoshio Yoshioka, “On Interconnection Networks for Parallel Computers”, Information, Vol.11, No.6, 2008, pp.739-748.

Yoshimitsu Zobuchi and Lei Li, “Restriction of the Teacher Signal in the Digital Type BP Learning Algorithm”, Information, Vol.11, No.6, 2008, pp.829-840.

Lei Li and Koya Hattori, “An Asymptotic Approach for Testing P0-Matrices”, Electronic Notes in Theoretical Computer Science, Vol.225, (December, 2008).

Kimitsugu Kon and Shigeru Akamatsu,”An Automatic Tracking System Using A Single PTZ Camera,” Proc. of IWAIT2008 (CD-ROM), Jan. 2008

Takayuki Omori, Tsubasa Saito, Kazuhiro Yamada and Shigeru Akamatsu,”Finger Pointer: An image-based hyuman-computer interaction system,” Proc. of IWAIT2008 (CD-ROM), Jan. 2008

栗原 陽介 , 渡辺 嘉二郎 , 田中 博 “睡眠段階遷移方程式と睡眠段階出現確率の推定” 計測自動制御学会論文集,Vol.44, No.2, pp.124/132 (2008)

栗原 陽介 , 小山 兼司 , 渡辺 嘉二郎 “在宅介護におけるFIM値推定法-仰臥位から端座位への起き上がり動作-” 人間工学,Vol.44,No.2,pp.76/81 (2008)

栗原 陽介 , 渡辺 嘉二郎 , 小林 一行 , 田中 博 “睡眠時における脈波の相互情報量によるデルタ波出現率の推定” 電気学会,電学論C, Vol. 128, No. 10, pp.1550-1556 (2008)

栗原 陽介 , 渡辺 嘉二郎 , 小林 一行 , 田中 博 “ストレッチャー搬送時における無拘束呼吸計測と動的閾値法による呼吸停止検知法” 電気学会,電学論C, Vol. 128, No. 11, pp.1641-1648(2008) .

栗原 陽介 , 渡辺 嘉二郎 , 小林 一行, 他 “脈波,呼吸成分の平均相互情報量を用いた寝姿勢の変化にロバストな無呼吸時間検出法” 計測自動制御学会論文集,Vol.45,No.1,pp.11-17 (2009)

Kurihara Y, Watanabe K, Kobayashi K, Tanaka H“Observer Based on Body Movement Information in Sleeping and Estimation of Sleep Stage Appearance Probability” Transactions on Electrical and Electronic Engineering, Vol. 3 / No. 6, p 688-69

Kurihara Y, Watanabe K, Kikuchi T, Namba T, Tanaka H“Potentialities of the Pneumatic Biosensing Bed as a Network Terminal for Ubiquitous Health Monitoring and Medical Care” Transactions on Electrical and Electronic Engineering, Vol. 3 / No. 6,p 632-641

Sawabe W, Goto Y, Kobayashi K, Watanabe K “Application of particle Filter to Autonomous Navigation System for Outdoor Environment” SICE Annual Confidence, 93 – 96, August (2008)

Onishi M, Kobayashi K, Watanabe K“A Study of Intuitive Electric Wheelchair Control Interface Based on Weight Shift” SICE Annual Confidence, 2710 – 2713, August (2008)

Sugiura M, Kobayashi K, Watanabe K, Ohkubo T“Development of Unmanned Ground Vehicle for IGVC JAUS Challenge” SICE Annual Confidence, 2719 – 2722, August (2008)

Sawabe W, Goto Y, Kobayashi K, Watanabe K “Application of Particle Filter to GPS Navigation System” Join 4th International Confidence on Soft Computing and Intelligent System and 9th International Symposium on advanced Intelligent System(SCIS & ISIS 2008) 93-6

Sugiura M, Kobayashi K, Watanabe K, Ohkubo T“Development of JAUS Controlled Unmanned Ground Vehicle for IGVC JAUS Challenge” Join 4th International Confidence on Soft Computing and Intelligent System and 9th International Symposium on advanced Intelligent System(SCIS & ISIS 2008) 2719-22

Umemura K, Tachikawa K, Kurihara Y, Watanabe K“Analysis of Human Walking by 3-D Acceleration Sensor and Its Application” SICE Annual Conference, 1723 – 1726, 2008

Sugimoto T, Koyama K, Kurihara Y, Watanabe K“Measurement of Infrasound Generated by Wind Turbine Generator”, SICE Annual Conference, 5 – 8, 2008

Masuyama K, Kurihara Y, Watanabe K“Measurement of Vital Signs of a Person on Concrete Flooring” SICE Annual Conference, 1823 – 1826, 2008

栗原孝史、尾川浩一:“モンテカルロ法を用いた光子輸送計算において高速計算を可能とする物体記述法”,Med. Imag. Tech., vol.26, No.1, pp.64-72, Jan, 2008

吉竹純平、尾川浩一:“CdTe半導体検出器を用いた超高分解能X線CTシステム”,電子情報通信学会誌, vol.J91-D, No.7, pp.1757-1765, July, 2008

Masaaki Aoki, Koichi Ogawa, “Contrast Enhancement of Dental Panoramic Images with a Wavelet Transform,” Proceedings of the 5th KOREA-JAPAN Joint Meeting on Medical Physics, CD-ROM, 2008

Tatsuma Hirokawa, Koichi Ogawa, “Identification of Media with a Photon Counting X-ray CT,” Proceedings of the 5th KOREA-JAPAN Joint Meeting on Medical Physics, CD-ROM, 2008

Takumi Ishikawa, Koichi Ogawa, Keisei Shuto, Shunichiro, Makino, Nobutoku Motomura, Hiroaki Kobayashi, “Evaluation of a Semiconductor Gamma-Camera with CdZnTe Detectors,” Proceedings of the 5th KOREA-JAPAN Joint Meeting on Medical Physics, CD-ROM, 2008

Go Mamiya, Koichi Ogawa, Hitoshi Iyatomi, Etsuo Kunieda, “Development of a Contactless Motion Tracking System for Stereotactic Radiosurgery,” Proceedings of the 5th KOREA-JAPAN Joint Meeting on Medical Physics, CD-ROM, 2008

Masahiko Sakata, Koichi Ogawa, “Contrast Enhancement of Mammograms With a Wavelet Transform,” Proceedings of the 5th KOREA-JAPAN Joint Meeting on Medical Physics, CD-ROM, 2008

Hirokazu Iida, Koichi Ogawa, “A Misalignment between the Center of a Diverging Collimator and the Center of Rotation of a Gamma Camera,” Proceedings of the 5th KOREA-JAPAN Joint Meeting on Medical Physics, CD-ROM, 2008

T. Watanabe, K. Ogawa, “Adaptive denoising of medical images with a wavelet transform,” Abstract book of the 11th EFOMP Congress, p.44-45, 2008

Y. Saito, K. Ogawa, “New data acquisition method and image reconstruction for myocardial SPECT,” Abstract book of the 11th EFOMP Congress, p.82, 2008

K. Ogawa, T. Ishikawa, K. Shuto, N. Motomura, and H. Kobayashi, “Performance of Semiconductor Gamma-Camera System with CdZnTe Detector,” Proceedings of IFMBE, vol.22, pp.829-831, 2008

M. Fukizawa, K. Ogawa, “SPECT imaging with a semiconductor detector and a diverging collimator,” Proceedings of IFMBE, vol.22, pp.836-839, 2008

N. Ohmura, K. Ogawa, “Ultra-High Resolution SPECT with CdTe Detectors,” Proceedings of IFMBE, vol.22, pp.832-835, 2008

K. Yana Bin He and Junichi Hori, eds, International Journal of Bioelectromagnetism, Special Issue on Bioelectromagnetic Source Imaging, Vol.10, No.2, pp. 76-123, Oct.2008.

K. Yana Bin He and Junichi Hori, eds, International Journal of Bioelectromagnetism, Special Issue on Bioelectromagnetic Source Imaging, Vol. 10, No.3, pp. 124-189, Oct. 2008.

K. Yana Pedro A Valdes-Sosa, Roberto C Sotero and Fabio Babiloni, eds, International Journal of Bioelectromagnetism, Special Issue on Novel Technology in Clinical Neurophysiology, Vol. 10, No.4, pp. 190-299, Dec. 2008.

Billy Pham, Yasushi Kodama, Yoshiyuki Hino, Hisato Kobayashi, Kazuo Yana, Yuji Tokiwa, “Second Life” as a Cyber Learning Environment for Higher Education and Research Collaboration Proc. APRU 9th distance Learning and the Internet conference, pp. 89-93, 2008.

Kazuo Yana, Mark E. Field, Elizabeth Greenwood, Nicole Ranganath, Pabro Otis et al. “A Real Time Class Exchange Program over the Pacific” Proc. APRU 9th distance Learning and the Internet conference, pp.95-98, 2008.

M. Takesue, “A Protection Scheme against the Attacks Deployed by Hiding the Violation of the Same Origin Policy,” Proc. of the 2nd Int. Conf. on Emerging Security Information, Systems, and Technologies,” IEEE CS Press, pp. 133-138 (Oct. 2008).

谷本茂明, 廣田啓一, 山本太郎, 千田浩司, 畑島隆, 高橋克巳, 金井敦, “次世代プライバシー保護サービスのコンセプト提案,”情報処理学会論文誌, Vol.49, No.7,  pp.2440-2455, July 2008.

Hitoshi Iyatomi, Hiroshi Oka, M.Emre Celebi, Masahiro Hashimoto, Masafumi Hagiwara, Masaru Tanaka, Koichi Ogawa, “An Improved Internet-based Melanoma Screening System with Dermatologist-like Tumor Area Extraction Algorithm, “ Computerized Medical Imaging and Graphics, Vol.32, No.7, pp.566-579 (2008)

Peter Soyer, Hiroshi Koga, Toshiaki Saida, Kuniaki Ohara, and Masaru Tanaka, “Computer-based classification of dermoscopy images of melanocytic lesions on acral volar skin, “ Journal of Investigative Dermatology, Vol.128, pp.2049-2054 (2008)

彌冨 仁、白 景明、笠松 智孝、橋本 順, “非心臓手術の心事故リスクの推定 -核医学検査の有用性の検討”, 日本知能情報ファジィ学会誌 (医用システム特集号) Vol.20, No.1, pp.100-107 (2008)

M. Emre Celebi, Hitoshi Iyatomi, William V Stoecker, Randy H Moss, Harold S Rabinovitz, Giuseppe Argenziano, Peter Soyer, “Automatic Detection of Blue-White Veil and Related Structures in Dermoscopy Images,” Computerized Medical Imaging and Graphics, Vol.32, No.8, pp.670-677 (2008)

Tomotaka Kasamatsu, Jun Hashimoto, Hitoshi Iyatomi,Tadaki Nakahara, Jingming Bai, Naoto Kitamura, Koichi Ogawa, Atsushi Kubo,”Application of Support Vector Machine Classifiers to Preoperative Risk Stratification with Myocardial Perfusion Scintigraphy,” Circulation Journal, Vol.72, No.11, pp.1829-1835 (2008)

M.Kimoto, M.Sakamoto, H.Iyatomi and M.Tanaka, “Three dimensional melanin distribution of acral melanocytic nevi is refrected in dermoscopy features: Analysis of parallel pattern”, Dermatology, Vol.216, pp.205-212 (2008)

M.Kimoto, M.Sakamoto, H.Iyatomi and M.Tanaka, “Reply”, Dermatology, Vol.217, No.4, pp.359 (2008)

M. Emre Celebi, Hassan A. Kingravi, Hitoshi Iyatomi, Y. Alp Aslandogan, William V. Stoecker, Randy H.Moss, “Border Detection in Dermoscopy Images Using Statistical Region Merging, “ Skin Research and Technology, Vol.14, Issue 3, pp.347-353 (2008)

Hitoshi Iyatomi, M.Emre Celebi, Hiroshi Oka, Masaru Tanaka, “An Internet-based Melanoma Screening System – Supported Acral Volar Lesions, “ Proceedings of IEEE EMBC 2008, pp.5156-5159 (2008)

M.Emre Celebi, Gerald Schaefer, Hitoshi Iyatomi, “Objective Evaluation of Methods for Border Detection in Dermoscopy Images, “ Proceedings of IEEE EMBC 2008, pp.3056-3059 (2008)

Sumiko Ishizaki, Hitoshi Iyatomi, Chizuko Machiya, Masaru Tanaka, “An analysis of 575 cases of pressure ulcer in a university hospital: correlation between the prognosis of the patients and the severity of their pressure ulcer, “ Proceedings of 10th China-Japan joint meeting of Dermatology (2008)

Go Mamiya, Hitoshi Iyatomi, Koichi Ogawa, “Development of contactless motion tracking system for stereotactic radiosurgery,” Proceedings of the 5th Korea-Japan joint meeting on medical physics (2008)

ページTOPに戻る
国内の研究会での発表など

尾川浩一:“JSMP-JSRT合同セミナー Scientific terms for medical physics and technology”、第95回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理、vol.28、sup.2、p.38),2008/4/4-4/6(横浜)

乳井嘉之、尾川浩一、国枝悦夫:“統計的画像再構成法を用いた脳血管画像の映像化に関する基礎研究”、第95回日本医学物理学会学術大会報文集(医学物理、vol.28、sup.2、p.152-153),2008/4/4-4/6(横浜)

山河勉、関健次、原田康雄、岡野友宏、尾川浩一、須江孝:“歯科パノラマ装置用ソフトウエアPanoACT のご紹介”第14 回画像センシングシンポジウム SSII08、2008/6/11-13(横浜)

間宮剛、尾川浩一、彌冨仁、国枝悦夫:“放射線治療における顔画像を用いた動き検出システムの開発”、第27回日本医用画像工学会大会(Med. Imag. Tech., vol.26, P18, Supplement), 2008/8/5-6(東京)

青木雅明、尾川浩一:“ウェーブレット変換を用いたデンタルパノラマ画像のコントラスト強調”、第27回日本医用画像工学会大会(Med. Imag. Tech., vol.26, P20, Supplement), 2008/8/5-6(東京)

斎藤裕太、尾川浩一:“心筋SPECTにおける新しいデータ収集システムの開発”、第27回日本医用画像工学会大会(Med. Imag. Tech., vol.26, P8, Supplement), 2008/8/5-6(東京)

大村尚加、尾川浩一:“超高分解能コリメータを用いた半導体SPECTシステムの開発”、第27回日本医用画像工学会大会(Med. Imag. Tech., vol.26, P09, Supplement), 2008/8/5-6(東京)

尾川浩一、首藤経世、中原理紀、久保敦司:“CdZnTe半導体を用いた高エネルギー分解能のガンマ線検出器の開発”、第47回日本核医学会総会(核医学, vol.45, No.3, p.309),2008/10/24-26(千葉)

尾川浩一:“CdTe半導体検出器を用いた超高分解能ガンマ線イメージング”、第47回日本核医学会総会(核医学, vol.45, No.3, p.290),2008/10/24-26(千葉)

尾川浩一:“核医学画像におけるウェーブレット変換を用いたデノイジング”、第47回日本核医学会総会(核医学, vol.45, No.3, p.263),2008/10/24-26(千葉)

橋本順、尾川浩一、佐々木貴浩、久保敦司:“人工ニューラルネットワークを用いた散乱線補正法による安静/ダイアモックス負荷2核種同時脳血流SPECT”、第47回日本核医学会総会(核医学, vol.45, No.3, p.254),2008/10/24-26(千葉)

奥真也、竹花一哉、尾川浩一、川邊譲治、巽光朗、宮内勉、松田恵雄、對間博之、長谷川雪憲、神宮司公二:“核医学部門の情報管理戦略ガイドラインの提案”、第47回日本核医学会総会(核医学, vol.45, No.3, p.230),2008/10/24-26(千葉)

尾川浩一:“核医学ディジタルファントムの作成”、第28回日本核医学技術学会総会学術大会(核医学技術, vol.28, No.3, p.51019),2008/10/24-26(千葉)

栗原孝史、尾川浩一:”Advanced Compton Cameraにおける再構成画像の画質改善”、法政大学情報メディア教育研究センター研究報告、vol.21, pp.65-70, 2008

関健次、原田康雄、岡野友宏、尾川浩一、山河勉、“高速データ収集可能な半導体検出器を利用したデジタルパノラマX線撮影装置(PanoACT-1000)の開発”、インナービジョン, vol.23, No.8, pp.98-100, 2008

尾川浩一、周藤安造:“CADMとの統合特集/統合への期待と仮題 序文”,Med. Imag. Tech., vol.26, No.5, pp.289-290, Nov, 2008

尾川浩一:“SPECTシステムの近年の動向とCdTe半導体検出器を用いたSPECTシステムの試作”、映像情報Medical, vol.40, No.13, pp.1216-1219, 2008

宮内 勉、奥 真也、竹花一哉、神宮司公二、横井英人、巽 光朗、河邊譲二、長谷川雪憲、對間博之、尾川浩一:“5大学病院核医学部門の業務分析によるIHE-J等標準化技術適合度の再検討~システム及び制度”、第64回日本放射線技術学会学術大会, 2008/4/4-4/6 (横浜)

宮島崇之、八名和夫, “状態空間モデルを用いたJPIXトラヒックの成分分解,” 電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.108, No.286, pp.13-17,Nov. 2008.

西山澄人、紫竹弘之、八名和夫他, ゛飲水負荷が心拍・血圧変動に及ぼす影響について,” 日本生体医工学会誌、生体医工学第46巻特別号, p. 124, May, 2008.

紫竹日弘之、歸山薫、八名和夫他, “適応KL展開を用いたT波オルタナンスの自動検出,” 日本生体医工学会誌、生体医工学第46巻特別号, p. 266, May, 2008.

日野 好幸, 児玉 靖司, 八名 和夫, 小林 尚登, Billy Pham, “3D仮想空間を活用した新たな e-Learning教育に関する研究,” 教育システム情報学会 第33回全国大会講演論文集, pp.6-7, 2008

児玉 靖司, 古森 貞, 常盤 祐司, 八名 和夫,”オープンソース教育システムSakaiに おけるTool実装の試み, 日本e-Learning学会2008年秋季学術講演会予稿集, pp 125 – 132. Nov., 2008.

李 磊、”日中科学技術学術交流の将来展望”(招待講演)、科学技術振興機構研究開発戦略センター、(2008年1月)。

李 磊、”日本は国際的人材バンクになりうるか―留学生受け入れ体制の視点から―”(基調講演)、第3回日中人材交流ワークショップ、日中産学官交流機構・科学技術振興機構、(2008年3月)。

Shuichi Yasumura and Lei Li, “A Performance Evaluation for Solving the Triangular Toeplitz Systems”, The 11th International Conference on Fields Crossing, Fusion and Development, Wuxi, China, September 12-15, 2008.

桑島淳二、李 磊、”線形相補性問題の反復アルゴリズム”、日本応用数理学会環瀬戸内応用数理研究部会第12回シンポジウム、山形大学理学部、(2008年10月)

林 秀憲、李 磊、”双方向の強化を導入したSEQ-Routingの改良”、日本応用数理学会環瀬戸内応用数理研究部会第12回シンポジウム、山形大学理学部、(2008年10月)

安村修一、李 磊、”大規模な三角形Toeplitz線形方程式の高速解法とその応用”、「行列・固有値問題の解法とその応用」研究部会第6回研究会、国立情報学研究所、(2008年11月)。

沢辺航、御園祐介、小林一行、渡辺嘉二郎“Simulinkによる自律環境認識および自律走行制御システムの開発” 日本知能ファジィ学会 第30回ファジィ・ワークショップ, MARCH(2008)

後藤善孝,小林一行,渡辺嘉二郎 “屋外環境下でのGPSナビゲーションへのParticle Filterの適用” 日本知能ファジィ学会 第30回ファジィ・ワークショップ, MARCH(2008)

坂崎栄信,小林一行,渡辺嘉二郎,石川真,齋藤浩治,池田祐二“GPSの精度補償のための天空角測定実験” 日本知能ファジィ学会 第30回ファジィ・ワークショップ, March(2008)

坂崎栄信,渡辺嘉二郎,小林一行“全方位カメラを搭載した移動ロボットの環境確認” 日本知能情報ファジィ学会 知的制御研究部会 第53回知的制御研究会(SIC08-1),July, (2008)

内海恒亮,沢辺 航,渡辺嘉二郎,小林一行“IGVCに向けた自律走行車の開発” 日本知能情報ファジィ学会 知的制御研究部会 第53回知的制御研究会(SIC08-1),July, (2008)

大久保友幸,渡辺嘉二郎,小林一行 “色感バリアフリーのための色変換システムの開発” 日本知能情報ファジィ学会 知的制御研究部会 第53回知的制御研究会(SIC08-1),July, (2008)

粟雄飛,渡辺嘉二郎,小林一行“複数シミュレータによる2足歩行ロボットにおけるシミュレーションの検証” 日本知能情報ファジィ学会 知的制御研究部会 第53回知的制御研究会(SIC08-1),July, (2008)

御園祐介,小林一行,渡辺嘉二郎“IGVCにおけるウェイポイントナビゲーションシステム” 日本知能ファジィ学会 第31回ファジィ・ワークショップ,(2008)

沢辺航,小林一行,渡辺嘉二郎
“重心移動に基づく操作インターフェースの開発” 日本知能ファジィ学会 第31回ファジィ・ワークショップ,(2008)

稲葉光治, 赤松茂,”顔の3次元情報を用いた人物属性の認識‐2次元顔画像による性差判別との比較‐,”映像情報メディア学会研究報告 ME2008-8, vol.32, no.8, pp.27-28, Feb. 2008

田中優作, 大川拓也, 赤松茂,”3次元感触デバイスを使った本人認証システムの検証,”映像情報メディア学会研究報告 ME2008-8, vol.32, no.8, pp.29-32, Feb. 2008

稲葉善典, 伊師華江, 行場次朗, 赤松茂,”3次元モーフィングモデルを用いた視覚的印象にもとづく3次元造形物デザインの試み,”信学技報HIP2007-168, pp.53-59, March 2008

蒲池みゆき, 菊地直, 赤松茂,”3次元CG顔モデルの視線定位,”信学技報HIP2007-167, pp.47-52, March 2008

伊師華江, 中原幸枝, 稲葉善典, 赤松茂, 行場次朗,”動的に変化する顔パターンの視覚的慣性の検討‐印象変換ベクトル法により操作した顔の高次印象を対象に‐,”信学技報HIP2007-166, pp. 41-46, March 2008

Sunao Kikuchi, Miyuki Kamachi, and Shigeru Akamatsu,”Building a 3D Model of the Face that Transmits an Arbitrary Combination of Identity, Facial Expression, and Gaze,” 画像電子学会誌, Vol.37, No.3, pp.189-195, May 2008

秋田友洋, 渡邉智行, 稲葉善典, 赤松茂,”局所的に定義された印象変換ベクトルによる顔画像の印象変換の試み,”信学技報HIP2008-47, pp.93-96, Aug.2008

稲葉善典, 河内純平, 伊師華江, 行場次朗, 赤松茂,“3次元モーフィングモデルを用いた3次元造形物再構成とその印象変化,”映像情報メディア学会サマーセミナー「最先端ビジョン技術が拓く画像応用の新境地」予稿集, Aug. 2008

関根祥介, 稲葉善典, 永渕大輔, 蒲池みゆき, 赤松茂,“任意の人物・表情で顔の動きを制御できる3次元エージェントの生成,”ViEW2008ビジョン技術の実利用ワークショップ論文集, Oct. 2008

河内純平, 稲葉善典, 赤松茂,“3次元モーフィングモデルを用いた印象にもとづく造形物デザインと新奇サンプルによるモデルの拡充,”ViEW2008ビジョン技術の実利用ワークショップ論文集, Oct. 2008

猪俣拓利, 赤松茂,“PHANToM Omniを用いた空中筆記による本人認証システム‐より高精度の認証に向けての字種、筆記環境の相違における比較・検討‐,”画像電子学会第242回研究会予稿08-04-01, Nov. 2008

岩本一真, 関根祥介, 赤松茂, 蒲池みゆき,“視線判断に及ぼす頭部及び光源方向の影響‐本当はあなたを見ていない‐,” 信学技報HIP2008-128, pp.31-36, Dec. 2008

作田由衣子, 伊師華江, 赤松茂, 行場次朗,“印象操作画像を用いた単純接触効果の検討,”日本認知心理学会第6回大会, 千葉大学, p.108, May 2008

Y. Sakuta, H. Ishi, S. Akamatsu, and J. Gyoba, “Role of facial impressions and attractiveness on the mere exposure effect,” Perception Vol. 37 Supplement (European Conference of Visual Perception 2008, Utrecht, Abstracts), p.35, August 2008

稲葉善典, 河内純平, 赤松茂,“特徴点抽出による顔の3次元データの姿勢正規化・再サンプリングシステムの構築,”フォーラム顔学2008, 日本顔学会誌, Vol.8, No.1, Oct. 2008

鈴木孫一郎, 赤松茂,“顔の時系列画像を利用した本人認証システムの研究‐肖像写真によるなりすまし対策の検討‐,”フォーラム顔学2008, 日本顔学会誌, Vol.8, No.1, Oct. 2008

秋田友洋, 渡邉智行, 稲葉善典, 赤松茂,“サポート・ベクタから求めた印象変換ベクトルによる顔画像の印象変換の試み,”フォーラム顔学2008, 日本顔学会誌, Vol.8, No.1, Oct. 2008

関根祥介, 稲葉善典, 永渕大輔, 蒲池みゆき, 赤松茂,“任意人物の顔で表情と視線の動きを制御できる3次元エージェントの生成,”フォーラム顔学2008, 日本顔学会誌, Vol.8, No.1, Oct. 2008

鈴木孫一郎, 赤松茂,“顔の時系列画像を利用した本人認証システム‐肖像写真によるなりすまし対策‐,” 2008年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2008

秋田友洋, 赤松茂,“局所的に定義された印象変換ベクトルによる顔画像の印象変換の試み,” 2008年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2008

稲葉善典, 赤松茂,“特異形状を含む3次元モーフィングモデルの作成法と、印象操作にもとづく造形物デザイン,” 2008年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2008

関根祥介, 赤松茂,“任意人物の顔をもち表情と視線の動きを制御できる3次元エージェントの生成,” 2008年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2008

武田修平, 赤松茂,“Gabor特徴を用いたAda Boostによる顔画像の属性判別,” 2008年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2008

猪俣拓利, 赤松茂,“PHANToM Omniを用いた空中筆記による本人認証システム,” 2008年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2008

中村亮太, 赤松茂,“Optical Flowを用いたリップリーディングによる発声単語識別システム,” 2008年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2008

天野正博, 赤松茂,“机型実世界指向インタフェースの構築およびこれを用いたアプリケーションへの実装,” 2008年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2008

飯野景太, 赤松茂,“マルチヒストグラム法による画像のモザイキング,” 2008年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2008

河内純平, 赤松茂,“3次元モーフィングモデルを用いた印象にもとづく造形物デザインと新奇サンプルによるモデルの拡充,” 2008年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2008

齋藤哲平, 赤松茂,“ズーム・カメラを用いた移動物体の追跡システムの構築,” 2008年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2008

谷口一平, 赤松茂,“Ada Boost を用いたシーン中の顔検出,” 2008年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2008

永渕大輔, 赤松茂,“Symmetry Planeを用いた顔3次元モデルの正規化,” 2008年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2008

武田修平, 赤松茂,“Gabor特徴を用いたAda Boostによる顔画像の属性判別,” 2008年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2008

井上大輔, 赤松茂,“サポートベクタマシン(SVM)を用いた顔画像による男女判別,” 2008年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2008

小森谷大輔, 赤松茂,“モザイキングによるパノラマ画像の合成,” 2008年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2008

柴直己, 赤松茂,“顔画像認証システムにおける肖像写真によるなりすまし防止法の検討,” 2008年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2008

庄司修平, 赤松茂,“3次元触感デバイスを用いた個人認証システムの検証,” 2008年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2008

菅原甫史, 赤松茂,“机型実世界指向インタフェースの構築およびこれを用いたアプリケーションへの実装,” 2008年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2008

山内葉, 赤松茂,“全方位カメラとPTZカメラの協調による移動物体追跡システムの構築,” 2008年度イメージメディア合同研究発表会, Dec. 2008

藤井章博、山田肇 「新しい情報ネットワーク基盤の商用化と研究開発の動向」 科学技術動向(2008/11)


・研究プロジェクト Research Project



科学研究費補助金 基盤研究(C) (平成29~31年度)
「深層学習と次元削減技術を用いた環境変化にロバストな植物病自動診断システムの開発」

農林水産省 委託プロジェクト研究 (平成29~33年度)
「AIを活用した病害虫診断技術の開発」

科学技術振興機構(JST) マッチングプランナー 探索タイプ(平成27-28年度 )
「キュウリ病害の画像診断システムの開発」

科学技術振興機構(JST) 研究成果最適展開支援事業 A-STEP 探索タイプ (平成26-27年度)
「農作物における病気の画像診断システムの構築」

科学研究費補助金 基盤研究(C) (平成26年~28年)
「識別の根拠が提示できるメラノーマ自動識別技術の開発」

科学技術振興機構 研究成果最適展開支援事業(A-STEP)探索タイプ (平成26-27年)
「農作物における病気の画像診断システムの構築科学技術振興機構」

研究成果最適展開支援事業(A-STEP)探索タイプ (平成25年)
「早期発見および診断支援を目的としたメラノーマ(皮膚がん)自動識別システム」

科学技術振興機構 研究成果最適展開支援 探索タイプ(平成23年~24年)
「スマート・クラウドを利用したEDIのためのスクリプト言語の開発」

科学研究費補助金 基盤研究(B) (平成23年~25年)
「形態・機能情報を同時に映像化可能なフォトンカウンティング型X線CTの開発」

科学研究費補助金 若手研究(B) (平成23年~24年)
「非メラノサイト病変を含むメラノーマ自動診断支援システムの開発」

科学研究費補助金 基盤研究(C) (平成23年~25年)
「軽度認知機能障害から認知症への移行を臨床情報と画像所見から予測する識別器の作成」

科学技術振興機構 研究成果最適展開支援事業(A-STEP)探索タイプ (平成22年)
「インターネット上のメラノーマ自動診断システム実用化研究」

科学研究費補助金 基盤研究(B) (平成21年~23年)
「顔3次元像の動的特性が創出する高次視覚印象の解明とその感性インタフェースへの応用」

科学研究費補助金 新学術領域 (平成21年~23年)
「工学的手法を用いた顔認知機能解明へのアプローチ」

科学研究費補助金 若手研究(B) (平成21年~22年)
「悪性黒色腫のダーモスコピー画像自動解析における診断項目の定量と画像補正法の開発」

科学技術振興機構 つなぐしくみ (平成21年~)
「インターネット上の悪性黒色腫自動診断システム実用化のためのシステム改良研究」

科学技術振興機構 シーズ発掘 (平成20年~21年)
「悪性黒色腫と色素細胞母斑のWeb上の自動識別システムの開発と実用化」

科学研究費補助金 基盤研究(B) (平成20年~22年)
「半導体検出器によるスタティックデータ収集形高分解能SPECTシステムの開発」

科学研究費補助金 基盤研究(C) (平成19年~21年)
「認知症の画像検査のためのマルチモダリティコンピュータ支援診断ツールの開発」



受託研究 (平成21年) SPECT画像の改善に関する研究受託研究 (平成21年)X線デジタル検出器の開発受託研究 (平成21年)CCDRを応用したX線デジタル検出器の応用技術の研究受託研究 (平成20年)SPECT画像の改善に関する研究受託研究 (平成20年)ブログサービスにおける個人情報の記述状況に関する調査受託研究 (平成19年)SPECT・PET再構成法の改善に関する研究受託研究 (平成19年~21年)携帯型眼振計用映像解析プログラムの開発

受託研究 (平成18年~19年)

老人性色素斑ダーモスコピー画像の自動定量ならびに治療と化粧によるQOL評価改善



寄付研究 (平成24年) ほくろ成分抽出の最適閾値産出プログラムに関する研究寄付研究 (平成21年)機械部品流通のITビジネスモデルに関する研究寄付研究 (平成20年)機械部品流通のITビジネスモデルに関する研究


共同研究 (平成21年) 安心・安全のためのエリア・スマート・センシング共同研究 (平成21年)携帯電話による安全・安心システムの構築共同研究 (平成21年)携帯電話によるスポーツアドバイス


・マスコミによる紹介 Press Release
キュウリ病害11種 AIが迅速診断 2018/04/27 日本農業新聞
知的画像処理研究室 彌冨 仁教授

SNS投稿 内容で分類 2017/04/20 日本経済新聞
知的画像処理研究室 彌冨 仁准教授(当時)

植物の病気 AIが診断 2017/04/05 日本経済新聞
知的画像処理研究室 彌冨 仁准教授(当時)

カタログ電子化でソフト 2010/07/30 日本経済新聞
ネットワーク応用研究室 藤井 章博准教授(当時)

オンラインカタログ 2010/07/28 日刊工業新聞
ネットワーク応用研究室 藤井 章博准教授(当時)


・受賞 Prize-winning


2017

CSS2017SPT論文賞(第20回コンピュータセキュリティシンポジウム・ 情報処理学会セキュリティ心理学とトラスト研究会論文賞)
論文名:大学生の情報セキュリティ疲れの可視化に関する一考察,金井敦教授

2013

電子情報通信学会フェロー称号

電子情報通信学会フェロー称号(貢献内容「分散情報学における分散並列アルゴリズムに関する研究」) 和田幸一教授

2011

Session’s Best Paper Award

International Conference on Information and Communication Technology
and Applications(京都工業繊維大学との共同研究に対する受賞) 品川 満 専任講師(当時)


2018

IEEE CSPA2018 Best Paper Award 受賞
3月マレーシアで開催された 14th IEEE International Colloquium on Signal Processing and its Applications (IEEE CSPA2018) にて伊東道明君(学部4年,彌冨研)と彌冨仁先生が Best Paper Award を受賞しました.論文タイトルは “Web Application Firewall using Character-level Convolutional Neural Network” です.

2017

情報処理学会第79回総合大会学生奨励賞受賞
3月名古屋で開催された情報処理学会総合大会で2件の学生奨励賞受賞がありました.写真左は藤田さん,右は松岡君.発表タイトルは以下のとおりです:
「転移学習を用いた植物病害自動診断システムの試み」,
藤田恵梨香(修士1年,彌冨研),川崎雄介(修士2年,彌冨研),他3名.
「教師なし学習を導入した深層距離学習法」,
松岡佑磨(学部4年,彌冨研),島田 大樹(修士2年,彌冨研),彌冨仁.

2016

第2回全脳アーキテクチャ・ハッカソン「みんなで作る認知アーキテクチャ」奨励賞受賞
10月,慶應義塾大学日吉キャンパスにて発表した成果「Accumulatorモデルに基づく行動抑制型認知アーキテクチャ」で奨励賞を受賞しました.島田大樹君(修士2年,彌冨研),他3名(他大学)

NLP若手の会2016シンポジウム(NLP:Natural Language Processing)奨励賞受賞
8月和歌山で発表した論文「文字画像によるCharacter-level Embeddingと文書分類」で奨励賞を受賞しました.
小谷龍之介君(修士2年,彌冨研),島田大樹君(修士2年,彌冨研)

2015

The computer security competition School CTF 優勝
ロシアで開かれた国際オンラインセキュリティコンテスト「School CTF」にて、「vuls」というチームとして参加し、優勝しました。
伊東 道明(学部2年)

2014

IEEE CE East Joint Japan Chapter ICCE Young Scientist Paper Award 受賞
荒谷光君(修士2年,金井研)

第107回日本医学物理学会学術大会
第107回日本医学物理学会学術大会(横浜市)英語プレゼンテーション賞受賞 市村雄太君(修士2年,尾川研)

「ねじLOD」 最優秀賞を受賞
3月7日(金)、慶応義塾大学で行われた「LODチャレンジJapan 2013」コンテストの授賞式で、法政大学理工学部・藤井章博教授と同研究室の学生江上周作君、清水宏康君の研究「ねじLOD」が、データセット部門の最優秀賞を受賞した。

2013

・画像電子学会第41回年次大会 研究奨励賞受賞
永田俊介君(修士1年,赤松研)

・NTT Docomo主催「MEDIAS W アプリ開発コンテスト」優秀賞受賞
・日経BP社IT Pro主催「Android Application Award 2013」学生奨励賞受賞 荒谷光君(修士1年,指導教授 金井敦)

2012

2012年度電子情報通信学会総合大会ポスターセッション優秀ポスター賞受賞 熊倉聖二君(H24年度修了,指導教授 和田幸一) 右から二人目.

情報処理学会 第82回グループウェアとネットワークサービス研究会 受賞者 荒井大輔(金井研M2) ”知識情報の管理・表現方式の提案”の発表について・優秀発表賞

日本医学物理学会第103回大会
日本医学物理学会第103回大会で大会長賞を授与された左から、臼井、李、阿部と尾川教授

2011

情報処理学会 第19回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ Outstanding Student Paper Award(優秀学生論文賞) 藤巻 文孝君(指導教授 金井 敦)

第101回日本医学物理学会学術大会 大会長賞受賞 鬼山 将君 (指導教授 尾川浩一)

2010

2010/7/31 第100回日本医学物理学会学術大会 大会長賞 小作君 (指導教授 尾川浩一)

2010/7/31 第29回日本医用画像工学会大会 研究奨励賞 宝珠山君 (指導教授 尾川浩一)

2009

2009/5/23 電子情報通信学会東京支部 学生奨励賞 安村修一君 「大規模三角Toeplitz連立一次方程式の高速解法とその応用」(指導教授 李 磊)

2008

2008/8/6 第27回日本医用画像工学会大会 研究奨励賞 斎藤裕太君 「心筋SPECTにおける新しいデータ収集システムの開発」(指導教授 尾川浩一)


・学会風景 From conferences


2017年度

IEEE CSPA2018
2018年3月ペナン(マレーシア)で開催された 14th IEEE International Colloquium on Signal Processing and its Applications (IEEE CSPA2018) にて4名の学生が研究成果を発表しました.写真左から長谷川君(学部4年,彌冨研),伊東君(学部4年,彌冨研),Cap君(大学院2年,彌冨研),村上君(大学院2年,尾川研).

IWAIT 2018
2018年1月チェンマイ(タイ)で開催された International Workshop on Advanced Image Technology 2018 (IWAIT 2018) にて赤松研の羽田さん(大学院2年)と山田さん(2015年度卒業生)が研究成果を発表しました.論文タイトルはHow does the transformation of an avatar face giving a favorable impression affect human recognition of the face? です.写真は羽田さん.

ICMEMIS2017
2017年11月群馬県桐生市で開催されたInternational Conference on Mechanical Electrical and Medical Intelligent System 2017 (ICMEMIS2017) にて品川研の学生2名が研究成果を発表しました.直江君(学部4年)の論文タイトルはMeasurement Error Estimation of Electro-Optic Probe by using Electro-Magnetic Field Simulator,根津君(学部4年)の論文タイトルはUnintentional Signal Model in Intra-Body Communicationです.写真1,2枚目は直江君,3枚目は根津君.

TENCON
2017年11月ペナン島(マレーシア)で開催されたthe 2017 IEEE Region 10 Conference (TENCON) にて品川研の学生4名が研究成果を発表しました.加藤君(大学院1年)の論文タイトルはSignal Analysis for Touch Application Using Intra-Body Communication,須永君(大学院1年)の論文タイトルはNoise Analysis for Interference Waveform in Swept Source Optical Coherence Tomography,関根君(大学院1年)の論文タイトルはSignal-Propagation Analysis for Two-Person Intra-Body Communication Services,矢田君(大学院1年)の論文タイトルはNoise Reduction Method for Electro-Optic Measurement System Using Variable Gain Amplifierです.写真1,2枚目は加藤君,3枚目は須永君,4枚目は関根君,5枚目は矢田君.

ISOM2017
2017年10月島根県松江市で開催されたImaging, Sensing and Optical Memory 2017 (ISOM2017) にて品川研の学生4名が研究成果を発表しました.遠藤君(大学院2年)の論文タイトルはPower Stability of Point Spread Function in Optical Coherence Tomography with KTa1-xNbxO3 Swept Light Source,須永君(大学院1年)の論文タイトルはInterference Waveform Simulator with Voltage Noise and Jitter in Optical Coherence Tomography with KTN Swept Light Source,関根君(大学院1年)の論文タイトルはSignal Measurement Tool Using Electro-Optical Technique for Two-Person Intra-Body Communication,矢田君(大学院1年)の論文タイトルはNoise Analysis of Electro-Optic Measurement System for Differential Detectionです.写真1枚目は遠藤君,2枚目は関根君,3枚目は矢田君.

WAAC2017
2017年8月ソウル(韓国)で開催されたThe 20th Korea-Japan Joint Workshop on Algorithms and Computation (WAAC2017) にて和田研の奥村君(大学院2年)が研究成果を発表しました.論文タイトルはRendezvous of Autonomous Mobile Robots with Lights in Asynchronous Schedulers です.

ECVP2017
2017年8月ベルリン(ドイツ)で開催されたEuropean Conference on Visual Perception 2017 (ECVP 2017) にて赤松研の山田さん(2015年度卒業生)と羽田さん(大学院2年)が研究成果を発表しました.論文タイトルはHow does social impression transformation created on avatar faces affect face recognition performance and eye movement? です.写真は山田さん.

EMBC’17
2017年7月済州島(韓国)で開催された 39th International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC’17) にて八名研の学生計6名が研究成果を発表しました.佐藤君(大学院1年)と村上さん(大学院2年)の論文タイトルはCardiac Risk Assessment Based on Multiple Indices Obtained from Holter ECG Recordings,濱君(学部4年生),加瀬田君(学部4年生)および遠藤君(大学院1年)の論文タイトルは An ECG-HRV Data Format for Integrated Biosignal Big Data,渋井君(大学院2年)の論文タイトルはCardiac Risk Assessment Based on T-wave Statistics from Holter ECG です.写真1枚目は佐藤君,2枚目は濱君,3枚目は渋井君,4枚目は左から村上さん,濱君,遠藤君,八名先生,佐藤君,渋井君

ICTSS2017
2017年5月群馬県桐生市で開催されたInternational Conference on Technology and Social Science 2017 (ICTSS2017) にて品川研の学生4名が研究成果を発表しました.遠藤君(大学院2年)の論文タイトルはNoise Evaluation of Optical Coherence Tomography with KTa1-xNbxO3 Swept Wavelength Light Source,古谷君(大学院2年)の論文タイトルはElectric Field Signal Simulation from Fixed Transmitter in Intra-body Communication,
和田君(大学院2名)の論文タイトルはUnintentional Path of Intra-body Communication at Dynamic Situation in Secure Gate,須永君(大学院1年)の論文タイトルはNoise Simulation of Interference Waveform in Optical Coherence Tomography with Swept Light Source です.写真1枚目は遠藤君,2枚目は古谷君,3枚目は和田君

2016年度

IEVC 2017
2017年3月ダナン(ベトナム)で開催されたInternational Workshop on Image Electronics and Visual Computing (IEVC 2017) にて赤松研の山田さん(研修生,2015年度卒業生)が研究成果を発表しました.論文タイトルはDOES IMPRESSION MANIPULATION OF AVATAR FACES AFFECT OBSERVERS’ FACE RECOGNITION PERFORMANCE AND DISPLACEMENT OF THEIR GAZE? です.

ISOM2016
International Workshop on Advanced Image Technology 2017、 1月8日~10日 マレーシア国ペナン島 Hotel Equatorial 参加した学生 堀井和也 M2 “Creating animation of facial speech by stepwise manipulations on morphable 3D face models for impression transformation” と題するポスターを発表 高久将来 M2 “Age-group classification by facial image using Gabor features and facial shape features” と題するポスターを発表 羽田桃子 M1 “Does an appearance transformation of 3D faces for transmitting social impressions affect people’s identification of faces?” と題するポスターを共同研究者の山田涼子(研修生)とともに発表

IWAIT2017
2017年1月ペナン島(マレーシア)で開催されたInternational Workshop on Advanced Image Technology 2017 (IWAIT 2017) にて赤松研の4名の学生が研究成果を発表しました.高久君(大学院2年)の論文タイトルはAge-group classification by facial image using both Gabor features and facial shape features,堀井君(大学院2年)の論文タイトルはCreating animation of facial speech by stepwise manipulations on morphable 3D face models for impression transformation,山田さん(研修生,2015年度卒業生)と羽田さん(大学院1年)の論文タイトルはDoes appearance transformation of 3D faces for transmitting social impressions affect people’s identification of faces? です.写真1枚目は高久君,2枚目は堀井君,3枚目は山田さん,4枚目は羽田さん.

IEEE BigData 2016
2016年12月ワシントン(米国)で開催された 2016 IEEE International Conference on Big Data (IEEE BigData 2016)にて彌冨研の3名の学生がそれぞれ研究成果を発表しました.写真左から小谷君,吉田君,島田君、彌冨先生

IEEE ICMLA’16
2016年12月アナハイム(米国)で開催された 15th IEEE International Conference on Machine Learning and Applications (IEEE ICMLA’16)にて彌冨研の藤田さん(大学院1年)が研究成果を発表しました.写真1枚目右は藤田さん,左は彌冨先生,2枚目は藤田さん.

IWAIT 2016
2016年1月釜山(韓国)で開催されたInternational Workshop on Advanced Image Technology 2016 (IWAIT 2016)にて赤松研の荒井君が研究成果を発表しました.論文タイトルはCreating more comprehensive facial expressions by morphable 3D face model: Transformation of 3D faces through impression transfer vectors defined by SVM です.

ISOM2016
International Symposium on Optical Memory, 京都リサーチパーク, 2016 10/16-10/20 において、鮎澤大樹君(品川研M2)が「人体通信の光電気計測」、石原敬大君(品川研M1)が「有機太陽電池の表面電位計測」、遠藤和馬君(品川研M1)が「光断層像システムの雑音評価」、について研究成果を発表しました。

I2MTC2016
IEEE International Instrumentation and Measurement Technology Conference, 台北 , 台湾, 2016 5/23-5/26 において、秋山竜大君(品川研M2)が「銅箔と樹脂の多層構造体の磁気シールド」について研究成果を発表しました。

2015年度

GCCE2015
2015 IEEE 4th Global Conference on Consumer Electronics, 大阪国際展示場, 10/27-10/30, 2015で鮎澤大樹君(品川研M1)が「人体通信の光電気融合計測」について研究成果を発表しました。

BodyNets 2015
International Conference on Body Area Networks, Sydney, Australia, 2015 9/24-10/1 において、林田祐樹君(品川研M2)が「人体通信の環境雑音」について研究成果を発表しました。

ISVC 2015
11th International Symposium on Visual Computing (ISVC 2015, Las Vegas, United States)で、大木君、平尾君、見澤君(M2)、川崎君(M1) (彌冨研)が研究成果を発表しました。

IEEE NSS/MIC 2015
2015/10/31-11/7にサンディエゴ(米国)で開催されたIEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conferenceで発表した伊藤君(修士1年)(尾川研)

2014年度

ISOM2014
International Symposium on Optical Memory, 新竹, 台湾, 2014 10/16-10/20 において、矢部陽子さん(品川研M1)が「有機太陽電池の光電気計測」、石井青汰君(品川研M2)が「光断層像システムの光源雑音」について研究成果を発表しました

ICSJ2014
IEEE CPMT Symposium Japan, 京都大学の百周年時計台記念館, 2014 11/4-11/6 において、長谷川真也君(品川研M2)が「光断層像システムの雑音解析」について研究成果を発表しました。

BodyNets 2014
International Conference on Body Area Networks, Sydney, Australia, 9/24-10/1, 2015 において、林田祐樹君(品川研M1)が「人体通信の容量結合解析」について研究成果を発表しました。

IEEE NSS/MIC 2014
2014/11/8-15にシアトル(米国)で開催されたIEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conferenceで発表した市村君(修士2年)(尾川研)

SPIE 2014
2014/2/15-20 アメリカ、サンディエゴで開催されたSPIE Medical Imaging Conference 2014で、向井君(M2),北島君(M1),古正君(M1)が研究成果を発表しました。 (彌冨研)

2013年度

BodyNets 2013
International Conference on Body Area Networks, ボストン, アメリカ, 9/30-10/12, 2013 において、杉山凌君(品川研M1)が「人体通信の容量結合モデル」について研究成果を発表しました。

ISOM2013 2013
International Symposium on Optical Memory 2013, 仁川, 韓国, 8/18-8/22, 2013において、勝山純君(品川研M1)が「有機太陽電池の光電気計測」、松本一輝君(品川研M1)が「人体通信の光電気計測」について研究成果を発表しました。

IEEE NSS/MIC 2013
2013/10/27-11/2にソウルで開催されたIEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conferenceで発表した馬路君(修士2年)、松本さん (修士1年)(尾川研)

IEEE NSS/MIC 2013
同じ会議で発表した山本君(修士1年)(尾川研)

IEEE NSS/MIC 2013
同じ会議で発表した臼井君(博士3年)(尾川研)

IEEE SMC 2013
イギリス、マンチェスターで開催されたIEEE International Conference on System, Man, an dCybernetics (SMC)での研究発表(生馬君(修士2年))

SAPSE2013
2013/7/22に京都で開催された国際会議”The 5th IEEE International Workshop on Security Aspects in Processes and Service Engineering”での論文発表(梶浦君(修士1年))

米国核医学会
米国核医学会 2013/6/8-12にカナダのバンクーバーで開催された米国核医学会での論文発表(市村君(修士1年))

2012年度

医用画像に関するアジア国際フォーラム
2012/11/16-17に韓国の大田市(テジュン)で開催された医用画像に関するアジア国際フォーラムでの論文発表(李(右)君と神谷君(左)(修士2年))

国際分子イメージング会議
2012/9/5-8にアイルランドのダブリンで開催された国際分子イメージング会議での論文発表(阿部さん(修士2年))

医学物理と生体工学に関する国際会議
2012/5/26-31に北京の国際会議場で開催された医学物理と生体工学に関する国際会議での論文発表(国際会議場のビル)

医学物理と生体工学に関する国際会議
2012/5/26-31に北京の国際会議場で開催された医学物理と生体工学に関する国際会議で口頭発表を行った大学院生たち。左から柳瀬君(M2)、阿部さん(M2)、臼井君(D2),増渕君(M2)、松本君(M2)、金井君(M2) 天安門広場にて

2011年度

Japan-Korea Joint Meeting on Medical Physics
九州大学で開催された6th Japan-Korea Joint Meeting on Medical Physics(2011/9/29-10/1)での学生の論文発表。左から、貝吹(研究員)、神谷(修士1年)、道内(同1年)、柳瀬(同1年)、李(同1年)、河部(同2年)、臼井 (博士1年)君。

IFMBE
ハンガリー(ブダペスト)で開催された5th European Conference of the International Federation for Medical and BiologicalEngineering (IFMBE)における論文発表(2011/9/14-18)。 小林(修士1年)君。

EMBC2011
米国ボストンで開催されたInternational Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC2011)における論文発表。 山川(修士2年)君と鬼山(同2年)君。

EMBC2011
米国ボストンで開催されたInternational Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC2011)における論文発表。 関(修士1年)君と吉野(修士1年)君。

International Forum on Medical Imaging in Asia
那覇市で開催されたInternational Forum on Medical Imaging in Asia (IFMIA) 2011 (2011/1/19-19)における論文発表。山田 (修士1年)君

2010年度

EMBC2010
アルゼンチンブエノスアイレスで開催されたInternational Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC2010)における論文発表 野澤(修士2年)、安本(修士1年)君

IEEE 2010
米国(テネシー州ノックスヴィル市)で開催されたIEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference[NSS/MIC] (2010/11/3-6)の会場

IEEE 2010
IEEE NSS/MIC 2010における論文発表。左から中村 (修士1年)、安藤(同1年)、小作(同1年)君。

ICDS 2010
オランダ領セントマーチン島(カリブ海)で開催されたThe Fourth International Conference on Digital Society ICDS 2010(2010/210-16)における論文発表。安井(修士2年(当時))君。

ICDS 2010
正面が発表会場となったホテル。


2017年度

語処理学会第24回年次大会(NLP2018)
2018年3月岡山で開催された言語処理学会第24回年次大会(NLP2018)にて3名の学生が研究成果を発表しました.写真左から彌冨研の北田君(学部4年),宗里君(学部4年),奥村君(大学院2年).

2016年度

第32回ファジィシステムシンポジウム
FSS2016(第32回ファジィシステムシンポジウム 佐賀)で、奥村君(M1)、川上君(M1)、松岡君(B4) (彌冨研)が研究成果を発表しました。

NLP若手の会 第11回シンポジウム
NLP若手の会 第11回シンポジウム (和歌山) で 小谷君 (M2) と 島田君 (M2) (彌冨研)が研究成果を発表し、奨励賞を受賞しました。
(NLP: Natural Language Processing)

日本医学物理学会第112回大会
日本医学物理学会第112回大会(那覇市)での論文発表
久保田さん(M2) (尾川研)

日本医学物理学会第112回大会
日本医学物理学会第112回大会(那覇市)での論文発表
草苅君(M1) (尾川研)

第30回人工知能学会全国大会
第30回人工知能学会全国大会(北九州)で小原君(M2) (彌冨研)が研究成果を発表しました。

日本医用画像工学会第35回大会
日本医用画像工学会第35回大会(千葉)での論文発表
川合君(M1) (尾川研)

電子情報通信学会大会
電子情報通信学会大会(福岡)で小谷君、島田君、吉田君(M1)、藤田さん(B4) (彌冨研)が研究成果を発表しました。

日本医学物理学会第111回大会
日本医学物理学会第111回大会(横浜)での論文発表 左から、臼井君(OB 現順天堂大学助教)、鈴木君(M2)、川合君(M1)、辺牟木君(M2) (尾川研)

2015年度

FSS2015
FSS2015(第31回ファジィシステムシンポジウム)で、島田君(M1)、吉田君(M1)、川崎君(M1) (彌冨研)が研究成果を発表しました。

2013年度

第12回情報科学技術フォーラム(FIT) 2013
第12回情報科学技術フォーラム(鳥取)で研究発表 左から北島君(M1), 平田君(M2) (彌冨研)

電子情報通信学会総合大会(2013年)
電子情報通信学会総合大会(岐阜)で研究発表 左から生馬君(M1), 古正君(4年生) (彌冨研)

日本医学物理学会第105回大会
日本医学物理学会第105回大会(横浜)での論文発表 左から、臼井君(D3)、松本君(M1)、山本君(M1)、貝吹君(研究員)、[この他、馬路君(M2)も発表](尾川研)

2012年度

第11回情報科学技術フォーラム(FIT) 2012
第11回情報科学技術フォーラム(東京)で研究発表 左から三浦君(M1), 向井君(M1) (彌冨研)

日本医学物理学会第104回大会
日本医学物理学会第104回大会(つくば)での論文発表 臼井君(D2)(尾川研)

日本医学物理学会第103回大会
日本医学物理学会第103回大会での論文発表 左から、小林君(M2)、馬路君(M1)、臼井君(D2)、李君(M2)、道内君(M2)、貝吹君(研究員)、阿部さん(M2),神谷君(M2),松本君(M2) 増渕君(M2)[この他、柳瀬君(M2)、金井君(M2)も発表](尾川研)

日本医学物理学会第103回大会
日本医学物理学会第103回大会で大会長賞を授与された左から、臼井君、李君、阿部さんと尾川教授

2011年度

第24回日本放射線腫瘍学会
神戸市で開催された日本放射線腫瘍学会第24回学術大会(2011/11/17-19)での臼井君(博士1年)の論文発表。(尾川研)

第30回日本医用画像工学会
那須塩原市で開催された第30回日本医用画像工学会大会(2011/8/5-6)での論文発表。左から李(修士1年)、道内(同1年)、河部(同2年)、神谷(同1年)君(尾川研)

2010年度

第100回日本医学物理学会学術大会
2010年9月24日~25日 東京: 大学院生が論文発表(左から中村, 安藤、小作君)(尾川研)

第29回日本医用画像工学会大会
2010年7月30日~31日 東海大学において大学院生が論文発表(左からNorton, 鬼山、山川君)(尾川研)